HOME > 原子爆弾・人権・国際条約 > title - 原爆投下は必要なかった|アメリカ戦略爆撃調査団
2016/04/28

原爆投下は必要なかった|アメリカ戦略爆撃調査団


オバマ大統領が「広島を訪問する意向を固めた」と報道されています。

そもそも、終戦直後に日本に来たアメリカ戦略爆撃調査団は

「たとえ原爆が投下されなかったとしても、たとえソ連が参戦しなかったとしても、さらにまた、上陸作戦が企図されもしなかったとしても、日本は一九四五年末以前に必ず降伏したであろう」

と結論を出し、当時のアメリカ大統領に報告しています。

そう結論づけた理由は、アメリカが「鬼畜」の名をほしいままにした作戦が大成功であり、それだけで日本は降伏したであろうと判断したからでした。

【鬼畜アメリカの対日作戦】
  • 日本焼尽作戦(1944年6月16日開始)…空襲で日本本土を焼土にする
  • 餓死作戦〔オペレーション・スターベイション〕(1945年3月27日開始)…関門海峡および日本周辺海域に機雷をまいて日本を封鎖する。合わせて南方からの補給船を軍艦、民間船の区別なく徹底的に撃沈して資源の補給を断つ

【出典】1996(平成8)年 光人社 大谷内一夫訳編 「ジャパニーズ・エア・パワー-米国戦略爆撃調査団報告/日本空軍の興亡」


アメリカ戦略爆撃調査団報告書「原爆投下は必要なかった」


出典:1996(平成8)年 光人社 大谷内一夫訳編 
「ジャパニーズ・エア・パワー-米国戦略爆撃調査団報告/日本空軍の興亡」
 付Ⅰ "日本焼尽"作戦の全貌

※米国(アメリカ)戦略爆撃調査団とは…
ルーズベルト大統領の命令により、1944年1月3日アメリカ陸軍長官が設置した機関。ドイツと日本に対するアメリカの航空攻撃について専門的な研究を行った。

アジア歴史資料センター表紙へのリンク。資料は(1)~(15)まで閲覧可能 
国立国会図書館



 アーノルド陸軍航空軍総司令官の報告

「他の兵科からの不可欠な貢献をフルに認識しながらも、航空兵力(エア・パワー)が果たした貢献は決定的と呼ぶのが正当であろう、と私は感じております」

 アーノルド陸軍航空軍総司令官、一九四五年十一月十二日の陸軍長官への報告でこう述べた。彼はつぎのように続けた。

日本の崩壊は、太平洋戦争の攻勢段階における戦略的コンセプト全体が正しかったことを立証しました。全般的に見ても単純に見ても、この戦略は、陸上および航空母艦を基地とする航空兵力の両方を、日本そのものに対して破壊的航空攻撃をフルに加えることのできる地点まで前進させることでした。この戦略には、そのような攻撃が上陸作戦なしに日本に敗北をもたらす可能性があり、さらに、上陸作戦への準備と協力に重大な役割を果たすだろうという確実性がありました。……上陸は不要でした(ノー・インベイジョン・ウォーズ・ネセサリィ)

 戦略爆撃調査団の結論

 終戦直後に日本を訪問し、日本の軍部、政界、産業界など各界の指導者を尋問した米国戦略爆撃調査団、つぎのような結論に達した。

「たとえ原爆が投下されなかったとしても、たとえソ連が参戦しなかったとしても、さらにまた、上陸作戦が企図されもしなかったとしても、日本は一九四五年末以前に必ず降伏したであろう」 



さらにアメリカは、原爆投下後の作戦を2つ計画していました。



1 オリンピック作戦…1945(昭和20)年11月1日に南九州に上陸する

2 コロネット作戦…1946(昭和21)年4月外房州、相模灘の海岸から上陸して関東平野を制圧そして東京を攻略して戦争終了
※コロネットとは「王冠」という意味

【出典】1960(昭和35)年 自由アジア社 元海軍航空艦隊参謀安延多計夫 「南溟の果てに」 本土決戦


アメリカは原爆投下後さらに8ヶ月、日本と戦争する計画でした。

なので、戦後アメリカがずっと言い続けてきた日本に原爆を投下した理由

「日本に戦争をやめさせるには原爆投下が必要だった」

「原爆投下で米兵100万人の命を救った」

というのはウソなのです。

もとよりアメリカは白人優越感に共産主義がプラスされている国なので、あらゆる日本人差別をやってきた国でした。

アメリカが日本に原爆を投下した理由は

人種差別

それ以外の何物でもないのです。


【カリフォルニア州で日本人移民を「侵略者」とする排日ポスター】
排日土地法ポスター

【1937年11月21日 日中戦争(支那事変)を風刺したアメリカの漫画】
"戦争をするのならドイツ人の方がいい。彼らは我々と同じ人間だ…しかし、ジャップは動物と同じだね" by ガダルカナルの対日戦に参加した海兵隊員。sabetsu.jpg

【1941年12月17日 軍神の誘惑「それでいい、ヒトラーのかわいいペットよ」】
sabetsu2_20160428113611c71.jpg

【1943年4月 山本五十六戦死後「アリガトウ、ミスターヤマモト」】
sabetsu11.jpg

【1943年 アメリカ海兵隊の募集記事「日本人狩り免許証」】
sabetsu14.jpg

【戦後も続くアメリカの日本人差別】
1989年映画「禁じ手」。ロスでホステスに痴漢を働く好色な日本人駐在員。
sabetsu8.jpg


オバマ大統領の広島訪問は、今さらアメリカが来てどうかしても日本に何かいいことがあるわけでなし、むしろ

「アメリカは日本の要求を飲んだ。今度は日本がアメリカの要求を飲め!」

と強要されるリスクの方が大きいと思いますが、どうでしょうね?

中国かロシアを敵にまわして、アメリカの代理戦争をやれ!とかね。

そうなってまた日本が戦争に突入したならば、今度こそ共産革命が起きるでしょうね。

【来なくていいです】

オバマ大統領、広島訪問意向固める 来週後半に正式発表
2016年4月28日 YAHOO! JAPAN ニュース(TBS系 JNN)

アメリカのオバマ大統領は、来月の伊勢志摩サミットに合わせて、被爆地・広島を訪問する意向を固めました。来週後半に正式発表する方向で調整しています。

 これは、アメリカ政府当局者が明らかにしたもので、オバマ大統領が広島訪問の意向を固めたことを受けて、ホワイトハウスは、来週後半に正式発表する方向で調整を進めています。正式発表後に訪問計画を日本側に伝え、先遣隊を広島に送って準備を進める方針です。(後略)


「民主主義ガー」
オバマアイス1

「民主主義ガー」
共産党志位1



【その他出典】
1990(平成2)年 新人物往来社 「歴史読本」 12月号


関連記事
スポンサーサイト