HOME > 従軍慰安婦 > title - 上海の日本軍指定慰安所
2016/02/25

上海の日本軍指定慰安所


南京に慰安婦博物館ができたそうですね。

でも日本軍は、中国人経営の売春宿は、

不潔きわまるだけでなくゴロツキにからまれて面倒なことになるから行くな

上海の性病は感染率が高く性病菌が国際化していてはなはだ猛悪なので身を慎め

と兵をいましめています。

売春宿ですら不潔なのですから、そこらへんにいる中国人や朝鮮人を強制連行などするわけがありません。

日本軍は 「中国人の家屋に立ち入るな、井戸も別にしろ」 と指示していました。

帝国海軍
「中国の売春宿は不潔で性病も猛悪だから行くな、生水も飲むな、指定慰安所に行っても事後は完全に消毒しろ」

魔窟というのは当時の日本人のスラングで大陸の売春宿のことです。

日本人は中国、朝鮮の売春宿を魔窟と呼んで近づこうとはしませんでした。

慰安婦は商行為ですから、文中に「定価表」とあります。


出典:アジア歴史資料センター:レファレンスコード:C14120190800:海軍省 「第7項 衛生」



上海慰安所2

   第六項 指定食堂等ニ関スル心得

指定食堂、指定喫茶店、指定宿泊所、指定下宿、指定慰安所、指定撞球場附表第二乃至第九ノ如シ

之等(コレラ)ニハ特定ノ看板ヲ掲ゲアリ 誤ッテ他店ニ入ラザル(入ラナイコト)ヲ要ス、飲食物ハ海軍側ト協定セル定価表アリ

其ノ支払ハ支那銀(指定食堂ハ大洋、指定喫茶店ハ小洋)ヲ単位トスルヲ以テ日本金ハ予(アラカジ)メ両替シ置クヲ可トス 支払其ノ他ニ関シ悶着ヲ生ジタル時ハ成ルベク直接抗議ヲ避ケ所属分隊長ニ届ケ出ヅベシ

但シ現場ニ於テ解決スルヲ可トスル如キ場合ハ乍浦路派遣衛兵隊ニ通知スベシ

   第七項 衛生

(一)飲食物

上海ハ流行病伝染病ノ甚(ハナハ)ダ多キ処(トコロ)ナリ 病ニ罹ラバ自己ノ身体ヲ傷(イタ)フノミナラズ他ノ同僚ニ迷惑ヲ及ボシ軍務ニ支障ヲ来スコト大ナリ 常ニ左記各項ニ注意シ保健上萬(ヨロズ)遺憾ナキヲ期スベシ

(イ)水道ノ水ニモ大腸菌等ヲ多数含有スルヲ以テ決シテ生水ヲ飲ミ又生物(ナマモノ)ヲ無消毒ニテ食(ク)フ如キコトナキヲ要ス

(ロ)地理ニ精通シ行先ノアル場合ハ別トシテ然(シカ)ラザル(ソウデナイ)場合ハ水痘ヲ携帯スルヲ可トス

(ハ)下士官兵集会所、指定食道、指定喫茶店、指定下宿、指定慰安所、指定宿泊所以外ノ場所ニ於ケル飲食ヲ厳禁セラル

(二)性病

上海ニ於ケル性病ハ其ノ率極メテ高ク又病毒国際化シテ甚ダ猛烈ナレバ厳ニ身ヲ慎シミ注意ヲ怠ラズ万全ノ策ヲ施スヲ要ス

上海慰安所1

特ニ左記各項ニ注意スベシ

(イ)支那人ノ魔窟ハ不潔極マルノミナラズ支那人無頼漢等ト事端(ジタン:事件ノ端緒)ヲ醸スコト多ク而(シカ)モ地理概ネ迷路ニシテ犯人ノ逃亡ニハ便ニシテ自己ノ進退ニ窮スルコトアリ 決シテ之(コレ)ニ立入ラザル(立入ラナイコト)ヲ要ス

(ロ)指定慰安所以外ノ場所ニ斯(カカ)ル目的ヲ以テ立入ラザルハ勿論(モチロン)、指定慰安所ニ於テモ常ニ充分ノ注意ヲ払ヒ事前事後ノ消毒ヲ完全ニシ萬遺漏ナキヲ期スベシ

(ハ)万一其ノ(性病ノ)徴候ヲ認メタル時ハ猶予スルコトナク診察ヲ受ケ重症トナラザル中(ウチ)ニ治療ヲ施スヲ可トス(後略)

【海軍陸戦隊】
海軍陸戦隊1【出典】1942(昭和17)年 大本営海軍報道部編纂 「大東亜戦争海軍作戦写真記録1」


陸軍にくらべて性病感染率が高かった海軍でさえ、中国の売春宿に入ることを厳禁していました。

陸軍ならなおさら、中国人女性に近づこうとはしなかったでしょう。

それに上海の後方兵站には日本から妓楼(ぎろう:公娼を置いている公許された売春宿または料亭)が進出していて、日本人の公娼がいたのですから、わざわざ軍が慰安所を設営する必要はありませんでした。

まったく、従軍慰安婦というのは衛生観念ゼロで一国で外国と戦争したことのない国にだけ通じるファンタジーです。


【慰安婦像 @中国製】
南京慰安所1URL:http://www.news-postseven.com/picture/2016/02/P108nangking1.jpg


【元従軍慰安婦 @北朝鮮製】
南京慰安所2URL:http://www.news-postseven.com/picture/2016/02/P109nangking2.jpg


【中国では売春宿を「書館」と呼ぶ】
shokan_china1.jpg


【中国では売春婦を「姑娘(ころう)」と呼ぶ】
中国売春姑娘1

そもそも、陥落後の南京にできたのは親日支那人による南京維新政府です。

もしかして中国共産党はその事実を隠ぺいしたいんでしょうかね?

共産党というのは悪魔とおなじで、人間とは逆にものごとを考えます。

第二次世界大戦にしても、最初から筋書きはできていた。そして戦争に突入したあとは、終戦後なんでも日本軍のせいにできるように布石を打っていった。

最近、マスコミが報道する内閣支持率に変動がないのも、戦後になったら
「日本国民が戦争を望んだのだ!」 と宣伝するためかも知れませんよ?

「ファウスト」に出てくる悪魔なら契約くらいは守りますけど、共産党は結党以来旬の社会問題に飛びついて民衆を煽動するだけで、ただの一度も社会問題を解決したことはありません。

党の利益のために人間を利用するのですから、共産党は悪魔よりタチが悪いかも知れないですね。

共産党は 「赤魔」 と呼ばれたりしますからね。

ご用心、ご用心。

【あほくさ。慰安所設営ってなんの罰ゲーム?】

中国の新たな対日歴史戦 「南京慰安婦博物館」に初潜入
2016年2月24日 NEWポストセブン

昨年末、中国・南京に慰安婦関連の新たな博物館がオープンした。当時、同地にあった旧日本軍の慰安所を再現したものだという。なぜ今、中国政府は、こうした施設を開設したのか。小誌で、精力的に中国ルポを発表するノンフィクションライター・安田峰俊氏が現地を訪れた。

(中略)

 ここは南京市の中心部。往年の中華民国総統府にほど近い、古都の趣溢れる路地裏だ。私が訪問した施設は利済巷慰安所旧址陳列館という。国営通信社・新華社によれば、この場所が「元慰安所」として“発見”されたのは2003年6月のこと。女性国際戦犯法廷での証言経験を持つ北朝鮮籍の元慰安婦・朴永心氏(故人)の証言によるものだった。

 やがて、習近平が党総書記に就任した直後の2012年12月に陳列館の設置計画が具体化。現地の愛国主義教育基地・南京大虐殺記念館の分館の形で、昨年12月1日から一般公開された。(後略)




関連記事
スポンサーサイト