HOME > 国連(容共超国家機関) > title - ユダヤ難民を保護したのは上海のユダヤ人富豪!中共ではない
2017/11/01

ユダヤ難民を保護したのは上海のユダヤ人富豪!中共ではない


ユダヤ人の命を救った外交官杉原千畝の「杉原リスト」がユネスコ世界記憶遺産登録を見送られ、杉原リストを推した日本ユネスコ国内委員会が困惑しているそうですね。

その「杉原リスト」が見送りになった理由は、中国が申請している「上海ユダヤ難民記念館」を記憶遺産に登録するためではないでしょうか?

中国は「ユダヤ難民を保護したのは中国」ということにして「上海ユダヤ難民記念館」を登録申請していますが、実際にユダヤ難民を保護したのは上海に住んでいたユダヤ人富豪ソフィア・トエグ夫人でした。

トエグ夫人は約8万人のユダヤ難民を保護したそうです。

今後杉原リストが登録NGで、中共の「上海ユダヤ難民記念館」が記憶遺産に登録ということになれば、中共と国際金融資本との関係が明らかになっておもしろいですね。

国連は容共連合国が設立した共産主義的超国家機関であり世界撹乱機関です。

共産党は労働者の味方などではなく、巨大資本の搾取要員だということがバレてしまうわけです。


【ソフィア・トエグ夫人】
すまん。こういう写真しかなかったw
ソフィア・トエグ夫人1

このトエグ夫人ですが、富豪でありながらコミンテルンとも関係があるといわれていたそうです。


ソフィア・トエグ夫人関連資料

当時、上海在住のユダヤ人は1500~2000人程度でした。

驚いたことに蒋介石は侵略者である異人種がさらに同族を8万人も支那に流入させたことを「救済事業」として顕彰したそうです。これも日本が支那を見限った理由でしょうね。ここまで媚びるか、と。


出典:1937(昭和12)年 国際政経学界編 「支那を繞(めぐ)り政治・経済・並に宣伝に活躍する上海猶太銘鑑」(上掲写真もおなじ)

※管理人注:〔 〕内は管理人による注釈です。


 【71】ソフェア・トエグ夫人 Mrs. Sophia Toeg

住所 上海越界路大西路四五号
別邸 共同租界威海衞路七四五号
財産管理事務所 セントラル・アケド十九号
公職 上海サイオニスト協会会長
 〃 上海猶太避難民救済会会長
 〃 パレスタイン(パレスチナ)復興基金管理委員
 〃 都益地産公司重役
 〃 猶太居留民教育会財務委員

 千八百八十五年エルサレムに生る、英国籍猶太人にて財産百万〔ドル〕と称す。

 各種の事業に関係し上海同族人間に名望ある貴族型の美貌の持主なり。当年五十二歳。

 トエグ夫人は幾多の公共団体の幹部に就任する外〔ほか〕各種営利会社に投資し土地会社、貿易会社、工場、或〔あるい〕は旅館等就中〔なかんずく〕モダンアパートメントを数ヶ所に建築し上海のアパート王と称せらる。

 本宅は大西路四五号トエグアパートの一部にあり。別宅を威海衞路七四五号に有す。外〔ほか〕に夫人の財産を管理する総事務所をセントラルアケド十七号十九号に有す。管理事務は全部 Edward Toeg 氏に一任し、夫人自らは関係団体の事業に没頭す。

 夫人は上海のサイオニスト〔シオニスト〕協会を領導し、又一九一七年バルフォア宣言後猶太の祖国パレスタイン〔パレスチナ〕の復興事業に努力を払ひ、上海にあっては復興協会復興基金募集委員となりパレスタイン-上海を往復する事十回に及ぶ。

 一九三三年独逸〔ドイツ〕に猶太排斥運動勃発し同族人の避難民救済機関として上海に救済委員会を組織し、翌年四月夫人は英京〔首都〕倫敦〔ロンドン〕に赴きて独逸より避難する者の救済手配を致し二千噸〔トン〕級の伊太利〔イタリア〕汽船をチャーターして回航せる等活動目覚しきものがあった。夫人の手に救はれたる避難民は実に八万人に上ると云〔い〕はる。

 其〔その〕他支那に対する夫人の救済事業は顕著なるものありと認められ、民国二十五年〔1936年〕の革命二十五週年記念として国民政府は夫人に大型の記念額を贈って表彰した(猶太人にて之〔これ〕を受けたるものビクター・サッスーン卿とトエグ夫人の二人なり)

 註 トエグ夫人の大西路アパート内に共産党の指令本部が秘設せられて居るとの説あり、蘇聯〔ソ連〕人が多く居住す。




出典:1940(昭和15)年 通信調査会編 「支那財閥の解剖と在支外国資本の概況:特別調査報告」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 三、上海の猶太要人

(ヘ)ソフィア・トエグ夫人──上海のアパート王といはれ財産百万弗(ドル)を算する猶太富豪である。現在では同族人の避難民救済事業に関係し、一九三三年ナチス・ドイツが猶太人排斥政策を実行するや、約八万人の同族人を救済したといふ活動家である。




たった1500~2000人のユダヤ人に支配され搾取された中国人


出典:アジア歴史資料センター:レファレンスコード:A04010400600:内務省警保局 「外事警察報第11号~第15号」(56コマ目)

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 二 上海に於ける猶太人

 上海在住の猶太人は其(その)数正確に分明せざるも千五百乃至(ないし)二千人の間を往来し居るものゝ如く、主として露国人、波蘭(ポーランド)人及少数の独逸(ドイツ)人を包含する欧羅巴(ヨーロッパ)系猶太人と、旧土耳古(トルコ)領内出身者たるアラビヤ系猶太人に分類することを得。

 而(そ)して之等(これら)も亦(また)彼等が全世界に渉(わた)り経済界に優越なる地歩を占むるの例に漏れず、同地財界に頭角を顕はし、土地家屋の如きも多くは彼等の支配下に在り。彼(か)の上海の中枢地域南京路の大部がS.H.Hardoon の所有にして、共同租界の中心地虹口方面の大部分が Ellis Katusie の所有なる等は其(その)尤(もっと)もなるものなり。




2015年8月9日付 産経ニュース
中共が上海難民資料を記憶遺産申請へ


中国、上海ユダヤ難民資料を記憶遺産申請へ 旧日本軍が保護の史実を隠蔽 「抗日戦勝70年」の一環に
2015年8月9日 産経ニュース

 【上海=河崎真澄】戦前に欧州を追われ、上海に逃れてきた3万人近いユダヤ難民の資料を「世界記憶遺産」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録する申請作業が中国で進んでいることが8日、関係者の話で分かった。ユダヤ難民は旧日本軍が当時、上海北部の日本人居留区に「無国籍難民隔離区」を置いて保護した経緯があるが、中国側はこうした事情をほぼ封印し、「抗日戦争勝利70周年」の一環として、中国がユダヤ人保護に貢献したかのように国際社会にアピールする考えだ。

 今回の申請作業を進めているのは、戦時中は摩西会堂(ユダヤ教会)と呼ばれ、現在は上海市虹口区当局が管轄している「上海ユダヤ難民記念館」。記念館が集めた難民の名簿や遺留品、旧日本軍が管理した隔離区(通称・ユダヤ難民ゲットー)に関する資料、難民から聞き取った証言などをまとめ、中国政府とともに登録を働きかけている。

 申請作業と並行し、9月3日に北京で大規模な軍事パレードなど一連の抗日戦勝利70周年記念イベントを行うのに合わせ、記念館や「リトルウィーン」と呼ばれたユダヤ難民の住居やダンスホール、カフェなどが立ち並ぶ、当時としては自由を謳歌(おうか)したエリアの建築物改修を終える予定だ。(後略)



富豪とコミンテルンは敵対しているように思われますが、国が人の屠殺場になる共産主義も毎日が占いのような資本主義もどちらもユダヤ発祥の思想であり、どちらも「搾取」が目的の思想なので根は同じです。

赤化目標国が資本主義であればその経済を巨大資本で乗っ取り、次に共産革命で人民の私有財産も根こそぎ強奪する。資本主義のあとに共産革命が用意されているのは、そういう段取りだからです。

それに共産党員は金がすべてですから金をにぎらせればユダヤ人商店は襲撃しないという仕組みになっています。ロシア革命のときも、大塩平八郎の乱でも同じことはありました。


ユダヤ難民を保護したという西洋植民地時代の中国を見にいく

イギリスのアヘンでボロボロだった清国人w

中国アヘン1

支那の一輪車。朝鮮の猫車は支那発祥だったw

中国アヘン2

朝鮮の猫車。王族、貴族しか乗れないところが朝鮮w

朝鮮猫車1

西洋の一大植民地支那の貧しさから逃げだした華僑

蓮舫氏証明写真1

この状態でユダヤ人を3万人保護したと言っているわけですよ、中共は。

まだ日本にも反撃のチャンスはあります。


国際金融資本とのつながりが深い共産党
1920(大正9)年上海で中国共産党誕生


出典:1932(昭和7)年 外務省情報部 「支那共産党史」 第一章 中国共産党の成立

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 かくて彼(コミンテルン極東部長ウオイチンスキイ)は支那赤化の第一選手として来支し、北京で李大釗と会見した結果、その紹介に依って上海にゐる陳独秀と会ふことになった。陳は北京大学辞職後、当時北京の盛り場であった新政界の頂上から、共産主義鼓吹の伝単(ビラ)を撒布して検束されたりして、純然たる共産主義者となり済ましてゐたが、久しからずして上海に潜行し、支那共産党組織の志を懐(いだ)いて、種種奔走を試みてゐたのであった。かうした環境の陳独秀に取って、李大釗からのウオイチンスキイ紹介は全く渡りに船であったらう。かくて同年五六月頃、両者の歴史的会見が行はれ、その結果同年秋九月、上海仏(フランス)租界霞飛路漁洋里二号『新青年』総編集所(陳独秀宅)に於いて、中国共産党がはじめて成立した。コミンテルン創立(一九一九年三月六日)後約一年有半にして、支那にも微弱ながら共産党の組織を見るに至ったのである。

 ところがこの中国共産党の成立期については、一九二〇年説を採るものが多いのは事実であるけども、その正確な時期を指定したものは一もなく、且つ成立当時の状況についても、ほとんどこれを詳説したものを見ないと同時に、一九二一年説も少なからずあるのである。(後略)



台湾独立運動の策源地も上海~日本から台湾を強奪するための策動

中国共産党が戦前は満洲を侵略し、今は尖閣諸島に足しげく通ってくるその意味がわかりますね。誰が尖閣諸島や沖縄を欲しがっているのか。


出典:1936(昭和11)年 日本警察社編 「思想警察通論」

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


五 台湾共産党は、未だ勢力的発展を見ず、確固たる地盤を有するに至らざる間に発覚潰滅せしめられたものであるが、その結成準備会の如きは主として上海に於て行われ、日本共産党の民族支部として組織されたものであり、直接にコミンテルンと連絡があったわけではなくして、日本共産党を通じて世界赤化運動の一部を成していたものである。

 云うまでもなく暴力革命による台湾の完全なる独立、民主的共和国の創設等々を目的とし、それによって日本の国力を減殺せしめ、日本プロレタリヤ(生産手段を持たない無産者=労働者)と協力して日本帝国の赤化を企てたるものであり、これ等(ら)の点は国際共産党(コミンテルン)の植民地の解放理論(植民地を赤化し帝国主義国である宗主国に反抗させ帝国主義国の国力を弱体化する理論)をそのままに遵守したるものである。




ユネスコ、「杉原リスト」を見送り


登録見送りの杉原リスト、「ユネスコから理由説明ない。なぜ…」関係者困惑
2017年10月31日 産経ニュース

 第2次世界大戦中に多数のユダヤ人の命を救った外交官の杉原千畝(ちうね)の資料「杉原リスト」が「世界の記憶」(世界記憶遺産)への登録を見送られた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)から不登録とした理由の説明はなく、関係者から戸惑いの声も上がる。

 有識者でつくる日本ユネスコ国内委員会は2015年に杉原リストを国内候補に選定した際「杉原の人道的業績について世界的な重要性を説明する」と評価していた。国内委の担当者は「理由開示がなく、なぜ不登録となったか全く分からない」と話した。(後略)





【写真出典】
1901(明治34)年 東洋社 坪井正五郎、沼田頼輔編 「世界風俗写真帖 第1集」

スポンサーサイト