HOME > 原子爆弾・国際条約 > title - 日本が核武装できない理由|化学戦における復仇
2018/06/01

日本が核武装できない理由|化学戦における復仇


日本が核武装できない理由は大東亜戦争当時、国際法(慣習法)で「化学戦における復仇(ふっきゅう)」が認められていたからです。

復仇とは法律用語で「国家間で、一国の不法な行為に対して、他国が同等に不法な行為で報いること。(広辞苑第六版)」という意味です。


【戦前は同様の化学兵器での復仇が認められていた|資料】

 試みに、化学戦軍事制限の問題から見た制裁問題を考へてみるに、化学戦禁止違反に対する制裁が確立してゐない状態に於て、即ち、化学戦禁止違反に対して同様科学兵器の使用を以て復仇するといふことが認められてゐる状態に於て、化学戦軍備の制限を徹底することは困難である。

【出典】1943(昭和18)年 東都書籍 山下康雄 「化学戦と国際法」 終章 化学戦国際法の諸問題


【参考記事】麻生氏「北の核の感覚、戦略外交では正しい」2018年5月30日 読売新聞(Rakuten infoseek News)


【戦前の化学戦に関係ある条約】

一、ハーグ陸戦條規(1899年および1907年)
  (イ)第二十三条第一項イ号
  (ロ)第二十三条第一項ホ号

二、ハーグ毒ガス禁止宣言(1899年)

三、毒ガス及細菌戦禁止に関するジュネーブ議定書(1925年)

【出典】1943(昭和18)年 東都書籍 山下康雄 「化学戦と国際法」 第三章 化学戦国際法の現状 第一節 化学戦に関係ある条約


なので、日本に原爆があればアメリカに投下していいし、原爆がなければ同等の非人道的行為でアメリカに報復することが許されていたのです。

アメリカは日本の復仇を恐れ、日本国憲法を強要して日本を徹底的に武装解除し、いまだに米軍基地を置いて日本を占領し、さらにサヨクを育てて日本に再武装論が出るたびにギャーギャー騒ぐように調教したわけですね。

われら日本人には戦前から人権がありませんが、非人道的行為に対する報復権も武力で剥奪されたのです。


【特攻で恐慌をきたす臆病な米軍】
有色人種は平気で殺すが自分たちが死ぬのはイヤ。
有色人種のために死ぬのもイヤ。
特攻で恐慌をきたした米軍


真珠湾攻撃の2年前に原子爆弾の研究に着手したアメリカ

【テネシー州クリントン原爆生産工場】
アメリカは真珠湾攻撃の前々年に「原子力の軍事的使用」に関する研究に着手、真珠湾攻撃の翌年1942年11月に原爆生産工場着工。原子爆弾は終戦の前々年(1943年)に使用可能となった。

テネシー州クリントン原爆生産工場2_2

原爆は2個しかなかった、というのはウソっぱち。増産体制できてるじゃん。

テネシー州クリントン原爆生産工場1_2

1945年7月25日付「原子爆弾投下命令書」。「8月3日以降天候を見て広島、小倉、新潟、長崎のいずれかに投下、その効果を観測せよ」とある。日本にポツダムから米英支共同宣言が届いたのは日本時間同年7月26日。アメリカは日本に原爆を投下したくてウズウズしていた。

原子爆弾投下命令書オリジナル2

【原子爆弾投下命令書|和訳|何個もあった原子爆弾】

宛:合衆国陸軍戦略空軍司令官
    カール・スパッツ大将

1.第二十空軍所属第509混成大隊は1945年8月3日以降天候が爆撃を可能ならしめ次第に左記目標の一つに最初の特殊爆弾を投下せよ。

広島、小倉、新潟、長崎

この爆発の効果を観測し且つ記録するため陸軍省の軍人及び軍属を搭乗させた航空機を爆弾搭載機に同行せしめこの観測機は爆発地点より数マイル離れて位置せよ。

2.更に別の爆弾が準備され次第に前記目標に投下せよ。
 前記以外の爆撃目標に就(つ)いての指令は追って発表される。

3.日本に対するこの武器の使用に関する一部若(も)しくは全部の情報の流布は陸軍長官並びに米国大統領の為保留されること。

 首題に関するコミュニケ(声明書)若しくは情報発表の解除は予(あらかじ)め特別な権威の許可以外は野戦司令官これを為(な)さざること。

 如何なる報道ニュースも特別許可を要し之(これ)が許可のため陸軍省に送付のこと。

4.前記命令書は合衆国陸軍長官及び陸軍参謀総長の命令及び許可に基づき貴下に対し発令された。
 
 貴下自らこの命令書の写し各一部をマックアーサー陸軍大将及びニミッツ海軍大将に参考用として御届け願いたい。

  1945年7月25日

   陸軍参謀総長代理 陸軍大将 トマス・T・ハンディ



世界初の原爆を積んでテニアン島基地から広島へと出発するB29(エノラ・ゲイ=天皇を抹殺せよ)。テニアン島は日本の南洋統治領だったが、日本を抹殺し太平洋の主権をにぎるためアメリカが経済封鎖と武力で日本から強奪した。

エノラゲイ@テニアン2

旧日本領だったマリアナ諸島は日本攻撃にうってつけの位置にある。現在もアメリカ領。

マリアナ基地攻撃範囲2

1934(昭和9)年、アメリカの無遠慮な太平洋、極東進出を伝える中外商業新報。

米国の太平洋進出2

原子爆弾は広島市民の頭上で爆発した。共産主義者が日本に原爆を投下し、罹災者の救援にあたったのは戦後サヨクに悪魔のように宣伝される特高警察だった。

広島爆心地2

アメリカが選んだ長崎の爆心は段丘に建つ住宅地だった。アメリカの「原爆投下は日本に戦争をやめさせるためだった」というのはウソっぱち。

長崎爆心地2

長崎の爆心地。共産主義者はふたたびこの非人道的行為を日本人にもたらそうとしている。中国北朝鮮のミサイルは日本を射程におさめ、それらの国を作ったのはアメリカ。

長崎爆心地2犠牲者2

日本が大東亜戦争で戦った敵は容共連合国の世界侵略。日独伊三国同盟の前身である日独防共協定は、1936(昭和11)年11月25日ベルリンで締結された。軍国主義は共産党の侵略に対抗する「手段」だった。

日独防共協定2

反共ナチス「世界の敵"共産党"を敢然起(た)って膺懲(ようちょう)する。日独両国はもはや共産党の策謀に堪え得ず、進んでこれが防衛の挙に出た」。ドイツ革命は1918年、国家社会主義ナチ党結成は1921年。世界を戦争に引きずりこんだのはサヨク。(膺懲とは「こらしめる」という意味です)

新聞記事ナチス

1943(昭和18)年1月カサブランカ会議。ルーズベルトとチャーチルは記者団会見で枢軸(=反共国)の「無条件降伏」を要求すると発表した。米英は原爆を共同開発した。

ルーズベルトチャーチル枢軸2

ペリリュー島の激闘で戦友の後送を待つ米兵。共産主義者の世界統一のために死んでいくアメリカ人。エルサレム遷都祭りでさらに死者は増える。

米兵@ペリリュー2


人種差別大国アメリカは言うことだけは美しい

表向きは「反差別」を宣伝しつつ日本では保守派の言論封鎖を実行するアメリカ。
日本人を大虐殺した中国人朝鮮人に味方して、日本人を差別主義者呼ばわりするアメリカ。
こういう言行不一致は共産党の特色であり、中国や旧ソ連とおなじ。

憲法9条で日本の復仇を阻止し、日本人の生存権を蹂躙し、言論封鎖をして「反差別」を宣伝する、それがアメリカという国。

アメリカ人一人一人はイイヤツで、ママの手作りドーナツとオーガニックコーヒーがたっぷりあれば、日本人ともトモダチになれるだろう。でもそれが「国」という単位になるとハナシがちがってくる。


米人気ドラマ打ち切り=主演女優が差別ツイート
2018年5月30日 JIJI.COM

【ニューヨーク時事】米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニー傘下のABCテレビは29日、人気コメディードラマ「ロザンヌ」の放送を打ち切ると発表した。主演女優のロザンヌ・バーさん(65)がツイッターに、オバマ前政権で大統領上級顧問を務めたバレリー・ジャレット氏(61)に対する人種差別と取れる書き込みをしたことを問題視した。(後略)



【竹田恒泰氏のYouTubeチャンネルも「差別的」を理由に閉鎖】
アメリカは天皇を抹殺しようとしている国ですからね。
竹田恒泰氏ツイート2


【そのプラカード持って米軍基地の前に立ってろ】
極左野党#Metoo2



【出典】
神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 欧州諸国(21-051)中外商業新報 1934.8.11-1934.8.20 (昭和9)波さわぐ太平洋
神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 外交(144-174)大阪毎日新聞 1936.11.27 (昭和11)『世界の敵"共産党"を敢然起って膺懲する』リッベントロップドイツ全権の声明
・1979(昭和54)年 日新報道 モルデカイ・モーゼ 「日本人に謝りたい」
・1954(昭和29)年 富士書苑 森高繁雄編「大東亜戦争写真史 孤島邀撃篇」
・1954(昭和29)年 富士書苑 森高繁雄編「大東亜戦争写真史 太平洋攻防篇」
・1954(昭和29)年 富士書苑 森高繁雄編「大東亜戦争写真史 落日終戦篇」

関連記事
スポンサーサイト