HOME > 歴史観もパクリ > title - 一九三〇年九月プロフインテルン第五回大会後同年九月十八日プロフインテルン執行局に於て採択したる決議(九月テーゼ)
2014/07/25

一九三〇年九月プロフインテルン第五回大会後同年九月十八日プロフインテルン執行局に於て採択したる決議(九月テーゼ)


我が国に韓国が「正しい歴史ニダッ!!」とゴリ押しするヨタ話の正体は、戦前コミンテルンが作成した日本逆宣伝です。

コミンテルンが発表した朝鮮関連決議文を読めば、悪賢い韓国がそれらの決議文を切り貼りして「正しい歴史」なるものを捏造したことは明白です。

また、国家保安法なる法律で共産主義思想を取り締まっている韓国は、コミンテルン決議文の「共産主義」に関する部分はカットして「正しい歴史」を捏造したようです。

法律で共産主義を取り締まりながら、歴史観は共産党製という韓国はバカなんじゃないですか?

そして日本の極左が日本の純真な子供たちに刷り込んでいる「歴史」なるものは、共産党製の宣伝文というわけですね。


a1180_007876.jpg


俗に「九月テーゼ」と呼ばれるこの決議文の内容は、『日本国内と朝鮮で労働組合を組織し、日本の後方を攪乱しろ』というものです。日本の工場で働く朝鮮人労働者は「権利」を叫んで賃上げストライキなどを決行し、日本の生産力を落とせと、ソ連が指令したのですね。

そして、朝鮮人労働者はそのとおりにやった…と。

そして、ソ連や中共の命令で日本帝国主義と戦って勝利した朝鮮人は、戦後「戦勝国民」を名乗るに至った…というわけです。


本文中、韓国がゴリ押しする「正しい歴史」そして日本の極左が愛してやまない「自虐史観」と一致する箇所には、マーキングをほどこしています。

また、間島に於て常に勃発しているパルチザン闘争という箇所は、日本人満洲居留民を、朝鮮人・中国人・ロシア人などで組織したパルチザン(遊撃隊)が虐殺してまわった事件(間島・琿春事件など)を指しています。



出典:1933(昭和8)年 朝鮮総督府警務局 「高等警察報 第1号」30ページ~



一九三〇年九月プロフインテルン第五回大会後同年九月十八日プロフインテルン執行局に於て採択したる決議(九月テーゼ)

朝鮮の革命的労働組合運動の任務


(一)世界経済恐慌は、日本の従ってまた朝鮮(日本帝国主義のこの最大の植民地)の経済体系に特に鋭く影響した、日本の資本は恐慌の負担を朝鮮に転嫁しようと努めて居る。帝国主義者地主及高利貸の側からの農民の搾取に依(よっ)て惹(ひ)き起された朝鮮の農業の慢性的農業恐慌は凶作租税負担及び物価暴落によって異常に激化せしめられた。恐慌の渦中に巻き込まれた日本の帝国主義によって、朝鮮に対する攻撃は激化せしめられて居り、日本の帝国主義に依ってこの国は販売市場及び原料産地として搾取されている。恐慌によって朝鮮の労働者階級の状態は悪化せしめられている。恐慌は農民の土地喪失と窮乏化及び都市の中間層の零落を促進せしめている、賃銀は引下げられ労働時間は延長され合理化は主として労働者の特に婦人及び青年の労働の強化によって遂行され、工業に於ける失業は農業に於ける失業の増大と朝鮮労働者の日本からの帰国によって激化せしめられて居る警察支配工場に於けるスパイ制度・笞(ムチ)罰金・労働者の狂暴なる迫害及び基本的権利の欠陥は朝鮮に於けるプロレタリアートの状態の特徴である。

(二)恐慌の結果日本の帝国主義に対する民族解放闘争も激化している、特にプロレタリアートの階級闘争が激化している。元山に於けるストライキ、大衆に依るそれの支持学生ストライキ及び大衆示威運動の高潮だが特に労働者及び農民のメーデーのデモ、小作争議件数の増加、間島に於て常に勃発しているバルチザン闘争及び無数の労働者ストライキはプロレタリアートの新たなる大衆行動の増大を告げる前哨戦に過ぎなかった。

 日本帝国主義は、民族改良主義的ブルジョアジーに自治を約束することによって彼等を買収し、彼等の助けを得て新たなる革命の波の防波堤を築こうとしている。朝鮮に於ける革命の波の増大支那及び印度に於ける革命、そしてソヴェート連邦に於ける社会主義建設の成果の前に怖(おそ)れを為(な)した民族改良主義的ブルジョアジーとその団体-「朝鮮日報」「東亜日報」竝(ならび)に「天道教」の一部-は蒋介石と支那の反革命とを模倣に値する先例と考えている。彼等は日本帝国主義との協力を求め、反ソヴェート使嗾(管理人注:しそう:そそのかすこと。けしかけること)をやっている「新幹会」もまた同じく民族改良主義的団体である。彼等は学生ストライキ及び労働者示威運動の際に於ける彼等のサボタージュ政策によってそれを証明している。労働者ストライキ都市の中間層の活動性の増大及農民運動の発展は日本帝国主義と朝鮮の民族改良主義的ブルジョアジーとの策謀も、革命運動に対する彼等の協調及び彼等の共同闘争も増大しつヽある。大衆闘争の発展を喰い止めることが出来なかったことを示している。

(三)朝鮮のプロレタリアートは朝鮮の民族解放運動に於てますます重要なる役割を演じている。元山のストライキと朝鮮の全プロレタリアートによるその支持とはこの国の革命的労働者運動の発展に於ける転回点であった。繊維産業鉱山その他の産業部門及交通機関に於ける個々別々の自然発生的ストライキ、官憲との武装衝突にまで発展した新興の鉱山労働者ストライキ、一九三〇年には多少とも大きなストライキが五十件も起ったと言う事実、労働者運動に対する日本帝国主義の野蛮なるテロル、労働者運動の内部に自らの地位を強化せんとする民族改良主義的ブルジョアジーの絶えざる努力、これ等の一切は朝鮮に於けるプロレタリア階級闘争が民族解放闘争の極めて重要な要因にまで発展したことを証明している。農民大衆の側からの労働者のストライキの支持、共同行動に寄せられる労働者と農民との熱望は労働者階級の指導下に於けるプロレタリアートと農民との同盟の前提条件が益々明瞭に発展していることを示している。

(四)最近に起ったプロレタリアートの階級闘争は、若き朝鮮プロレタリアートの闘争力階級利益の擁護に於ける彼等の強靱性を(三箇月継続した元山のストライキ、釜山に於ける紡績婦人労働者の闘争等々)彼等の自己犠牲と階級的連帯性を(労働者階級の殆ど全体が一人の人間のように元山の罷業者を支持した)革命的闘争方法に寄する熱望を(新興)改良主義的指導者に対する彼等の不信を示した。特に目立つのは最近のストライキ闘争への婦人及青年の著しい参加である。

 これらの闘争においては、また、朝鮮の労働者運動の大きな弱点と欠陥とが暴露された。労働組合運動の主要弱点を朝鮮プロレタリアートが何等独自の革命的労働組合組織を持たぬということである。朝鮮労働総同盟は約四万七千名の組合員を擁しているが、それは小ブル的且民族主義的分子の指導下にある労働者が小ブルジョア的民族改良主義的指導者を指導部から追い出すことに成功したのは僅かの地方組織だけに於てヾあった。総同盟は合理化に対して何等の闘争をも展開しないし、失業利益を代表していないプロレタリアートの経済闘争を組織するとか=政治闘争などはなおのこと=プロレタリア階級闘争の精神をもってその組合員を教育しストライキ闘争を指導することなどは彼等の思いも寄らぬことである。総同盟は選挙制の原則の上につくられていない。工場や鉄道などに於けるその下部組織ははっきりつくられていないか、全然かけているからである。組合員大会などは少しも招集しない、それは一部は日本官憲の側からの禁止を顧慮してヾあり、一部は清算派的合法主義(日本の警察支配に対する完全な屈服)の理由からである。総同盟は警察支配に対して少しも闘争しないばかりではない、それは争議の場合には調停制度を労働者に勧めたり、企業家・商業会議所・警察署及び総督府に宛てヽ嘆願書を差出すことさえ辞さない、約言すれば彼等革命的階級闘争方法を全く抛棄してしまっているのである。これらの事情のすべては全体で改良主義的団体として総同盟の特徴をなしている。このことは決して総同盟の全組織が改良主義的であることを意味しない、そして組合員大衆を全然改良主義的だと見る位無意味なことはないであろう。否その反対に改良主義的指導部は、組合員大衆の間に持っていたその影響力を益々失墜しつヽあるのである。労働者のこの熱望は大きな困難に遭遇している。而して(そして)その困難はプロレタリアートの鞏固な革命的党の欠如竝(なら)びに無原則な派閥闘争と左翼組織の皆無だからである。


(五)かヽる事態は朝鮮の労働組織運動に於ける国際赤色労働組合支持者の直接当面の任務を規定する。国際労働組合支持者の最も重要なる任務は総同盟の内部に左翼を結集させ組織することである。先(ま)ず第一にプロレタリアートの最大の中心地に勢力と目標を向けねばならぬ(鉄道・鉱山・港湾・繊維工場及び煙草工場・発電所・化学工場等々)左翼は個々の職業及び個々の地域の特殊的な利益に応ずる労働者の要求の具体的な綱領を作製し、その助けによって労働者を結集させこの要求実現のための闘争に大衆を動員すべきである。左翼は適当な準備活動の後工場委員会を設立すべきである、而してこの工場委員会は通常当該工場の全労働者によって選挙されねばならぬ、この際肝要なことは企業主には何の通告もなしに工場委員会を設立しこの周囲に大衆を結集することである、労働者大衆の如何なる行動も工場委員会設立に利用されねばならぬ、工場委員会は組織未組織を問わず全工場労働者の利益を代表するところの恒常的機関である、工場委員会が目下の諸関係によって困難である場合には、例えば小工場仕事場等々に於ては世話役団が設立さるべきである、これと同時に肝要なことは工場委員会と世話役団の承認のためにまた労働組合の承認のために、そしてこれからの活動の如何なる束縛にも警察の統制にも反対して堅実に闘争することである、闘争の過程に於て左翼は改良主義的指導者の日和見的裏切的戦術を系統的に暴露し労働者大衆を労働組合組織の中に獲得せねばならぬ、下部組織に根をおろし、しかも階級闘争に積極的に参加することによって左翼は組織労働者のみならず未組織労働者をも獲得することを自己の任務とせねばならぬ。


(六)この場合に留意されねばならぬことは左翼の周囲に労働者大衆を結集すること、大衆の獲得及び改良主義的指導者の暴露は左翼が労働者の根本的に重要な要求のために、断乎として闘争する場合にのみ可能であるということである。

 賃銀問題・労働時間・社会立法・労働者待遇・罰金・住宅関係・失業救済竝に社会保険は左翼の宣伝煽動竝びに闘争において関心の焦点とならねばならぬ、産業が殆(ほとん)ど余すところなく日本資本の手に掌握され日本の軍事的警察的植民地支配が公然とその植民地的過剰利潤を保護して労働者を抑圧している朝鮮に於ては、如何なる経済闘争も政治闘争へ日本帝国主義反対闘争へと発展するだけに成熟している。直接的経済的利益のための闘争を通じて労働者大衆は結社及び集会の権利言論及出版の自由、この為の政治闘争、警察の暴虐に対する闘争、政治犯人釈放のための闘争、日本帝国主義反対の闘争及び農業革命のための闘争等々の問題にも習熟し得るようにされなければならぬ。

 かヽる政治的竝びに経済的闘争の過程においてのみプロレタリアートは小ブルジョア的及び民族改良主義分子の影響から脱却し得るのである、それと同時に左翼は警察組合(「咸南労働組合」等々)に反対し商業会議所・警察及び総督府の調停制度に対しまた経済闘争の場合に於ける民族改良主義的団体の干渉に対して仮借なき闘争を展開せねばならぬ。

(七)プロフインテルン支持者の活動は総同盟の組織だけに限られていない、彼等は同じく総同盟に加盟せざる他の凡(すべ)ての労働組合に於て活動せねばならぬ、一般に如何なる労働組合組織もないどころかまたは多少とも確固とした大衆組織がないところでは、プロフインテルン支持者はそこに革命的組合を建設することを任務としなければならぬ、革命的組合は産業別の原則に基づいてつくらねばならぬ、それは全労働者によって選挙される工場委員会及び世話役団のごとき鞏固な下部組織をもたねばならぬ。革命的組合は総同盟に加盟してもかまわぬが、その際にはその独自的指導とその革命的本質とを確保せねばならぬ、総同盟及び単独組合内に於ける左翼組織の活動と闘争とは、新たに建設された労働組合と緊密に結合せねばならぬ。

(八)農業労働者の組織には特に大なる注意が払わるべきである、農業労働者がすでに農民同盟に加盟している場合には彼等を特殊なグループに組織し、これ等グループを後に単独の革命的農業労働者組合にまで作り上げねばならぬ。 
 
(九)朝鮮の産業に於ては婦人と青年が大きな役割を演じている、婦人労働者及青年を労働組合に引きいれることは左翼の任務である、この任務は彼等の特殊なる利益を代表してやるということによってのみ達成され得る、左翼は婦人にとっての特殊なる要求(夜業廃止・産前産後の妊娠休暇・託児所・同一労働者に対する同額賃銀等々)及び青年にとっての要求(六時間労働制・見習賃銀・無料職業学校等々)を掲げて代表せねばならぬ、労働組合においては、婦人労働者及び青年の独自的指導のしたに特別な青年部が設立されねばならぬ。

(十)恐慌・生産制限・工場閉鎖・農民の窮乏化及び朝鮮労働者の日本よりの帰還によって失業はますます激化せしめられている、失業者を組織し彼等の闘争を指導し、しかして失業者運動と工場労働者運動とを結合することは左翼に課せられた任務である。

 この領域においては国家による失業救済という要求が失業者と工場労働者とを動員する中心問題中心点とならねばならぬ、同時に左翼は失業者の家賃免除、米及びその他の大衆行動は失業反対闘争の一方法でなければならぬ。

(十一)ストライキ闘争の準備と指導との領域においては、左翼はストライキ指導部の組織についてイニシアチーブをとらねばならぬ、ストライキ指導部は労働者の全体会議乃至代表者会議において選挙さるべきである、ストライキ指導部は改良主義的指導者の意思に反してストライキを準備し指導せねばならぬ、ストライキ闘争準備と指導に関して朝鮮におけるプロフインテルン支持者は、ストラスブルグ会議及びプロフインテルン第五回大会の決議に従わねばならぬ。

(十二)合法的活動と非合法的活動との巧みなる結合は左翼の成功的活動のための一つの前提条件であり、左翼は労働者倶楽部・労働者組合倶楽部・夜学校及び類似せる合法的団体を設立すべきである、その際絶えず考慮せねばならぬことは、かヽる補助組合は断じて労働組合の代用物となり得ないと云(い)うことである。

(十三)日本人労働者は、朝鮮の最も重要なる産業部門及び最大の経営において、一つの重要なる役割を演じて居る、日本労働者の大部分は帝国主義的に訓練された労働貴族であって、朝鮮に於ける日本労働者がファッシスト的竝に帝国主義的団体の成員であることは敢て珍らしくない、このことは、プロフインテルン支持者が日本労働者の重要大衆をブルジョアジーの影響から切り離すという最も困難なる任務を放棄してもいヽということを意味するものでは断じてない、日本に於けるプロフインテルンの支持者は凡(あら)ゆる方法を以て朝鮮の同志を援助せねばならぬ、日本及朝鮮の革命的労働者は支那革命をソヴェート連邦擁護のための闘争及び日本帝国主義転覆のための闘争に共同戦線を張って進撃せねばならぬ。

(十四)支那労働者は、同様に朝鮮において可成り重要な地位を占めている、日本帝国主義と民族改良主義的ブルジョアジーとは支那労働者をストライキ破りとして利用することによって朝鮮労働者との間に民族的憎悪を煽り立てようとしている、左翼は支那労働者と朝鮮労働者とを国際的プロレタリア連帯性の精神をもって教育すべき義務を有する。

(十五)左翼の緊急なる任務の一は労働者の生活を描き出し、要求を表式化しそして朝鮮プロレタリアートの階級闘争を指導するために労働組合新聞を発行する事でありパンフレット・工場新聞・通俗的な小冊子・ビラ等を発行することである。

(十六)これ等すべての任務が成功的に果され得るのは左翼が大胆且つ果断に、工場内における独自の下部組織の設立からの統一戦線プロレタリア幹部の養成とそれの指導的活動への進級及び広汎なる活動的幹部の創造に向って進む場合である、左翼は労働者の日常要求のための経済闘争の組織者であり指導者でなければならぬ、左翼は日本帝国主義反対の闘争に農業革命のための闘争に、及び朝鮮に於ける労働者階級の状態の徹底的改善のための闘争に労働者大衆を組織し動員しなければならぬ。

(十七)左翼はプロフインテルン及び太平洋労働組合書記局と密着し、これ等によって国際的労働組合運動全体、特に日本及支那の革命的労働組合運動と密着せねばならぬ。



関連記事
スポンサーサイト