HOME > 少数派は弱者というデマ宣伝 > title - 朝日新聞がナチスドイツを批判する理由
2018/08/02

朝日新聞がナチスドイツを批判する理由


それはナチスドイツが反共だったからです。

ナチスドイツの「国家・経済綱領」に「われわれの反マルクス的闘争」とユダヤ人への恨みタップリに書かれています。



39 国法上の改革

一、吾々(われわれ)の反マルクス的闘争は、ユダヤ人カール・マルクスの反国家的理論に対して、反国民的なる階級闘争理論に対して、私有財産制度否認の反経済的理論に対して、純経済的唯物史観に対して向けられる。

【出典】1933(昭和8)年 日本評論社 堀真琴 「現代独裁政治論」 民族社会主義ドイツ労働党の国家・経済綱領


しかもナチスがユダヤ人を排斥した理由は、メディアが宣伝するような人種差別や少数派排斥ではありませんでした。

【ドイツを乗っ取り、革命で解体したユダヤ人】

・ドイツ帝国の金融、政党、学界、メディア、証券・物産・金属三取引所、医学教授、哲学教授の地位といったさまざまな分野をユダヤ人が牛耳っていたこと

・ユダヤ人が第一次世界大戦の軍需景気と大戦後のマルク暴落でボロもうけしたこと

・第一次世界大戦でドイツ軍は優勢だったのにユダヤメディアの「敗戦後は食糧不足になる」などのフェイクニュースでドイツ兵およびドイツ国民を戦意喪失させ、世界から「謎」といわれた敗北を喫したこと

・ドイツ人が第一次世界大戦の巨額の賠償金とハイパーインフレに苦しんでいる時にユダヤ人は裕福な暮らしをしていたこと

・革命後のドイツにユダヤ人が起草した国家解体憲法である「ワイマール憲法」を強要したこと(ワイマール憲法はドイツから空軍力を奪い、艦船などの軍備も制限した)

【参考記事】
ドイツ革命に見る「生前退位」
経済乗っ取りでもうける|連合国の戦争ビジネス
ワイマール憲法と日本国憲法は国家解体憲法


対するユダヤ人側は1940年に「第二次世界大戦が終ると共に、すべての道はエルサレムに通ずる」と言っています。

シオニスト運動200周年を目前にした昨年暮れ、イスラエルのエルサレム遷都宣言で世界に激震が走ったことを見れば、あながち"ガセ"ともいえないでしょう。

ニュースを見ていたらエルサレム遷都に湧くユダヤ人が「エルサレムは世界の首都だ!」とさけんでましたし。



 ベルギー内のシオニスト機関紙『猶太(ユダヤ)の将来』一九四〇年一九一号には次の如き一節がある。

この戦争が終ると共に、凡(すべ)ての道はエルサレムに通ずると言はれる様にならう。中央ヨーロッパと東方ヨーロッパに関する凡ての問題で、パレスチナ問題の先決を待たずして解決されるものは一つとしてない。」


エルサレム遷都トランプ大統領

【出典】1941(昭和16)年 政経書房 国際政治学会調査部訳編 「今次大戦と裏のニュース:世界猶太情報」 猶太人の誇大妄想(独逸情報 一九四〇・七・一)

【参考記事】
2018年の日本革命の可能性>2018年はシオン運動開始から200周年


朝日新聞は国際金融資本のメディア

東ヨーロッパ諸国や中央アジア諸国の歴史を見ればわかりますが、ロシア革命後、世界中をソ連の属領にしようとする赤化の嵐が吹き荒れました。

中国、満洲、朝鮮半島もこのとき赤化され、反日になったのです。反日というのは「反日本帝国主義」という共産党のスローガンを略したものですから。

ソ連による世界同時革命は、一見思想的に背反しているように見える米英国際金融資本の利益と一致していました。

たとえば、共産主義による世界市民の私有財産没収、粛清という名目でマルクス唯物史観にのっとった人口削減も可能、国境がなくなることで外国資本に対する規制が撤廃され世界中の資源を独占恐怖政治を布いて2000年近くユダヤ人を迫害してきたキリスト教徒を弾圧し、有色人種のクセに神の選民より長い歴史を持つ日本人を抹殺することもできる。

【キリスト教徒と日本人が殺し合った太平洋戦争|真珠湾攻撃】
戦艦アリゾナ

マルクス唯物史観とは「物>人」という非人道的理論のことです。長い間ユダヤ人に支配されてきた欧米諸国が物質至上主義でガツガツしているのもこのためです。

そんな世界情勢を見て危機感を抱いたのが、戦後悪魔のように宣伝されている日独伊という枢軸国でした。

ということで、朝日新聞は国際金融資本のメディアであり、共産党世界一党独裁を肯定し、世界統一をジャマした日独への恨みを日々発信し続けている企業だということです。

朝日新聞も日独が戦った敵を知っているはずですけどね。


【日独防共協定調印を報道する朝日新聞|1936(昭和11)年11月26日付】
日独防共協定朝日新聞2


「ナチスガー」で共産主義者の横暴が許される時代は終わった


安倍政権が憎すぎてナチスと同一視する朝日新聞
2018年8月1日 YAHOO!ニュース(JBPRESS)

日本政府の官僚はユダヤ人虐殺を実行したナチスの官僚や親衛隊と同じなのか?  いまの日本は、ナチス・ドイツのようになる危機が深まっているのか? ──朝日新聞(7月29日付朝刊)の長文の社説を読んで、こんな疑問を感じさせられた。

 同時に自分の気に入らない相手を即座にナチスにたとえる朝日新聞の年来の手法に、同じ日本の新聞界で長年活動してきた一員として、恥ずかしいと同時に情けない思いを抱いた。ジャーナリズムや報道機関のあり方を再考させられる機会ともなった。(中略)

 敵を、悪の元凶という認定が定着しているヒトラー政権などになぞらえ、両者は似ているとか同様だとするレトリック(言辞)は、米国や英国では悪魔化(demonization)と呼ばれる。

 2014年から2015年にかけて、中国政府が自国の国連大使や米英駐在大使を動員して、日本や安倍首相への糾弾キャンペーンを打ち上げたことがある。「日本は核武装を進めている」「日本人は世界でも最も野蛮で残酷」「安倍首相はハリー・ポッターの悪の魔法使い」というような誹謗だった。このときは、英国の有力雑誌エコノミストや米国の中国専門家の多くが「中国による日本の悪魔化」と断じて、中国を非難した。

 朝日新聞のナチス・ドイツへの言及も、そんな悪魔化という言葉を連想させてしまう。


【ユダヤメディアのフェイクニュースで敗戦したドイツ軍|第一次世界大戦】

模型作りにいそしむ。祖国は革命前夜。丸亀俘虜収容所。

ドイツ兵捕虜丸亀

ウィンドウショッピングを楽しむ。大分俘虜収容所。

ドイツ兵捕虜ウインドウショッピング

習志野収容所の病室。

ドイツ兵習志野収容所病室

日独を敵視する勢力がやったこと。広島に原爆投下。

原爆投下3

長崎の爆心地。

長崎爆心地3

【多数派容共連合国が少数派をつるしあげた東京裁判・ニュルンベルク裁判】

物(国際金融資本のアジア、ヨーロッパの権益)>人(日本人、ドイツ人)

東京裁判1_2


【ドイツ兵捕虜収容所の写真はこちら】
ドイツ兵捕虜収容所と韓国の捏造軍艦島映画



【写真出典】
・1954(昭和29)年 富士書苑 森高繁雄編 「大東亜戦争写真史落日終戦篇」


関連記事
スポンサーサイト