HOME > 竹島・対馬問題 > title - 韓国の世界遺産を保護した日本|対馬仏像問題
2017/01/27

韓国の世界遺産を保護した日本|対馬仏像問題


対馬の寺から盗まれた仏像の元所有者として一躍有名になった韓国の浮石寺ですが、日本は韓国の文化財を盗むどころか、日韓併合時代には補助金を支給して韓国の古跡、遺跡、文化財などを保護、保存していました。

韓国がシャーシャーと世界遺産登録している文化財も、浮石寺も、日本が保護したおかげで今日まで存在したようなものです。

たとえば韓国の世界遺産である仏国寺や石窟庵も朝鮮時代は破れ寺状態だったのを、日本が保存工事を施して保護した文化財です。




仏国寺、石窟庵、浮石寺保存工事に関する朝鮮総督府の資料↓↓↓

浮石寺朝鮮総督府保存工事1

(ハ)保存工事 朝鮮の学術及び美術は仏教を中心として発達したもので、其(そ)の盛時に於ける各種の建造物中、古代美術を後世に伝え半島史実の証徴、東洋芸術の資料として貴重なる価値を有するものが少くないのに拘(かかわ)らず、寺刹は財力乏しくして其の維持保存を為(な)すことが出来ず、空しく荒廃に委するの状態であるので、本府は此等(これら)建造物に対しては相当の補助金を給付し、以て之(これ)が保存を図って居る。大正二年度以降、慶尚北道慶州郡石窟庵石窟・仏国寺石橋・芬葟寺多層塔・全羅北道金堤郡金山寺堂宇・慶尚北道栄州郡浮石寺殿堂等の修理並(ならびに)江原道淮陽郡金剛山長安寺大雄殿及忠清南道扶余郡無量寺極楽殿の保存工事を完了し、尚(なお)黄海道黄州郡成仏寺応真殿の修理工事を完了する等着々由緒ある古建築物の修理に努めて居るのである。

全羅北道金山寺弥勒殿1☞全羅北道金堤郡金山寺弥勒殿


【出典】1937(昭和12)年 朝鮮総督府学務局社会教育課 「朝鮮社会教化要覧」
【写真出典】1912(明治45)年-1922(大正11)年 朝鮮総督府編 「最近朝鮮事情要覧 大正8年」


日本が保存工事を施したのは「慶尚北道栄州郡浮石寺」とありますが、今回の仏像盗難騒動の首謀者浮石寺とともに「修徳寺の末寺」とあるので、同系列の寺と推測できます。

浮石寺1【出典】wikipedia



浮石寺瑞山市1【出典】wikipedia



日本は1915(大正4)年に朝鮮総督府博物館を設け、1916(大正5)年には「古蹟及遺物保存規則」を施行して朝鮮の文化財を保護し、朝鮮先住民の遺物まで保存していました。

先人の名誉のため申し上げておきますが、日本軍が書き残しているように日本人が朝鮮半島外に持ち出したものは一切ありません。

日韓併合時代に朝鮮総督府が購入または日本人個人が収集した文化財は、日本敗戦後、米軍による手荷物制限を受けたため、持ち出すことは不可能でした。

朝鮮総督府博物館に収蔵したものはそのまま朝鮮に残り、個人が収集したものも朝鮮の施設に寄付しています。

それら以外で日本にある朝鮮の文化財は、李朝時代の圧仏政策で朝鮮の僧侶どもが投げ売りしたものでしょう。

我ら日本人は仏教を弾圧して排斥した韓国に感謝されこそすれ、盗人呼ばわりされる筋合いはありません。

日本政府はこれらの事実を世界に公表したらどうですか?

戦前の朝鮮にはイギリスアメリカロシアもいたわけですから、それらの国にも朝鮮人がどんなに仏教を弾圧していたか記録があるでしょう。


日本による朝鮮の古蹟、遺物、文化財保護を報じる京城日報↓↓↓

朝鮮統治の一新時期 (一)/朝鮮統治状況 (二〜九、一三、十三、十三) /朝鮮統治の状況 (十四〜十六、十五〜十九、二十一・二二)大正七年に於ける施設状況
京城日報 1919.1.21-1919.2.16(大正8)

新聞記事浮石寺1

而して朝鮮在来の寺刹は大正六年末に於ける総数千三百八十一箇所ありしも大正七年中に於て二十四箇所の廃寺を許可したるにより大正七年末に於ては千三百五十七箇所に減少せり斯の如く寺刹の数を減少する主因は資力乏しくして有名無実の状態に在るものを逐次整理し以て名実相副わしめむとする関係者の申請を許容せるものに外ならず特に朝鮮在来の寺刹に僧籍を有する僧侶に布教を為すの自由を与えてより追々山居を離れて邑里に出で適所に布教設備を為すに至りたるより其の影響として山間幽谷の小庵は自然無住の空席となるもの少からず是亦廃寺申請事由の生ずる一因なりとす但し寺刹に属する建造物にして歴史の証徴又は美術の模範となり或は製作優秀にして学術工芸上の資料となるべきものは之を特別保護建造物として永遠に保存する計画を立て逐年保存工事を施さしむ而して寺の資力を以て保存工事を施すこと能わざるものに対しては国費を以て其の費用を補助することとせり然し而して此の計画の下に大正七年中に在りて補助金を交付せしものは慶尚北道栄川郡浮石寺同道慶州郡仏国寺及び慶尚南道狭川郡海印寺の三箇寺にして其の金額は一万五千円なりとす

【該当部分拡大】
新聞記事浮石寺2

新聞記事浮石寺3_2

新聞記事浮石寺4_2


【出典】神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 政治(12-003)



古蹟及遺物保存規則↓↓↓

浮石寺古蹟遺物保存規則1

 古蹟及遺物保存規則(大正五年七月四日 朝鮮総督府令第五十二号)

第一条 本令ニ於テ古蹟ト称スルハ貝塚、石器骨角器類ヲ包有スル土地及竪穴等ノ先史遺蹟古墳竝(ナラビニ)都城、宮殿、城柵、関門、交通路、駅站、烽燧、官府、祠宇、壇廟、寺刹、陶窯等ノ遺址及戦跡其ノ他史実ニ関係アル遺蹟ヲ謂(イ)ヒ遺物ト称スルハ年代ヲ経タル塔、碑、鐘、金石仏、幢竿、石燈等ニシテ歴史、工芸其ノ他考古ノ資料ト為(ナ)ルヘキモノヲ謂フ

(中略)

第五条 古蹟及遺物台帳ニ登録シタル物件ノ現状ヲ変更シ、之(コレ)ヲ移転シ、修繕シ若(モシク)ハ処分セムトスルトキ又ハ其ノ保存ニ影響ヲ及ホスヘキ施設ヲ為(ナ)サムトスルトキハ該当物件ノ所有者又ハ管理者ハ左ノ事項ヲ具シ警察署長ヲ経テ予(アラカジ)メ朝鮮総督ノ許可ヲ受クヘシ

一 登録番号及名称
二 変更、移転、修繕、処分又ハ施設ノ目的
三 変更、移転、修繕又ハ施設を為サムトスルモノハ其ノ方法及設計図竝費用ノ見積額
四 変更、移転、修繕、処分又ハ施設の時期

(後略)

【出典】1919(大正8)年-1925(大正14)年 朝鮮総督府編 「古蹟調査報告 大正5年度」



朝鮮総督府博物館に関する資料↓↓↓

朝鮮総督府博物館1

 ハ 博物館 博物館は大正四年五月始めて博物館係を置き同年十一月施政五年記念物産共進会の終了と同時に其(そ)の会場たりし景福宮内の一建物を用いて之(これ)に充てたるものにして同年十二月一日以来一般の観覧を許せり

開館当時に在りては共進会の際新(あらた)に建築せし美術館を以て本館とし故寺内伯爵の寄附に係る朝鮮古来の書画、仏像、仏具、食器、服飾品、婦人用具、陶磁器、漆器の外(ほか)本府に於て購入せし物品並(ならびに)古墳調査に依り蒐集したる物品及遺失物法に依り国に帰属きたる埋蔵物等を陳列し思政殿及勤政殿回廊に石碑、鉄製及石造の仏像、石棺及兵器類を陳列し庭園には石塔、石碑の類を配置せり 其の後久原房之助氏の寄附に係る西域蒐集品(大谷光瑞師が前後四年に亘り支那新疆省及甘粛省地方にて蒐集したるもの)及本府の購入に係る物品蒐集したる物品並発見埋蔵物、寄附品、寄託品、古墳壁画、同模写、金石文並之に関係ある蒐集品、古墳出土品、先住民の遺物及対象地図、絵画、写真等を陳列せり

本館は朝鮮唯一の官設博物館たるを以て朝鮮を主とし支那、印度(インド)等の参考品を併せて陳列するの方針にて種類を概ね制度、風俗、文芸、宗教、美術、工芸等の徴憑及参考となるべき物品竝(ならびに)先住民に関する遺物とし専ら之が充実完備に努力せり

【出典】1925(大正14)年 朝鮮総督府 「朝鮮要覧 大正14年」



日本人個人が収集したものは引揚げる時に南朝鮮に寄贈した↓↓↓

 南鮮で残った人

 二十一年四月以後、南鮮で世話会職員のほかに、わずかの人たちが特別に米軍政庁の許可をえて残った。

(中略)

 朝鮮美術展参与浅川伯教氏は、氏のあつめた工芸品三千点を整理して、国立民族博物館に寄贈して、二十一年十一月に帰国した。

【出典】1953(昭和28)年 富士書苑 「秘録大東亜戦史 朝鮮篇」 「三八線に変貌する北と南」



保護すれば侵略、日本渡航を許せば強制連行、保存すれば盗まれたという韓国


日本での窃盗を黙認 日韓関係悪化への悪しき判例に
2017年1月26日 産経ニュース

 【ソウル=名村隆寛】韓国人窃盗団が長崎県対馬市の寺から盗み、韓国に持ち込んだ仏像について、元の所有権を主張する韓国の寺に引き渡すよう命じる判決を、韓国の裁判所が下した。今回の判決は日本政府の返還要求を無視したもので、韓国の一方的な歴史観により法の番人であるはずの裁判所さえ、日本で犯した窃盗という犯罪行為を黙認するという“悪しき判例・前例”となった。

 地裁は「仏像が作られた後、浮石寺がある地域に倭寇が5回侵入したとの記録がある」ことを判決理由に挙げた。これを根拠に「歴史・宗教的価値の考慮」を韓国政府に求め、浮石寺への引き渡しを「義務」としているが客観性に欠けた、いい加減な判断だ。

 浮石寺は仏像が14世紀の高麗時代に同寺で作られ、倭寇に略奪されたと主張し、判決はこれを認めた。倭寇が出没していたという記録のみを短絡的に結びつけたに過ぎず、同寺が所有していたことを明確に示す客観的資料はない

 浮石寺が本来の仏像の所有者である証拠も乏しいとの見解を示していた韓国政府は、判決を不服として即日、控訴した。韓国国内で確認された仏像は没収され、大田の国立文化財研究所で保管されている。対馬で盗んだ韓国人窃盗犯には、韓国で刑事罰がすでに下されている。

浮石寺住職1



関連記事
スポンサーサイト