HOME > 皇室 > title - 女性宮家と朝鮮人の繁殖力
2017/06/04

女性宮家と朝鮮人の繁殖力


秋篠宮眞子内親王殿下の「ご婚約」報道がなされる約一カ月前、民進党の津村啓介議員がツィッターで「今25歳の眞子さまがご結婚されるまでに女性宮家創設を」とツィートしています。



女性宮家民進党津村1
民進党津村啓介議員のツィート

・2017年3月23日
「女性天皇の議論を始めるべき。秋篠宮殿下が皇位を継承するのは女性天皇誕生に逆行する」

・2017年4月19日
「今25歳の眞子さまがご結婚されるまでに女性宮家を創設し、愛子さまが立太子の要件を満たす2019年12月1日までに皇室典範を改正して女性天皇誕生への道を開く」

・2017年4月20日
「男性の伴侶も皇室に迎えるべき」

・2017年4月23日
「民進党は女系天皇の議論を喚起する」

民進党津村啓介議員ツィッター:https://twitter.com/search?q=%E6%B4%A5%E6%9D%91%E5%95%93%E4%BB%8B&src=typd&lang=ja


もし眞子内親王殿下のご婚約が民進党とNHKが共謀しての策動ならば、女性宮家が創設されたのち、女性皇族はどうなってしまうでしょうか?

まずは、強制的に朝鮮人か日本人であっても共産主義者と結婚させられるでしょう。

なにしろ今回の「ご婚約」報道や「天皇退位」の時のように、ゴシップテレビ局になりさがったNHKがスッパ抜いたことにすれば、いくらでも「ご婚約」を捏造することは可能です。

そして朝鮮人や共産主義者と強制的に結婚させられた女性皇族は、朝鮮人は日本人にくらべて繁殖力が非常に旺盛ですから子供をボロボロ生まされるでしょう。

そうして女性宮家から女性宮家が分家して、女性宮家は無限に増えていくのです。


朝鮮総督府:日韓併合後から朝鮮人は爆発的に繁殖し始めた。理由は食糧・衛生の向上

年 次内鮮別出生率
1910/
明治43
日本人16.6914.2530.94
朝鮮人7.246.1013.34
1911/
明治44
日本人13.1212.4825.60
朝鮮人10.739.3320.06
1912/
大正元
日本人14.8812.9427.82
朝鮮人15.3413.5928.93
1913/
大正2
日本人13.7212.8626.58
朝鮮人15.7714.0829.85
1914/
大正3
日本人14.7913.8128.60
朝鮮人14.8113.3428.15
1915/
大正4
日本人12.9611.4424.40
朝鮮人14.6212.7327.35
1916/
大正5
日本人13.6912.4926.18
朝鮮人17.9315.9733.90
1917/
大正6
日本人13.3311.8725.20
朝鮮人17.8916.0433.93
1918/
大正7
日本人13.0411.8124.85
朝鮮人17.9516.2034.15
1919/
大正8
日本人12.4010.9723.37
朝鮮人14.7813.0027.78
1920/
大正9
日本人12.3910.8623.25
朝鮮人14.8512.8527.70
1921/
大正10
日本人12.7511.5024.25
朝鮮人16.0913.7529.84
【出典】1923(大正12)-1935(昭和10)年 朝鮮総督府 〔朝鮮総督府〕調査資料 第22集 「朝鮮の人口現象」


その後、女性皇族にはさらなる不幸が訪れます。

その不幸とは、朝鮮民族の慣習である蓄妾(ちくしょう)制です。朝鮮には金持ちだけでなく貧乏人でも愛人を持つ慣習があるのです。作る愛人の数は財力があればあるほど多くなります。

その結果、宮家の外にも子供ができます。少々ハレンチなことをしても、マスコミは報道しないから安心して淫行にふけることができます。

わざわざ外に子供を作らなくても朝鮮式でいくならば、一つ屋根の下に正妻と愛人が同居するのはごくふつうのことなので、何か名目を作って愛人を宮家に住まわせることも可能です。

もし妻である女性皇族が口出しするようならば、暴力をふるってだまらせます。なにしろ朝鮮半島では正妻に夫の外での淫行を批判する権利がないからです。

女性皇族の夫が朝鮮人であれ、共産主義者であれ、皇室を憎み、暴力をふるうのは同じです。


【朝鮮の正妻】
朝鮮道徳乳出し1

そして、朝鮮人は徹底的に男系の血統を尊重するので愛人の子も宮家の子として扱われ、男子は皇位継承者になるでしょう。

もし子供が朝鮮ではさげすまれる女子であっても、日本ではお金になります。

なにしろ、ちょっと恫喝して愚かな日本人に女性宮家という制度を作らせたのです。

ですから、女性皇族である女子は女性宮家を創設し、一生日本人の税金をむさぼりながら遊び暮らし、当然配偶者は外部からむかえます。

そうやって女性宮家は朝鮮人の繁殖力に比例して無限に増えていき、やがて本来の皇統は消滅していくのです。

皇統が消滅したあと、日本人に残されるのは皇居や御用地でくりひろげられる朝鮮人の、暗殺をともなう権力争いと日本人弾圧でしょう。

それがしばらく続いたあと、祭祀が断絶したことにより、日本国も滅亡します。


【天照大神の「天壤無窮の神勅」で日本統治を託されたのは天皇ただ御一人】
amaterasu1_20160711124002c3f.jpg

自民党は「女性宮家と皇位継承は切り離す」などとあまっちょろいことを言っていますが、民進党や朝鮮人がそんな決まりを守ると思いますか?

日韓併合時代、朝鮮総督府や日本政府がどんなに渡航阻止政策を実施しても一切守らず、朝鮮人は一攫千金を夢見てドトウのように日本に移民してきたのですよ?


1935(昭和10)年 大阪朝日新聞
「朝鮮で爆発的に増えた朝鮮人が家族ごと日本に出稼ぎに来ている」


女性宮家新聞記事1
人口の急増加に伴わぬ産業 内地、満洲へ溢れ出る因
大阪朝日新聞 1935.6.11-1935.6.29 (昭和10)

 現在朝鮮における労働者の供給力は、頗る旺盛である。その第一の原因は、朝鮮殊に南鮮地方の人口が過剰状態に陥っていることであり、第二の原因は幼少年労働者の使用に何らの制限も加えられていないことおよび近来朝鮮婦人の間にも労働のふうが興ってきたことである。
 内地から朝鮮に旅行した人は、帰途釜山で或は麗水港で、内地渡航の白衣の群が、何事かを喚き合いながら別れを惜んでいる港風景に接するであろう。これらの渡航者は殆んど全部内地に出稼ぎする労働者かその家族だといってよいが、最近目だってその人数が増えてきた。
 朝鮮総督府では、帰国者の吹聴や内地在留者よりの手紙を妄信して漫然内地に渡ろうとするものが渡航者の大部分を占め、結局内地で失業の憂目をみた揚句犯罪に陥るものも少くないというので、大正十四年十月以降埠頭に役人を常駐して就職口確実な者以外は内地行きを懇諭中止せしめるように努力している。しかし鮮内の渡航熱は依然旺盛だ。昭和八年の如きは、渡航者教と帰国者数とをさし引き六万四千人が内地に在留しており、過去における最高記録を示している。

(中略)
 それにも拘わらず、朝鮮人が出口さえあれば物凄い勢いで外部に溢流しようとしているのは、急速な人口増加に経済的発展が並行しえないからである。
 明治四十三年末に千三百三十一万三千人であった朝鮮人口は、昭和八年末には二千七十九万一千人に膨脹している。前者を一〇〇とすれば後者は一五六・一七の割合である。また半島人口の自然増加率(死亡に対する出生の超過率)をみると、明治四十三年当時千人につき五・二六人であったものが、大正十三年より昭和八年にいたる十ケ年平均は一四・六五人に改善されている。この増加率が如何に高いものであるかは図表によって明かであろう。
 かく人口増加の状態が向上を示したのは、経済の発逹と衛生の進歩を促した総督政治の賜(たまもの)である。即ち「由来半島の地は、新羅、高麗、李朝を通じ、旱魃、水害、風害等による凶作飢饉が頻々として襲来し、また各種の伝染病が蔓延流行して、一時に多数の餓死または斃死者を出したので、人口増加は遅々として進まず、時には却って減少を来した時代すらあったのである。

神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 日本植民地経済事情(14-152)



そうやって朝鮮人は自由意志で日本に移住してきたにもかかわらず、今どうなっていますか?

「朝鮮人は帰れ」は「差別だ、ヘイトスピーチだ」とまくしたてて、日本国は朝鮮人を差別しているはずなのに日本政府は急いでヘイトスピーチ解消法を成立させました。

その結果、日本人が言論弾圧されている始末です。

いくら政府が「罰則はない」と言っても、地方で条例が施行され、罰則が設けられつつあるのが実情です。

戦前、朝鮮人は日本渡航を許可したらドトウのように日本に押しかけて来て、日本人の雇用を奪い犯罪を犯し共産運動を謳歌し、昭和天皇を何度も爆殺しようとしました。

現在はヘイトスピーチ解消法を成立させ、その次は地方に働きかけて日本人を弾圧する条例を施行させました。

今回問題になっている「女性宮家創設」も同じです。

決して朝鮮人が入りこむ「よりどころ」を作ってはいけないのです。

ことに「女性宮家」は国体破壊につながる皇国史上最大最悪の危機なのです。

「差別だ!」などという共産党の単純なスローガンで見過ごしてよいものではないのです。


大阪市、神戸市、川崎市で日本人弾圧条例を制定、施行
その他の自治体でも検討中


神戸市がヘイト条例制定へ 年度内成立目指す
2017年5月16日 神戸新聞NEXT

 特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)抑止に向け、神戸市議会(定数69)の日韓友好神戸市会議員連盟(47人)が議員提案での条例制定を検討していることが16日、分かった。本年度内の成立を目指す。(若林幹夫)

 同様の条例は、大阪市で昨年1月に全国で初めて制定。ヘイトスピーチをしたと認定すれば、団体名を市ホームページで公表する。

 神戸市は外国籍の住民が多く、多文化共生のまちづくりが進む。同議連は先行事例を参考に、相談窓口の設置など具体的な内容を検討し、2月議会に提案する方針という。

 公益財団法人「人権教育啓発推進センター」(東京都)のまとめによると、兵庫県内で2012年4月~15年9月、ヘイトスピーチ関連のデモや街宣活動が41件確認された。神戸市によると、昨年10月末に神戸・三宮でデモが行われたという。

【その他のヘイトスピーチ条例】
ヘイトスピーチ動画、内容とハンドル名を公表 大阪市(朝日新聞)2017年6月1日
ヘイトスピーチ対策法、成果と課題と まもなく施行1年(川崎市)(朝日新聞)2017年5月30日



「天皇退位特例法案」は衆院を通過しました。この法案は「国民の理解」によって提出されたことになっていますが、管理人は理解していません。

終戦直後、武力と昭和天皇の生命を人質にとって11宮家は強制臣籍降下させられました。

日本政府はまたもや民進党の「審議拒否」という暴力によって皇室を危機におとしいれるのでしょうか?

「天皇退位特例法案」とそれに付帯した「女性宮家創設」は絶対に成立させてはなりません。

日本国の本来のかたちは天皇と国民が直接結びついていました。それが年月を経るにつれ、幕府やら政府といった天皇と国民を分断する組織が中に立つようになってしまいました。

東日本大震災が起きたあと、天皇陛下は「お言葉」をもって被災者をお救い下さいました。

今度は国民が天皇陛下と皇室を守らねばなりません。

天皇陛下とわれら国民を分断している日本政府を動かし、民進党という異物を取り除かねばなりません。


【今上陛下皇太子時代のご一家】
皇室東宮御一家

以下は自民党への抗議先です。

「天皇退位特例法案」と「女性宮家創設」に対して抗議していただけないでしょうか。

抗議の一例ですが

・「天皇退位特例法案」と「女性宮家創設」について私は理解していません、反対です!

・「天皇退位特例法案」と「女性宮家創設」を容認するような議員は靖国神社に参拝するな、玉串奉納もするな!

・共産党の日本侵略から皇室を守って散華していった英霊に顔向けできません!「天皇退位特例法案」と「女性宮家創設」に反対します!

など一言でもいいので抗議してください。メールやSNSでもかまいません。

どうか、よろしくお願いします。


○ 内閣総理大臣・安倍晋三(あべしんぞう) FAX 03-3508-3602, 083-267-6128
○ 自民党副総裁・高村正彦(こうむらまさひこ) FAX 03-3502-5044, 0834-31-3297
○ 自民党政務調査会長・茂木敏充(もてぎとしみつ) FAX 03-3508-3269, 0284-43-3060
○ 衆院議長・大島理森(おおしまただもり) FAX 03-3508-3932, 0178-45-6193
○ 参院議長・ 伊達忠一(だてちゅういち) FAX 03-5156-8070, 011-207-5535
○ 参院退位法特別委員長・尾辻秀久(おつじひでひさ) FAX 03-3595-1127, 099-206-2617
○ 自民党参院政審会長・愛知治郎(あいちじろう) FAX 03-6551-0623, 022-227-1320

本記事の資料

朝鮮総督府:
出生率は日本人よりも朝鮮人の方が高く、死産率は日本人は高く朝鮮人は低い


出典:1923(大正12)-1935(昭和10)年 朝鮮総督府 〔朝鮮総督府〕調査資料 第22集 「朝鮮の人口現象」



 明治四十三年より大正十二年までは、大体に於て内地人(日本人)の出生率は多少減退の傾向を示し、朝鮮人の出生率は著しく増加を示して居る。然(しか)るに大正十三年以後はそれと反対に、内地人の出生率は増加し、朝鮮人の出生率は減退を示して居るが、外国人の出生率増減不同である。

最も注目すべきは、各年を通じ出生率に於て内地人に比し朝鮮人の方が遥かに高いことと、死産率は内地人が最も高く、朝鮮人及び外国人は遥かに低いことであるが、概して死産率は近年漸減の傾向を辿(たど)って居る。



神戸市社会課:
在日朝鮮人の10歳以下の子供はみな日本生まれである、これは朝鮮人の経済的勢力が次第に整備されつつある証拠だ


出典:1927(昭和2)年 神戸市社会課編 「在神半島民族の現状」 第三章 朝鮮人の生活の解剖 一 性別並に年齢調査



 鮮人問題はあらゆる方面に重大なる意義を有(も)って居るが──殊(こと)に男女の差の大き過ぎるという一事は、何と言っても経済生活の行き詰りと相待って──一大決意を必要と火急の問題である。

原始移住時代には、独身労働者の力の威力を無批判に──無抵抗に──その儘(まま)受け入れる。乍然(しかしながら)ひと度(たび)移住地の天地が秩序と安寧の光明に照されて来ると──人間は言わず語らずの間に組織ある本来の人間生活の型へ黙々として帰って行く。

爰(ここ)に及んで始めて移民地に於ける、燦然たる文化生活の萌芽が培われる。粗野と無味の移民地生活の単調が、さの未練気もなく捨てられて、喜悦と感謝に満たされた人間生活の金十字塔が、徐々にしかも荘厳に感謝と共に築かれて行く。

朝鮮人の内地移住が青年労働者の力の専制に主たる勢力を占められて居る間は、彼等(かれら)の内地(日本国内)に於ける経済的勢威の拡充は決して、確実にされ得られるものでないということを強記しなければならない。

最後に四七〇世帯一五八一人に就(つい)て、男女の年齢竝(ならび)に子弟の出生地を検討するに、第一に我等の目を惹(ひ)くものは、十一歳以上の鮮人に内地生れのものを一人も発見し能(あた)わざる(発見できない)ことである。

反之(これにはんし)十歳若(も)しくは五歳以下の年齢にある者を見るならば、内地生れの余りに意外なるに吃驚(きっきょう:おどろくこと。びっくりすること)せざるを得ないであろう。即ち六歳以上十歳以下にあっては、朝鮮生れ一二三名に対し内地生れが僅(わずか)に三二名──之(これ)が五歳以下になると、主客顛(転)倒、朝鮮生れ五八名に対し内地生れ二一七名という恐るべき優勢を誇っている。

此(こ)の事実は一面に於て朝鮮人の内地に於ける生活の根幹が、漸次固められつつある一傾向であると同時に、彼等の経済的勢力の次第に整備せる一証左であると肯定する──他面に於ては一層朝鮮人社会問題の錯綜を意味するものであるとも考えられるのである。

何となれば、移民が単なる独身労働者の集団に過ぎない時代には、其(そ)の移民の産業的支配への脅威は至って少ない。然(しか)しひと度(たび)妻帯者が増加して土地と信用に執着を持ち始めると、そこにやかましい諤々(がくがく:権勢を恐れず正しいと信ずる議論を述べたてるさま)の議論が渦を捲き、天を衝いて起って来るのを免れない。何となれば──それは明(あきらか)に独占と支配に対する一大敵国の出現を意味するからである。

之(これ)と同時に妻帯者の激増は世帯の経営に基く住宅問題──職業問題──出生児童に対する教育問題──生活様式の固執に基く周囲との不調和、等々と十指に余る所謂(いわゆる)、鮮人社会問題が旺(さか)んに台頭鬱積して来る。




関連記事
スポンサーサイト