HOME > なぜ人は殺しあうのか? > title - ニセユダヤ最弱伝説|エルサレム問題
2017/12/15

ニセユダヤ最弱伝説|エルサレム問題


ユダヤ人が国を失った理由は、いくじがなかったからだそうです。まあ、そうだから国を失うという一大事になったのでしょう。

ユダヤ人といってもいろんな人々がいて、


・古代ユダヤ人の血統を継ぐシリア人、パレスチナ人、エチオピア人(ソロモン王の血を継ぐといわれる)など

・けいけんなユダヤ教徒

・ニューヨーク貧民街のユダヤ人

・ヤコブ・シフのようなユダヤ系の大富豪

・反ロシア革命派で北東アジアに避難してきたユダヤ人(在満洲ユダヤ人、在日ユダヤ人など)

・西ヨーロッパの反ユダヤ運動を逃れて東ヨーロッパに移住したユダヤ人(杉原千畝さんが助けた人々)

・日本人やネイティブアメリカンのように「もしかしてユダヤ十支族?」と疑われている人種



などがいるわけですが、

いままた大戦争を始めようと画策しているのは、いわゆるアシュケナジ系と呼ばれるイスラエルとウォール街を牛耳っている「ニセユダヤ人」です。

彼らは軍事面では主にアメリカ、イギリス、フランスの陰に隠れ、思想運動では各国共産党、各国政府の裏に隠れていて、表には出てきません。

つまり金で異人種、異教徒の軍隊や政府を動かして、講和会議でやっと表に出てきて権益をむさぼる、という手段で私腹を肥やしてきました。

このニセユダヤ人は「イギリス軍、フランス軍の兵士は虫けらのように死なせてよい」と考えていたそうです。


ヒャッハー!ヨーロッパ、中東、北東アジアに戦争のタネまいたったwwwww by ネタニヤフ

メディアは盛んに米朝戦争やエルサレム問題について「偶発」「意図せず」と宣伝しますが、それはフェイクニュースでしょう。そう考える根拠は、現在起きている現象が第二次世界大戦勃発工作そのままだからです。

戦前コミンテルンはスペイン革命に失敗してアジア赤化に方針転換しました。それが現在ではスペインカタルーニャ独立問題と日本の天皇退位に姿を変えています。

なぜ、スペインと日本がニセユダヤに敵視されるのかといえば、


・両国ともに立憲君主国であり、戦前は反共枢軸国

・戦前スペインは赤軍と国民軍との内戦後、ユダヤ人を国外追放

・日本は大東亜戦争でユダヤ財閥のアジア侵略拠点を攻撃、破壊、侵略した


からです。蘆溝橋事件の謎の銃声が今回は核ミサイルになる、という話です。


↓亡国から2000年、世界統一は1000年属国朝鮮人が世界支配するに同じ↓



いくじがなくて特攻に発狂wwwww

ニセユダヤ人がどこから来たのかは知りませんが、いくじがなくて国を失っておいて、各国の王室を革命で転覆させて世界統一しようという考えは、単なる逆恨みの範囲を超えています。

そもそも「科学的共産主義」と工作員を洗脳して赤化目標国の宗教や帝政などの「オクレタモノ」を排撃させているニセユダヤが、聖書にこだわっているってどういうことですか?

特攻米軍恐慌_350

やっぱり陰湿!
神風特攻隊をテロリスト呼ばわりするユダヤフランスのメディア

フランスカミカゼ1_500

ニセユダヤは戦後の反日教育で日本人がすっかり骨抜きになったと思っているでしょうが、我が天皇陛下と美しい国土、愛する人々に手をかけたら、日本人はまた牙をむきますよ。

「同じ死ぬなら敵も道連れ」という大和魂はまだ生きていますから。


ニセユダヤの武器はデマと迫害

日本人は国際金融資本の手下に約200万人虐殺されました。そのうち約30万人は民間人です。そしてその虐殺は戦後、隠ぺいされました。その日本人にとっての大虐殺魔が戦後は被害者になりすましているという。


エルサレムでイスラエル人がパレスチナ人に刺され重体 米方針転換の余波続く
2017年12月11日 Newsweek

トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定してから4日が経ち、パレスチナ自治区で続いていた抗議活動はほぼ収まった。

一方、エルサレムではパレスチナ人がイスラエル人警備員を刺す事件が新たに起き、レバノンの首都ベイルートにある米国大使館の近くではデモ隊と治安部隊が衝突するなど、米国の方針転換の余波は続いている。(後略)



陸軍省:
共産主義者の自己防衛の常套手段は「デマ」と「迫害」である


出典:アジア歴史資料センター:レファレンスコード:C14020047100:1924(大正13)年 陸軍省 『「米国に於ける猶太人の活動』内容概観」(21コマ目)第三十七章 猶太人ノ典型タル英宰相「ジスレリー」



猶太(ユダヤ)人ガ自己防衛ノ常套手段トスルハ「誤伝」又ハ「迫害」ナリ


戦前日本人の「対ニセユダヤ」言いたい放題がスゴイ


戦前日本人が無敵すぎるので、参考までに掲載しておきますね。

1938(昭和18)年:
・神の選民ユダヤ人を恐れるな、日本人は一人一人が神性をともなっている
・ユダヤ人の国家は容易に滅ぼされる
・ユダヤ人は居住する国を転覆させるため世界的反ユダヤ運動が起きている
・ユダヤ人はコンマ以下


出典:1938(昭和18)年 大亜細亜建設社 若宮卯之助〔述〕 「時局と猶太人問題」 七、収束(結論)

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 猶太人の話は、大抵なお方は、猶太人怖(おそ)るべしといふ感じをお抱きになるやうですが、それは日本人から観れば、全く謂はれのないことであります。わたくしは、常にいふのであります。猶太人は讒(わづ)かに神の選民であり、選民たるに止(とど)まるものである。日本人はそれ以上だ、何となれば、日本人は人々自ら神性を具(ともな)って居るのであり、人々自ら穢れを祓うて了(しま)へばその儘(まま)に神であることを信じて居るからだ。猶太人が自ら神の選民であるといひながら、社会の賤民として、二千年以上の流浪生活を余儀されて来た歴史の意義は、極めて重大であります。猶太人は決して怖るゝに足りません。


【過去・現在・未来の日本人は天照大神が創り給うた一つの命】
日本人は共感力が高く、テレパシーで会話し、すべての生命をいつくしむ。
amaterasu1_20160711124002c3f.jpg


 次ぎには、猶太人は、他の古代民族が、次ぎ次ぎに歴史に姿を消して居るにも拘(かかわ)らず、今日まで永らえるを得たことは不思議であり、実に不思議、不思議そのものが猶太民族であると言ふて、強ひて彼等(かれら)を神秘化せんとするものも、日本人の間にはあるやうですが、これ亦(また)謂はれないことであります。何となれば、猶太人が亡びなかったのは、不思議でも何にでもないのだ。彼等が命脈を持続し得たのは、主として彼等が不定形の存在であり、コンマ以下の或(ある)物であり、一種の日蔭(ひかげ)者であったからである。彼等にして若(も)し正式に政治上の責任を負ふの地位に占めて居たならば、即ち国家生活を営んで居たならば、彼等の国家が、容易に他国から亡ぼされて居たことは、容易に推測の出来る事実である。彼等は二千年来、主として一種の寄生的存在として、その寄生した国々の隙につけ入って、勝手なことを演じて居たのである。彼等は表面上の地位に居らなかった、それ故に根本的な攻撃を免れて、その命脈を保つことが出来たのである。彼等にして政権を得て居たならば、彼等の国家興亡の跡方(あとかた)は、他の国家興亡の歴史と類似のものであったらうと推断されるのであります。


【スペインからユダヤの国ベルギーに逃亡したプチデモン氏】
スペイン内戦そのまんま。
プチデモン1


 現に彼等は大帝国の露西亜(ロシア)を倒してからといふものは、世界各国を覆へす為(た)めに、積極的に老辣手段を用ひて居りますから、彼等の国際的活動の華々しき反面には、殆(ほとん)ど全面的に近いやうな反猶太運動が、国際的に、潜行的に進行して居るのであります。即ち日、独、伊の防共協定(のちの日独伊三国同盟)の成立といひ、西班牙(スペイン)国内の形勢といひ、英国外交策の転向といふ、独墺(オーストリア)併合の事実といひ、波蘭(ポーランド)の新活動といひ、米国に於ける反猶太運動の内面的進行といひ、支那に於ける猶太策士の大違算(日本がユダヤ財閥のアジア侵略拠点を攻撃破壊したこと)といひ、世界の形勢は、彼等国際的猶太人に取って、決して有利に動いて居らないのであります。最後に、猶太人問題の為めに、特に御列席の各位に対して、お願(ねがい)があるのであります。猶太人問題は、全世界に亘(わた)って、人間生活第一を、裏から動かして居る秘密力の問題であります。その秘密力の一面が、経済上の国際的活動であることは、これ亦(また)論のない所であります。隨(したが)って各位の経済調査の一項として、この秘密力の少くとも経済的一面は、皆さんの領域に属するものであると思ふのであります。──甚(はなは)だ不十分でありましたが、これにて御免を蒙ります。(終)



1941(昭和16)年:
ユダヤ人はいくじがないから国を失うというマヌケな目にあった


出典:1941(昭和16)年 経済時論社 片倉藤次郎 「世界の脅威ユダヤ人問題と日本」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 〇百年前のユダヤ人排斥理由

 第一の点、即ち、ユダヤ人が異教徒を嫌ふことは聖書を読めば直(す)ぐに判明することである。第二のユダヤ人の怯懦(きょうだ:気が弱い。いくじがない)であることは欧洲の何れの国に於ても中世紀頃にはユダヤ人を軍人に用ひなかった事が何よりも良くこれを立証してゐる。彼等は生来尚武の民ではなく、陰鬱、陰険な民族である。彼等が怯懦な民族でなかったならば全民族挙(こぞ)って無抵抗裡に郷国から放逐される様な間抜けた目には会はなかったであらう。




1924(大正13)年10月:
徴兵逃れで出国したユダヤ人、日本の天皇陛下と国体を理解できなかったユダヤ人

居住していた国に徴兵されたら一日だけ在営して逃亡したそうです。これは政権与党が血道をあげている移民政策についても言えますね。

ニセユダヤを迫害した国家は衰亡するそうですが、日本にも「日本に敵する者は必ず滅びる」という必殺ワザがあります。このワザは経済という物理的なものではなく、形のないものによって発動されます。


出典:1926(大正15)年 培風館 太田順治 「欧米素描」 和蘭(オランダ)人と猶太(ユダヤ)人

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 私と話をした猶太人の一人は、あまり教育のある人とは思はれなかった。彼の話によると、彼は波蘭(ポーランド)生れであるが欧洲大戦争(第一次世界大戦)二ヶ月前に渡米したのである。如何なる動機で渡米したかと聞けば、兵士に召集せられたからで、一日だけ在営して直(すぐ)に抜け出たのだといふ。それでは戦争の勃発を予知したからであらうといふと、其(そ)の通りであると正直に答へる。波蘭は今独立国となって結構だといへば、そんなことはどうでもよいが、自分たちのゐた頃は、少しでも金を持ってゐるやうなふうを見せると、直に政府から没収されてしまふ、それ故に常に貧乏を装ふ必要があった。その点が改善されて居れば初めて結構であると、如何にも猶太人らしいことをいふ。何故に帰省するのかと問へば、親を訪ねる為である、親孝行は猶太人の第一道徳であるといふので、これまた意外と思ひ、何故であるかと聞けば、其の答が振ってゐる。即ち、子は三人でも四人でも生れるが、親は常に二人だけときまってゐるからであると答へる。

 私と話した他の一人の猶太人は立派な教育のあるドクトルであった。やはり帰省旅行であるが、郷里は自分の出る時には露西亜(ロシア)領であったが、大戦争の結果ブルガリア領となってゐると平気で答へる。彼はさすがに研究心が強くて、日本のことについて色々尋ねたが、何についてもよく了解する、しかし話が日本の国体問題にふれると、どう説明してもわからないらしい。彼の質問の要点は、ロシアにも議会があったが、議会が決したことでも、皇帝の気に入らなければ、独断の政治を行った。英国には国王があるけれども、総(す)べての権能は議会にあるから、いはゞあれども無きが如しである。日本の天皇陛下はその何れに類似して居られるか。私は日本の天皇陛下は議会の意志によって政治を行はれると答へると、彼は言下に、陛下の意志と議会の意志とに相違があったらどうなるかと反問する。私は絶対にそんなことがないと信ずるが万々一にあったとしたら、議会はもちろん陛下の御意志に従ふに躊躇するものでないと答へ、なほ日本の家族制度、其の拡張とも見るべき君民の関係、国体の比類ない歴史を説いて、我が日本が露西亜其の他の諸国と、実質に於て非常に異なることを説明したが、彼は冷酷な家庭に育ったものが、温い家庭の有様がわからないのと、同様な様子であった。

 彼等猶太人にはお国自慢が出来ない代りに、民族自慢が出来る。私は此(こ)の二人からそれを聞かれていやになったくらゐであるが、今その要点を列挙すると次の通りである。

一 猶太人は世界で最も純粋な民族である。
二 猶太人は他の民族よりも智(知)能に於て、一段と勝(すぐ)れて居る。
三 世界的の科学者・音楽家・富豪には猶太人が非常に多い。
四 古来猶太人を迫害した国家は、必ず衰へてゐる。例へば西班牙(スペイン:共産勢力と国民との内戦の結果、ユダヤ人はスペインから追放された)の如きがそれであって、経済的に破滅してしまふ。
五 猶太人は現在千五百万程ある、其の中(うち)七百万は露西亜に、三百万は米国に、あとの五百万が其の他の諸国に分布して居る。(一九二四、一〇)



1940年7月1日:
ベルギーのシオニスト機関紙「猶太の将来」第191号
「第二次世界大戦後、すべての道はエルサレムに通ずる」

エルサレム回復運動も英・米・仏軍頼みですからね。このエルサレム騒動というのは、歴史的になんの背景もない人種が「神の選民」というハクがほしいって話なのでしょう?


出典:1941(昭和16)年 政経書房 国際政経学会調査部訳編 「今次大戦と裏のニュース:世界猶太情報」

※管理人注:( )および〔 〕内は管理人による注釈です。


 猶太人の誇大妄想(独逸〔ドイツ〕情報 一九四〇・七・一)

 ベルギー内のシオニスト機関紙「猶太の将来」一九四〇年一九一号には次の如き一節がある。

この戦争が終ると共に、凡(すべ)ての道はエルサレムに通ずると言はれる様にならう。中央ヨーロッパと東方ヨーロッパに関する凡ての問題で、パレスチナ問題の先決を待たずして解決されるものは一つとしてない。」

 この言分は、例によって途方もない猶太誇大妄想狂の新しい証拠材料であり、猶太人が白々しく否定する世界支配計画に属する告白である 英仏の兵士を戦争で虫けら同様に死なせるのは至極当り前のことであると猶太人は考へてゐて、講和となれば自分等(ら)だけで条件をすっかりきめるのだと見越してゐるが、過去十年の経験に徴しても判るはずだが見込違ひも甚(はなは)だしい。来るべき講和会議では猶太人が半句の発言権も得ることは出来ない。而(しか)も実はこれが、英仏の人民に取ってせめてもの無念晴しになるであらう。

【「虫けら」ですってよwwwww】
シンガポールで日本軍に投降する英軍。
ジョホールイシンガポールギリス軍降伏1_400

【オランド元仏大統領「フランスはユダヤ人の祖国だ」】
フランスは変な自由だらけですから、ま、いっかって感じでw
オランドフランス猶太祖国1


1941(昭和16)年:
ユダヤ人の結婚式ではエルサレム快復を肝に銘ずるため、さかずきを落としてこわす

寝ても覚めても「エルサレム」。物質至上主義者は物質への執着がスゴい割には、手に入ったとたん興味をなくしたりするんですよね。

その程度のことで世界大戦なんか起してほしくないですね。


出典:1941(昭和16)年 内外書房 四王天延孝 「猶太思想及運動」 第二篇 猶太民族に関する予備知識 第四節 信仰の熱烈

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 又結婚式の場面も大に他民族に見られない異(か)はった光景を呈するのである。先(ま)づ第一杯の盃は目出度(めでたく)新朗(原文ママ)新婦の間に酌みかはされ、第二杯目を注ぎ終ると、坊さんが祈祷の相当長いのを始める。煩(わずら)はしいから前の大部を省略するが、終りの方に次の文句がある。

 遠からずしてエルサレムの街にユダヤの町に歓楽の声と花婿花嫁の声起り、祭壇からは喜びに満てる夫の声、唱歌壇からは若い男女の美声が響き渡るであろう。
 花婿をして花嫁と共に楽(たのし)ましめ給ふ主に光栄あれ

此の祈祷が終ると花婿は手にして居る盃を床に落して毀(こわ)して終(しま)ふ。極めて熱烈なのになると態々(わざわざ)盃のコワレたのを更に靴で粉々に踏みにじるのである。何れにしてもユダヤの亡国エルサレムの喪失を哀(あわれ)み、是が非でも之(これ)を快復して、神の約束を果さなければならぬといふ事を結婚当夜から肝に銘するのである。



1936(昭和11)年:
軍需資本家の背後にはユダヤ人がいて第二次世界大戦を計画している

ニセユダヤにとって戦争はビジネスですから、第三次世界大戦を画策していても不思議ではありません。


出典:1936(昭和11)年 森田書房 小松孝彰 「戦争と宣伝の戦慄」 二 軍事宣伝の戦慄 (イ)戦争を製造するプロパガンダ 5 米国を引づった怪物戦
 
※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 彼等(かれら)軍需資本家及びその背後関係には恐る可(べ)きユダヤ人が介在する。彼等は第二次世界大戦をすら計画してゐるのだ。而(そ)して今日に於ては之等(これら)軍需資本家に迎合し愛国者面をして奔命(ほんめい:いそがしく活動すること)する者が輩出して来た。


【この人のこと?】
ティラーソン米国務長官「無条件で北朝鮮と話し合う」
日本政府「どういうことだ!?」
安倍総理1_250【参考記事】米国務長官「無条件対話」に露「感動的」日「困惑」ライブドアニュース:2017.12.14


 軍需工業の国家経営は之等悪質の徒を排するとともに恐る可き戦争の煽動を
抑圧する唯一の手段である。

【韓国の徴用工像】
日本が米英と同じだと思っているタカリ国家。
徴用工像1_400【参考記事】戦犯企業は日本軍管理・監督工場だった


1926(大正15)年:
ユダヤ人の脅威とは経済面での脅威

ここ数年スピリチュアル系の人々の間ではしきりに「アセンション=地球の次元移行」という言葉が使われているようですね。

本当に地球がアセンションするなら、これまでの貨幣価値から貨幣で計れないものに価値が置かれるような次元に移行してほしいと思います。


出典:1926(大正15)年 培風館 田中寛一 「日本民族の将来」 第六章 社会的環境と民族の素質の変化 第二節 社会的淘汰と猶太民族

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 過去及び現在に於て欧米の学界に牛耳を執って居る学者中に猶太人の多いことと、世界の金融市場の中心地と称せられるニウヨークのウォール街から猶太人が手を引けば相場が成立しないと称せられることゝは社会的環境の影響の結果の著しいことを雄弁に物語って居るものである。 


お・も・て・な・しのようなね、価値観に移行したらいいね。
おもてなし1



【画像出典】
1942(昭和17)年 大本営海軍報道部編纂 「大東亜戦争海軍作戦写真記録 1」


関連記事
スポンサーサイト