| HOME |    前のページ現在のページ次のページ
2018/06/15

RADWINMPS騒動と戦前の排日歌、対日復讐歌|歌詞あり


RADWINMPSというバンドがサヨクの言論封鎖のエジキになっているそうですね。

サヨクが「平和」だの「反戦」だのと言うのは、自分らの軍事行動をやりやすくするための詭弁ですからね。

終戦直後の満州、朝鮮では、満州避難民や在鮮日本人が共産主義者に暴力で言論封鎖され、情報統制され、いわば密室の中で大虐殺されました。

ミュージシャンなら架空の共産主義的歴史観でガーガーわめく雑音を聞くよりも、すてきなフレーズを創造する方がよっぽど生産的です。

ということで戦前、朝鮮人が歌っていた排日歌と対日復讐歌の歌詞を載せておきます。全3曲のラインナップです。

こんな対日ヘイトソングならYouTubeにアップしても消されないでしょう。


【よぉ!戦犯国!!星条旗は掲げたか?】
もはや敗戦サヨク勢力に味方する国はない。
金正恩2

1曲目|1920(大正9)年5月
ウラジオストック新韓村で流行した排日歌

新韓村とはウラジオ在住朝鮮人村のことです。この村では二種類の排日歌が流行していたそうです。

第一号は韓人新報主筆金河球、第二号は前国民議会副会長金喆訓の作歌とのこと。

♪青年よ、怨讐の銃剣を恐れるな=青年よ、怨讐の銃剣を手にとることを恐れるな。

明らかに日本に対する殺意を歌った歌です。

満洲在住日本人はこういった対日ヘイトソングを毎日聞かされ、大正時代から日本敗戦までの間、満洲人、中国人、朝鮮人に虐殺され続けました。


第一号

1.不幸ナル我(ワガ)同胞ヨ
 此(コ)ノ苦楚(クソ:辛苦。苦痛)ヲ如何(イカ)ニセン
 罪ナクシテ受ケシ此ノ苦楚
 訴フル所ナシ
 天帝ニ吾等(ワレラ)ハ祈リヲ
 ラ、ラ、捧ゲン

2.不幸ナル我同胞ヨ
 此ノ苦楚ヲ如何(イカ)ニセン
 怨讐
(※えんしゅう=うらんで仇〔あだ〕とすること。うらみある仇〔かたき〕)ノ銃ト剣ニ
 我身を傷(キズツ)クトモ
 血涙ヲ震ヒツツ
 ラ、ラ、之(コレ)ヲ受ケンノミ

3.不幸ナル我同胞ヨ
 此ノ苦楚ヲ如何(イカ)ニセン
 凶悪ナル刑台ニ
 此ノ身ヲ載(ノ)セ
 皮膚ハ好(ヨ)シ破ルトモ(※好く=ともすれば)
 ラ、ラ、此ノ心ハ変ラジ

4.不幸ナル我同胞ヨ
 此ノ苦楚ヲ如何(イカ)ニセン
 流ルル血涙ハ
 漢江ノ水ト化シ
 ザンブト我身ヲ
 ラ、ラ、投ゲンカナ

第二号

1.来レリ 来レリ
 自由ノ春ノ光
 華麗ナル 錦繍ノ江山
(※三千里錦繍江山=さんぜんりきんしゅうこうざんは朝鮮の異称)
 之(コ)レ想ハズヤ

2.奴隷ノ圧迫ヲ
 受クル民族ハ
 自由ノ歌ヲ
 イマ高ク唱ヘン

3.雪寒キ江山ニ
 埋モレシ草木ハ
 喜ビツ踊リツ
 春ヲ迎ヘン

4.前進セヨ前進セヨ
 我(ワガ)青年等(ラ)ヨ
 怨讐ノ銃剣
 恐ルルナカレ

5.基督(キリスト)ハ吾等(ワレラ)ノ
 大将トナレリ
 怯(オソ)ルルモノヤ何カアラン
 唯(タダ)勝利アルノミ


奴隷ノ圧迫ヲ受クル民族ハ|日本のサヨクの原型】
奴隷が手に手に凶器をたずさえ日本人を襲撃、警官を殺害するかよ?
1919(大正8)年4月7日付報知新聞。三・一独立運動は約60日間におよぶ大騒擾となった。この暴動を煽動したのはアメリカ

朝鮮暴動重大


【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:C06031167600:1920(大正9)年5月14日 陸軍省|内閣総理大臣|各省大臣 「密第102号其908.1.浦潮新韓村に於ける排日唱歌に関する件」


2曲目|1920(大正9)年4月
韓人社会党鮮人演芸会で歌われた排日歌

満洲在住朝鮮人演芸会における寸劇の第二幕で歌われた排日歌だそうです。第三幕には武装した朝鮮人が日本人を六連発拳銃で撃殺する場面があったそうです。

その幕間に満洲の自称義兵将校金秉植が鮮人青年たちに「韓国独立軍の義兵になれ」と説いて大いに盛り上がったそうです。

またこの演芸会のチケットは、ロシア人には売っても日本人には売らなかったそうです。徹底した日本人差別がうかがえます。

そしてこの歌では「富士山をハゲ山にしてやる」と言っています。


祖国ヲ思フノ歌(訳文)

一、此所(ココ)我国ニ非(アラ)ザルニ
  何ヲ望ミテ来(キタ)リシヤ
  子孫ノ為ノ独立軍
  立脚地(タチバ)ハナキモ希望アリ
 
二、国奪ハレシ民族
  河海ノ塵(チリ)ト飛ビニシヲ
  笑フナ諸国ノ国民ヨ
  自由ノ快復遠カラン

三、韓半島ニ今モオリタル青年ハ
  天ヨリ受ケシ独立国
  完全ノ自由奪ハレシヨリ
  星霜已(スデ)ニ十余年

四、豆満江ノ彼方ヲ見ルニ
  錦繍江山色失セズ
  西比利(シベリア)ノ寒気ニ苦(クルシ)ムモ
  故国ノ独立図(ハカ)ラムタメ

五、神聖ナル檀君ノ同胞ヨ
  彼(カ)ノ鉄檻ニ捕ハレシ
  吾(ワガ)同胞ト遭(ア)フ時ハ
  独立ノ宴張ラムカナ

六、白頭山ヨ声ヲ聞ケ
  高キ富士山ヲ羨ムナ
  我青年ノ進ミ行キ
  彼ノ富士山ヲ禿山(ハゲヤマ)ト
  為(ナ)スノ日
遠クハアラザラム

七、祖国ニ逝(イ)キシ霊魂ハ
  天堂ニ行クモ地獄ニ入ルノ心ソスラム
  此(コノ)言忘レズ邁進セバ
  韓国ノ独立疑(ウタガイ)ナシ


国奪ハレシ民族ノ|日韓併合条約詔書】
日韓併合は日本の武力による朝鮮侵略ではなく、旧大韓帝国政府と日本政府の合議で可決された結果です。朝鮮人の「日本に〇〇を奪われた史観」は国際共産党(コミンテルン)の日本悪宣伝です。
日韓併合詔書

天ヨリ受ケシ独立国ノ|清国(満族)使者に土下座する朝鮮民族】
中国属国半万年だった朝鮮半島を日清戦争で独立させたのは日本軍です。
清国属国

【日本人のお供をする満族|満漢鮮族は力にのみ屈する】
満族と日本人

【アジア諸国ガー】
と言うと思うので1943(昭和18)年11月6日に東京で開催された大東亜会議の写真を貼っておきます。アジア諸国は大東亜共栄圏に賛同して、東京に集結しました。大東亜共栄圏と聞いて傷つくのは米英に赤化されて連合国側だった中国朝鮮半島だけです。アジアに連合国を引き入れて日本と戦争させたのが中国と朝鮮半島です。
大東亜会議


【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:C06031160100:1920(大正9)年4月8日 陸軍省 「密第102号其826.1.韓人社会党約法に関する件 2.鮮人演芸会に関する件」(3コマ目~)


3曲目|1920(大正9)年6月
ウラジオストック在住鮮人児童らが密かに歌っていた対日復讐歌

上海仮政府が送付した歌だそうです。

朝鮮人は子供の時から日本人を「倭奴(わど)」という蔑称で呼んでいたのですね。

それから、「原讐」という言葉の意味は中国語で検索してみても不明でした。ま、なんとなくわかるってことで。


同胞ヨ 同胞ヨ 忘レズニ 汝(ナンジ)ノ原讐
檀君ノ血孫ノ我ガ愛民

千五百年ノ原讐汝ノ原讐
故国ノ大原讐ヲ汝ハ忘ルルナ

半万年以来ノ祖国ト自由
奪ハレタル原讐三生原讐

三千里金水江山ノ良土ヲ
倭奴ノ其ノ原讐ヲ汝ハ忘ルルナ

父母兄弟子孫子妹等(ラ)
起サシ心出ル血ヲ終結シ

蹴(ケ)ラレシ打タレノ浮目(ウキメ)ヲ見ル時
千五百年檀君ノ原讐ヲ汝ハ忘ルルナ


【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:C06031175100:1920(大正9)年6月14日 陸軍省 「密第102号其991 浦潮新韓村児童等の謳唱する復讐歌に関する件」


「HINOMARU」「軍歌」「愛国心」で傷つく人々


RADの「HINOMARU」騒動、抗議集会に発展か 告知の主催側「2度と歌わないこと求める」
2018年6月14日 J-CASTニュース

 人気バンド「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)の新曲「HINOMARU」の歌詞をめぐる炎上騒ぎは、作詞を担当したボーカル・野田洋次郎さんの謝罪後も、一向に鎮火する気配が見えない。

今回の騒動を受けて、RADWIMPSのライブ会場の前で抗議集会を呼び掛けるツイッターアカウントも登場。J-CASTニュースでは、このアカウントを通じて抗議の主催側に取材。その意図やバンド側への要求内容などを尋ねた。

「絶対に許されない歌を出してしまいました」

「HINOMARU」は、RADWIMPSが2018年6月6日に発売したシングル「カタルシスト」に収録されたカップリング曲だ。

物議を醸したのは、「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の 御名の下に」といった歌詞の内容。これに一部のネットユーザーから、「軍歌のようだ」「愛国心を煽っている」などの批判が寄せられたのだ。

批判を受けて、作詞・作曲を担当した野田さんは11日、自身のSNSで「この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」と説明。その上で、

「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」

とリスナーへ謝罪した。

だが、野田さん本人のこうした謝罪を受けても、騒動は収まる気配を見せない。(後略)



北朝鮮は経済戦争で敗戦し、アメリカの影響力下に置かれました。戦犯サヨクはこのコトの重大さを理解していないようです。

戦犯サヨクが日本でやっていることは、戦勝国の同盟国内で同盟国民を暴力で圧迫している、ということです。

金正恩の狂気が日本に侵出したもの、それが日本のサヨク勢力です。