HOME > 神風特別攻撃隊 > title - 特攻|上官は「必ず死んでこい」と言ったという捏造
2018/01/12

特攻|上官は「必ず死んでこい」と言ったという捏造


最近サヨクの流行は「特攻隊は上官に『必ず死んでこい』と命令された」というものですが、大東亜戦争中の索敵方法は、



・偵察機(写真偵察をふくむ)

・基地入電(基地同士の防空情報をふくむ)



しかありませんでした。なので偵察機帰還後や入電後に特攻隊が出撃しても敵機動部隊がもう予想地点にいない、という場合もあったのです。

米軍だって生きているわけですから。

でも、サヨクは「特攻隊員は必ず死ねと命令された」という。

ならば、特攻隊は何に突入して死んだのですか?

敵が見つからなかったとき、特攻隊は基地に帰投しました。

サヨクは、関行男大尉が出撃命令を受けた翌日に戦死したかのような印象操作をしますが、関大尉率いる敷島隊は数日間索敵に失敗して帰投しています(出撃命令が下命されたのは1944年10月20日、戦死は10月25日)。

関行男大尉も索敵に失敗して基地に帰還


出典:1956(昭和31)年 日本文芸社 「現代読本 第一巻第四号」所収 当時追浜海軍航空隊 元海軍特務少尉 山ノ内辰雄 「-燦たり!不滅の戦史-神風特攻隊沖縄決戦録」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 敷島隊出撃す

 昭和十九年十月二十日。

 折も良し、若い搭乗員の間から澎湃として「特別攻撃隊」編成の気運が盛り上った。飛行長は誰をこの「神風」隊の指揮官にするかと苦悩をめぐらしたあと、戦闘三〇一飛行隊の関行男大尉に白羽の矢をたてた。大尉は若冠(原文ママ)二十三歳、家庭には迎えて間のない新妻があった。

(中略)

 晴れ渡った大空には断雲が無心に流れていった。一同は整列すると水杯をくみ交した後、手をふりながら機上の人となった。

 しかしこの日の敷島隊は索敵も空しくついに敵機を発見することが出来ずに帰投した。翌日も、その翌日も──予想地点に敵がいなかったり、途中で悪化した天候にはばまれたりした。


【海軍特別攻撃隊敷島隊】
水盃を交わす敷島隊。江田島第一術科学校教育参考館に展示されている絵。
関行男大尉別杯

関行男大尉の戦死日は1944(昭和19)年10月25日。
関行男大尉

【資料出典】1996(平成8)年 株式会社ベストセラーズ 「写真集カミカゼ 陸・海軍特別攻撃隊」上巻


当時、今のようなレーダーはありませんでした。

レーダーらしきものは日米ともに1942(昭和17)年10月に完成していましたが、軍用機どころかまだ艦船に装備してみて試験的に使用してみるといった段階でした。

艦船に実装して試験的に初使用したのは米軍で、1942(昭和17)年10月のガダルカナル島夜戦でした。

日本にはレーダーを量産して艦船に装備するだけの資力がありませんでした。

レーダーはなかった


出典:1988(昭和63)年 文藝春秋 「『文藝春秋』にみる昭和史」第二巻所収 伊藤正徳 「大海軍の遺産」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 艦政本部の電気部門は敗戦の責任者のように責められた。電波探知機の発明がアメリカよりも一年以上後(おく)れたために敗けたという意味であった。ところが、戦後明らかになった驚くべき秘史は、日本とアメリカのレーダー研究がほとんど同一程度に進行中であったという事実を証明したことだ。

昭和十七年十月十一日、米海軍はガダルカナル島沖の夜戦で初めてレーダー射撃を試み、日本海軍の「眼に頼る夜戦」を打ち敗かしてわれわれを戦慄させた。しかるに当夜のレーダーはまだ不完全であり、それと同じ程度のものなら、日本にも実在したのを、海軍が採用を躊躇していたのだ。

もしそれを実験的に用いていたら、ガ島夜戦は対等に戦い得たという結論になるのだ。ただ、日本の工業基盤が劣り、製作力がアメリカの十分ノ一に過ぎなかったので、レーダーを全艦に取り附けるのが一年以上後れたという敗因は致し方がなかった。



特攻隊をおとしめる共産党の逆情報工作とは?

特攻隊が誕生した理由は容共連合国の対日経済封鎖で物資が払底していたことと日本赤化を防ぐためでした。

第二次世界大戦は共産党(国際資本)が工作した世界同時革命でした。なので、この世に共産党が誕生しなかったら、とうぜん第二次世界大戦もなかった、特攻隊が編成されることもなかったのです。

サヨクが特攻隊を「犬死に」呼ばわりしたり、天皇や上官に殺されたと宣伝したりすることを逆情報工作といいます。サヨクにとって都合の悪いものが世間に嘲笑されるように意図して報道する逆情報工作の発祥は旧ソ連のKGBです。


特攻隊員は「志願して死んでいった」のか
上官は「必ず死んでこい」と言った
2018年1月9日 PRESIDENT Online

「9回特攻に出撃して、9回生きて帰ってきた」人がいます。名前は佐々木友次。作家・演出家の鴻上尚史さんは、92歳の佐々木さんに5回会い、その証言を著書『不死身の特攻兵』(講談社現代新書)にまとめました。鴻上さんは取材を通じ、「志願して死んでいった」という話は、特攻を「命令した側」の見方だったのではないか、と考えました――。

※本稿は、鴻上尚史『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』(講談社現代新書)の第4章「特攻の実像」を一部再編集したものです。

「命令した側」が作り上げた特攻隊のイメージ

 佐々木友次さんの人生を知ることは、特攻隊を理解していくことでもありました。

 調べれば調べるほど、「特攻隊とはなんだったのか?」という質問は成立しないと考えるようになりました。

 特攻隊は「命令した側」と「命令された側」があって、この両者をひとつにして「特攻隊とはなんだったのか?」と考えるのは無意味だと思うようになってきたのです。

 「特攻隊は『志願』だったのか、『命令』だったのか?」という今も続く論争も、この二つの視点を明確にしなければ、意味がないと考えるようになりました(佐々木友次さん達『万朶隊』(※)は明確に「命令」でしたが)。

(中略)

 『神風特別攻撃隊』という戦後、ベストセラーになった本があります。大西瀧治郎中将の部下であり、海軍の特攻を命じた中島正、猪口力平の二人が書いたものです。

 英語にも翻訳され、世界に「カミカゼ」のイメージを伝えました。「積極的に自分から志願し、祖国のためににっこりと微笑んで出撃した」という、今も根強いイメージです。

それには、第2章で紹介した関行男大尉が海軍第一回の特攻隊長に指名された時の様子が描写されています。

 深夜、寝ているところを士官室に呼ばれた関大尉に対して、所属部隊の副長である玉井浅一中佐は、肩を抱くようにし、二、三度軽くたたいて、現在の状況を説明し、

 「『零戦に250キロ爆弾を搭載して敵に体当たりをかけたい(中略)ついてはこの攻撃隊の指揮官として、貴様に白羽の矢を立てたんだが、どうか?』

 と、涙ぐんでたずねた。関大尉は唇をむすんでなんの返事もしない。(中略)目をつむったまま深い考えに沈んでいった。身動きもしない。―一秒、二秒、三秒、四秒、五秒……

と、かれの手がわずかに動いて、髪をかきあげたかと思うと、しずかに頭を持ちあげて言った。

 『ぜひ、私にやらせてください』

 すこしのよどみもない明瞭な口調であった」

 陸軍の『万朶隊』のように、いきなり体当たりを命じられてはいません。

 これを「志願」という人もいるかもしれません。けれど、厳しい階級社会の軍隊において、中佐という二階級上の上官から「涙ぐまれながら」「どうか?」と言われて断るのは本当に難しいと思います。

 ところが、1984年、戦後40年近くたって、この夜のやりとりが猪口・中島の書いた嘘だと判明します。

 のちに、僧侶になった元副官の玉井氏が、関大尉の中学時代の同級生に対して、「関は一晩考えさせてくれ、といいましてね。あの日は豪雨で、関は薄暗いローソクの灯の下で、じっと考え込んでいました」と証言していたのです。(後略)



佐々木友治さんは不時着して生き延びた人


出典:1977(昭和52)年 ビジネス社 生田 惇 「陸軍航空特別攻撃隊史」 第2章 特攻隊出撃 レイテ航空決戦

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 この日の夕刻、カロカン飛行場に九九式双軽一機が着陸した。操縦者はなんと、昨日レイテ湾に突入したはずの佐々木伍長であった。

 その夜、佐々木伍長は飛行第二十戦隊長の村岡英夫大尉にその状況を報告した。隊長を失った万朶隊の管理は、同飛行場にあった二十戦隊長に委ねられていたのである。

 佐々木伍長は、長機(隊長機)の田中曹長が猛烈な急降下で突進したため追随できず長機を見失い、やむなく上陸用舟艇らいい船に突進して八百キロ爆弾を投下し、ミンダナオのカガヤン飛行場に着陸したというのであった。

 一方、内地では荘重な「海行かば」のメロディーの後に万朶隊の戦果が大本営から発表されていた。田中、生田両曹長が輸送船を撃沈させ、久保軍曹は戦艦に体当たりし、佐々木伍長が戦艦を撃沈したというものである。


【出撃前の万朶隊】
左端が佐々木友治伍長。隊員が首から下げているのは近隣基地までお使いに行ってたまたま米軍に撃墜された初回編成万朶隊員の遺骨(遺髪とする説もあり)。この出撃は敵討ちでもあった。bandatai_shutsugeki.jpg

【写真出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:A06031094300:1944(昭和19)年11月29日 内閣|情報局 「写真週報 349号」


1938(昭和13)年
帝国陸軍の敵はソ連の赤化謀略と米英のアジア侵略


出典:1938(昭和13)年 日本評論社 大久保弘一 「陸軍読本」 第一 国防について

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 三 わが国の国防的環境

 蘇聯邦(ソ連邦)

 次は蘇聯邦である。

 東亜を窺(うかが)ふ赤き熊、蘇聯邦は寧(むし)ろ支那よりも直接的脅威を与ふるものといふべきであって、赤化謀略と相俟(ま)って虎視眈々国境に集中する近代的装備の優秀を誇る赤軍の挑戦的態度は、わが国防環境に於て最も重視すべき対照である。

 特に共産党の攻撃目標がわが国に向けられてゐることは一刻も忘れることの出来ないところで、現に支那事変に於て、蘇聯邦が持続しつつある抗日支那支援は如実にこれを示してゐるのであって、これに対してわが国が東洋平和確保の厳たる決心を為(な)さねばならぬことは勿論(もちろん)である。



1939(昭和14)年
帝国海軍の敵は米国海軍、英国の軍港、ソ連の皇国覆滅


出典:1939(昭和14)年 海軍省海軍軍事普及部 阿部信夫 「「海軍読本 第20号」 総論 海洋発展と我が海軍の使命──海洋国日本と其(そ)の進むべき途(みち)── 第一節 緒言

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 米国が飽迄(あくまで)優勢比率主義を固辞しつゝ実施中の大量急遽建艦や、空軍拡張、根拠地強化其の他各般の軍備強化の目標が何処(どこ)に向けられて居るか、勿論(もちろん)絮説(じょせつ:くどくどと説くこと)する迄もあるまい。其の国内の不況時代を脱過(原文ママ)し経済甦(更)生が成就する時、世界第一海軍の現出と相俟(あいま)ち、東洋問題に対して沈黙を破り、強圧政策を以て挑み来ることなしとは云(い)ひ得まい。

 英国の香港軍港強化や、新嘉坡(シンガポール)大軍港建設が日本に対する軍事施設である事は如何に遁辞(とんじ:責任をのがれるためにいうことば)を設くる共(とも)疑ふの余地はない。又ロイド・ジョーヂ、ボールドウィン、イーデン等(全員ユダヤ人)の指導的巨頭が、口を揃へて度々強唱する英米提携論が、全く日本を対象として居る点も隠れなき事実である。

(中略)

 蘇聯邦が、極東に対する交通線の増設、外蒙及新疆方面に対する進路開拓は、遠大なる東洋政策を物語るものであるが、露満国境に集中せる強大なる兵力及科学兵器と空軍、半永久築城に数十隻に達せる浦塩(ウラジオストック)の潜水艦は、機に臨み大陸に於ける我が権益を掃蕩するの準備と見ざるを得ぬ。其の所謂(いわゆる)第三次五年計画の完了を待つ迄もなく、機会があれば、赤色露国にとりて最も厄介なる存在たる皇国日本の覆滅を目標として、敢然武力手段に訴へるかも知れぬと云(い)ふ事は決して杞憂とは考へられぬ。



共産党の逆情報工作とは?


出典:1987(昭和62)年 新潮社 B・フリーマントル 「KGB」 8 逆情報工作こそ第一目標 

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 逆情報工作とは何か

「西側のジャーナリストがわれわれの真意とはまさしく正反対のことを書くように、われわれはたえず彼らを仕向けなければならないのだ。われわれの真意を、西欧的な意味合いで正確に、客観的に書いたり述べたりする者があれば、われわれはただちに彼を右翼かファシスト、"赤狩り時代(マッカーシズム)"を再現しようとする者だとして否認し、嘲笑されるように仕向けなければならない

 このような戦術を逆(偽)情報工作(ディスインフォメーション)という。

【参考過去記事】特亜の逆情報工作-国連・海外メディアが日本をたたく理由


大東亜戦争中の索敵方法

偵察機


出典:1977(昭和52)年 ビジネス社 生田 惇 「陸軍航空特別攻撃隊史」 第2章 特攻隊出撃 レイテ航空決戦 4 第二次航空総攻撃

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 総攻撃前の一般状況

 米軍の爆撃下に作戦準備を進めていた第四航空軍は二十三日夜から直轄の第五飛行団で、二十四日早朝から第二飛行師団による航空総攻撃を再興した。第一次総攻撃からちょうど一カ月後のことである。

(中略)

 この日の午後、司偵偵察により空母二隻を含む輸送船十数隻が西進中であり、夕刻にはレイテ湾に進入するであろうとの状況が判明した。

 木下飛行師団長は、靖国隊による船団攻撃を企図した。(後略)



写真偵察

米軍はフィリピンの軍需工場を探すため、写真偵察を行っていました。


出典:1956(昭和31)年 日本文芸社 「現代読本 第一巻第七号 陸海軍航空肉迫決戦総集版」所収 当時第六航空軍第二飛行戦隊 元海軍大尉 宮崎克二 「天翔ける司偵七号機」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 新任務

 南の防衛線サイパン島玉砕の悲報に、我々第四独立飛行隊が泣いて復仇を誓って間もないころ──昭和十九年七月二十三日、私は新任務をうけて、愛機一〇〇式司偵を馳って一路南方洋上目指して飛び立っていた。

(中略)

 今日この日の私の一挙一動は全陸軍、否、国運を賭するやも知れぬ重大な岐路に立っているとも云(い)えるのだ。

 敵手に落ちたサイパン島の初偵察雲集している敵機群の中でどの様にその目的を果して無事帰還するか?司偵乗りは死んでもその航空写真を取ってこなくてはならないのだ。

【一〇〇式司令部偵察機 一型】
100_shiki_sitei_1gata_02.jpg


基地入電


出典:1956(昭和31)年 日本文芸社 「現代読本 第一巻第七号 陸海軍航空肉迫決戦総集版」所収 当時七〇一空一〇五飛行隊 第二菊水隊員元海軍上飛曹 赤田重義 「阿修羅の艦爆機『彗星』」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 無念!搭乗割りに洩れる

──特別攻撃隊──と言えば何よりもまずクラーク基地を思い出す。

 昭和十九年夏にダバオを引き払って私も七〇一空第一〇五飛行隊員としてクラーク基地にいたとき、関隊長以下の敷島隊の発進があったのだ。

 ちょうど比島沖海戦直後で、基地は電波の波だった。

──米機動部隊レイテ近接中

──未明サンペルナルジナ水道を東進中

──ミンドロ東南方に敵艦影

 入電はみな敵機動部隊の近接を告げていた。

(中略)

 壮絶対空砲火の洗礼

 私としても第二菊水隊員として始めての出撃だ。

 第一回でなく、何度でも生命を永らえて攻撃したい気持とこのまま突入しようかと二つの考えが頭の中で渦をまき廻転したが、私はつまらぬ見得をはらずにグラさん(グラマンのこと)に逢ったら何でもよいから逃げて逃げて、攻撃のみ完(まっと)うしようと決心していた。



防空情報


出典:1977(昭和52)年 原書房 寺井俊一 「航空基地 都城疾風特攻振武隊」 中島昭次 -追想-私の都城基地 

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 私は沖縄特攻作戦当時に都城西飛行場におり、戦隊戦闘指揮所や飛行団司令部作戦室の地下壕内で出撃する飛行機との通信や、特攻機の戦果確認をやっていた一通信士です。

(中略)

 実は私達の通信部隊も捷二号作戦に備える為にこの飛行場に派遣されたのでした。現に我々の通信の内容も福岡、新田原、鹿屋、木脇、都城(東・西)、知覧、万世等の各飛行場群との無線による相互対信通信(群通信系の確立)や、足摺岬、細島、都井岬、佐多岬、雲仙、日の御碕、モスリッポ(済州島)等の陸海電探情報の傍受、そして西部軍や沖縄三十二軍発信の、北は千島から南はウルシー、印度(インド)国境に至る迄の敵機の来襲状況を知らせる防空情報の傍受等々、完全な実戦配置でした。



参考:1945(昭和20)年4月10日付 朝日新聞
敵出現の情報がここ某基地にもたらされた


出典:1977(昭和52)年 原書房 寺井俊一 「航空基地 都城疾風特攻振武隊」 都城特攻隊取材録

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 出撃の命は下る

 敵主力空母那覇近海に出現の情報がここ某基地部隊本部にもたらされた。神機到来、かねてこの日を待ち侘び待機中の精鋭陸軍特攻隊振武隊に出撃の命はくだった 部隊本部に集った隊長林少尉(石川県出身)ほか、隊員の面は一瞬殺気を帯び、決意の色がありありと漲った。(後略) 



関連記事
スポンサーサイト