HOME > 対日ヘイト・ヘイトスピーチ > title - ヘイトスピーチ解消法はユダ金発祥だった
2018/09/16

ヘイトスピーチ解消法はユダ金発祥だった


ヘイトスピーチ解消法の発祥は、1988年にアメリカで行われた、少数派(マイノリティ)を保護するための反敵対(アンチ・ヘイト)憎悪法案全国コンクールです。

このコンクールを実施したのは在米ニセユダヤ団体である「名誉毀損防止連盟(略称ADL)」で、この法案を成立させる本当の目的は国際金融資本の犯罪を批判する者に反ユダヤ主義者というレッテルを貼り、投獄するためだったそうです。

そしてこの反敵対憎悪法案は、1988年から15年後の2003年までにADLが買収した各国の政治家とマスメディアを通じて世界中で強制的に法制化されることになっていました。

最近、SNSで保守派アカウントが凍結されるようになったのも、2017年にそれらSNSがADLと連携したからだそうです。

またADLという組織の本来の目的は世界の少数派擁護ではなく「反ナチス、反国家社会主義」、いまならば「反反共、反君主制国家、反民族主義国家」という世界統一の障害になるものの排除にあります。


【参考記事】

Facebookやグーグル、MSらが米ユダヤ系団体と連携--ネット上のヘイト問題防止へ
2017年10月11日 cnet Japan

Facebook、Twitter、Google、Microsoftなどの大手テクノロジ企業が、米国最大のユダヤ人団体である名誉毀損防止同盟(Anti-Defamation League:ADL)に参画し、「Cyberhate Problem-Solving Lab」(サイバーヘイト問題解決のためのラボ)を設立する。米国時間10月10日に各社とADLが発表した。各社のさまざまなプラットフォームやインターネット上でのヘイトスピーチや嫌がらせを防止する試みとして、各社と同団体が意見交換や戦略策定を行う。

 ヘイト活動を監視しているADLによると、ユダヤ系ジャーナリストを狙った反ユダヤ的なツイートが、2015年8月~2016年7月の間におよそ1万9000件確認された。また、そうしたツイートの68%は、アカウント約1600件によって送られたものだとしている。同時期に、約260万件の反ユダヤ的なツイートが確認され、閲覧回数は100億回に上ると同団体は推測している。

 Facebookのグローバルポリシー管理担当責任者を務めるMonika Bickert氏は声明で、「状況を乗り切るため、優れたエンジニアが、長年偏見と戦い、表現の自由を守ってきた実績を持つADLと協働していく」と述べた。

 Twitterのパブリックポリシーおよび慈善活動の責任者を務めるColin Crowell氏は、「安全対策やポリシーを有意義に発展させる上で、最善の情報は他とのパートナーシップを通じて得られるとわれわれは考えている。解決に向け、ADLなどの主要な擁護団体と引き続き提携していく」と声明で述べた。

 Microsoftはコメントすることを控えた。Googleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。




1988年|ニセユダヤの犯罪を隠ぺいするために考案されたヘイト法

ヘイトスピーカーを有罪にするための証拠は、少数派が「感情的に害されたと感じた」というだけでよいそうです。

はっきり言って、朝日新聞、在日朝鮮人、ヘイト法を成立させた政権与党も外患誘致罪に問われるべきでは?と思います。


出典:2008(平成20)年 成甲書房 アンドリュー・ヒッチコック著/太田龍監訳 「ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表」

※〔 〕内は管理人による注釈です。


 陰謀暴露封殺のための反敵対(アンチ・ヘイト)(憎悪)法案

1988年

 名誉棄損〔原文ママ〕防止同盟(ADL)は、少数派(マイノリティ)を保護するための反敵対法案の全国コンクールを法科学生向けに開催した。このコンクールで勝ち残ったジョセフ・リバコフは、憎悪による暴力を禁止するだけでなく、疑念、摩擦、憎悪、あるいは暴力の可能性を誘発するいかなる発言をも犯罪行為とする法案を書き上げた。

 このADL賞を勝ち取った法案は、言論の自由が政府機関によって全般的に監視され、制限されるだけでなく、相手団体を特定できる批判を行った映画をすべて検閲すべきとの提案もしている。さらに、発言の正当性が証明できる場合、たとえば、キリスト教徒が同性愛を批判するのは聖書が明白に同性愛を禁止しているからであるといったことでも、事実は法廷において何の防衛にもならないとリバコフは主張する。

 法廷で憎悪にもとづく発言(ヘイト・スピーチ)の有罪判決を確実にするために必要な証拠は、何らかの批判的発言があり、その結果として少数派グループないしそのメンバーが感情的に害されたと感じたというだけでよい。この法案はADLが買収した政治家マスメディアによって、一五年後には世界中で強制的に法制化されることになるが、こうなるとイエス・キリストも憎悪犯罪(ヘイトクライム)で逮捕されることになる。

 この法律が考案されたのは、ロスチャイルド家の陰謀が暴露されないようにするためである。ロスチャイルドの犯罪的秘密結社を非難すれば、反ユダヤ主義者として標的にされ、投獄の危険にさらされるのである。(後略)


【ADLに買収された?ゾルゲ事件時代と変わらない朝日新聞】




【国民に向って「反知性的」とヘイトスピーチする西田議員】
安倍政権だったのでコレくらいで済んだのかも知れませんが。ボリシェビキ旧民主党政権や石破総理だったら、日本人の生命財産はどうなっていたことやら。
自民党西田議員


名誉毀損防止連盟(ADL)の本来の目的|
少数派擁護、反差別 ニセユダヤ擁護、反ナチス、反国家社会主義

この名誉毀損防止連盟は1913年に組織され、戦前は「反名誉毀損聯盟(Anti Defamation Leaguc)』と呼ばれていました。

戦前ADLの目的は「少数派ニセユダヤの人権擁護」「反ナチス、反国家社会主義」となっているので、ヘイトスピーチ解消法の本質もコレです。

どうりでヘイトスピーチ解消法がサヨクや在日外国人を保護し、日本人を保護しないわけですね。


出典:1943(昭和18)年 政経書房 国際政経学界訳編 「世界の猶太勢力と秘密結社の解剖」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 一、米国猶太委員会(American Jewish Committee)

 アメリカ合衆国のユダヤ人の中央組織は『米国猶太委員会』である。一九〇六年にアメリカに定住するユダヤ人の決議により設立されたもので、全世界のユダヤ人の人権擁護に乗り出すことによって、直に国際的使命を帯びるものとなったのである。

 同委員会は、ユダヤ人の宗教的儀礼としての他民族「虐殺」の事実を組織的に宣伝することによって否定し、又アメリカ政府への干渉に依(より)て汎(あら)ゆる国のユダヤ『少数民族』擁護に乗出し、独逸(ドイツ)に於ける補助組織機関、フランスの『世界猶太人同盟』(Alliance Israelite Universalle)等と協力して、貧困ユダヤ人の財政的援助に乗り出したのである。(中略)

過去数年間に於ける如く、委員会の代表者は『聯合評議会』(Joint Council)を通じて『米国猶太会議』(American Jewish Congress)及び『ブナイ・ブリス結社』(Bnai Brith)と意見の交換を行って居た。其(その)他我が委員会は多数の組織と協議を行ひ、その協力を得て来ているが、就中(なかんずく:特に)『ブナイ・ブリス結社』及び『反名誉毀損聯盟』(Anti Defamation Leaguc)は注目すべきものであって、両者共に我が教育部と協力したのである。(中略)

 委員会の会長は現在七十五歳のサイラス・アドラーである。アドラーは主として科学分野に活動していたものである。猶太科学研究所の活動と並んで、彼は就中フィラデルフィアの猶太大学のドロプシー・カレッヂ(Dropsie College)の校長であり、かつてはワシントンの米国国民博物館の東洋考古学部の部長であった。

 更に忘るべからざることは、彼が一九一九年のヴェルサイユ平和会議に於けるアメリカ・ユダヤ人の代表委員であり、その際彼がユダヤ『少数民族権』の最も果敢なる闘士の一人として活躍したことである。(中略)

  三、非宗派的反ナチ聯盟及び反名誉毀損同盟

 上記の諸組織は、各国政府及び国際聯盟に絶えず干渉しながらも、それは客観的な政治活動を行っているのに過ぎないかの様な外観を装はなくてはならなかったので、煽動運動の方は弁護士サミュエル・ウンテルマイエルの『非宗派的反ナチ聯盟』及び『反名誉毀損連盟』に委ねられていたが、これらが明らかに前記のユダヤ的特徴を有する諸組織と絶えず接触していることは言ふ迄(まで)もないことである。

 国家社会主義とファッシズムに対する非難──この組織は専(もっぱ)らこれら二つの主義を防止する為に設立されたものであるから──如何に無意義なものであるにも拘(かかわ)らず、これらの組織を以て行ふ宣伝乃至(ないし)ボイコット工作は、両組織の代表舎間の連絡と彼等(かれら)が自由に左右し得る財力と彼等に隷属する新聞との力に依って、アメリカに於て最も広汎に伝播されている。(中略)

 『反名誉毀損連盟』はいま述べた組織とは反対に、純ユダヤ的設立であり、ユダヤの世界的秘密結社である『ブナイ・ブリス独立教団』(Independent Order Bunai Brith)に直属している。『米国猶太年鑑、一九三七、一九三八』の六二八頁には同組織の目的が書かれてあるが、それは「アメリカの諸団体の間に友交的、好意的関係を樹立する」にあると云(い)はれてをり、又「チェコ・スロヴァキアのブナイ・ブリス結社大本部月報」には、明らかに本組織の闘争は「反猶主義」及び「ユダヤ人排斥」に向けられる、としてある。(後略)


【少数派は弱者と宣伝するポリコレは…】
少数派日本人を徹底的に差別して条約も人道も適用せず軍民問わず虐殺し、原爆まで投下した勢力。反ポリコレの白人は彼らの原爆投下という罪を盾にして戦うとよい(参考記事:日本のユダヤ人保護に原爆で報いたアメリカ)。
原爆投下3



エルサレム遷都、神の選民は「古い価値観」と批判しないハフィントンポスト(朝日新聞)記者|共産主義はユダヤ思想

セリーナ・ウィリアムズが起したコートで女性差別絶叫事件に巻きこまれた大坂さん。海外新聞の大坂さんに関する記事は、いつものように統制されておらず、めずらしくいろんな意見がありました。

その理由は大坂さんがポリコレが反差別煽動に利用している黒人の血と、地上から抹殺すると公言するほど差別している日本人の血と、その両方を引いているからでしょう。

ニセユダヤが各国、各宗教における道徳を「古いモノ」とレッテルを貼って破壊し、各国の政治家やメディアを使って宣伝する世界統一規格の「道徳」はごく一部の人間に利益をもたらすことが目的です。

なので文化や宗教に根ざした道徳のように万民を包含せず、必然的に矛盾が生じてしまうのです。


大坂なおみ、抹茶アイス「まだ食べてない」「原宿行きたい」 会見一問一答
2018年9月13日 産経ニュース

--古い日本人像を見直す報道があるが、自身のアイデンティティーは

 (不思議そうに)「その報道はテニスに関してですか?」

 --テニスというよりも古い日本人像、「日本人との間に生まれた人が日本人」という古い価値観があるが大坂選手の活躍でそれを見直そうという動きがでている

 「それは質問ですか? 私は自分のアイデンティティーは深く考えない。『私は私である』としか思いません。私が育てられた通りになったと思います。テニスに関しては日本のスタイルらしくないと思います」(後略)




ヘイト活動を監視しているADLを監視しているイエス・キリストが
ニセユダヤ人にかけた呪い


出典:2008(平成20)年 成甲書房 アンドリュー・ヒッチコック著/太田龍監訳 「ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


イエスの「集団犯罪者(シオニスト・ユダヤ)」にかけた恐るべき呪い

 ユダヤ人については、イエス自らが厳かにこう予言している。

「先祖が始めた悪事の仕上げをしたらどうだ。
蛇よ、蝮(まむし)の子らよ、どうしてあなたたちは地獄の罰を免れることができようか。
……地上に流された正しい人の血はすべて、あなたたちにふりかかってくる。
……見よ、お前たちの家は見捨てられて荒れ果てる」

      (「マタイによる福音書」二三章三二-三八節)



【イスラエルとユダヤ人の守護天使|大天使ミカエル】
大天使ミカエルは現在のイスラエルは守護していないようです。なぜならニセユダヤ人はダビデの血もソロモンの血も引いていないからです。ミカエルが涼しい顔で突き刺しているのは悪魔(サタン)です。
大天使ミカエル2



関連記事
スポンサーサイト