HOME > 対日ヘイト・ヘイトスピーチ > title - 朝鮮民族戦線聯盟の対日ヘイトスピーチ (1938年:昭和13年)
2014/04/08

朝鮮民族戦線聯盟の対日ヘイトスピーチ (1938年:昭和13年)


朝鮮民族戦線聯(連)盟というのは、1938(昭和13)年朝鮮人無政府主義者柳子明(本名:柳興湜)が中国で組織した団体です。

その団体の基本綱領・闘争綱領も対日ヘイトスピーチですので、紹介します。「倭敵」だの「財産没収」だの、日本人差別全開です。

そしてこの対日ヘイトスピーチの基礎も、共産主義思想です。

この当時,朝鮮人は「参政権運動を撲滅する」と言っています。祖国が独立して外国人になった今は「参政権が欲しい」と言っています。矛盾してますね。



出典:1974(昭和49)年 東洋文化社 社会問題資料研究会 「思想情勢視察報告集(其の五)中華民国に於ける不逞鮮人並に中国共産党の動静」 所収 昭和十三年「朝鮮民族戦線連盟に関する件」




朝鮮民族戦線聯盟基本綱領

一、打倒日本帝国主義、朝鮮民族の真の民主主義的独立国家の建設

二、国民の言論、出版、集会、結社、信仰自由の確固たる保障

三、日本帝国主義及売国賊親日派一切の財産没収

四、勤労大衆の生活改善

五、国費に由る義務教育及職業教育の実施

六、政治上、経済上、社会上、男女平等権の確保

七、朝鮮民族解放運動に同情を持ち援助する民族及国家との同盟締結乃至友好関係の増進


朝鮮民族戦線聯盟闘争綱領

一、日本帝国主義統治勢力の根本撲滅

(一)全国的総暴動を組織し軍事行動の実施を準備す

(二)暴力を用ひ倭敵移住民を駆逐す

(三)朝鮮内倭敵の一切公私有財産を没収す

(四)朝鮮内倭敵の政治経済其他一切の支配勢力を根本的に撲滅す


二、全民族の反日統一戦建立

(五)朝鮮民族は少数の親日派走狗を除き各政治団体群衆団体及個人を論ぜず一致団結し全民族的反日統一戦線を建立す

(六)全民族的反日統一的戦線反対傾向を積極的に排撃す

(七)全民族的反日統一戦線は民主集権制を採用す


三、全民族革命総動員

(八)全国農民を動員し倭敵地主及住民駆逐の運動納税拒絶の運動を展開す

(九)全国工人特に倭敵の軍需品工場、水電、鉱山及各種交通機関に被雇居る工人を動員し怠工、罷工を為(な)し倭敵の一切工業施設破坏(管理人註:坏は壊の簡体字)の運動を展開す

(一〇)学生、智識階級層及文化人を動員し積極的に民族文化を発揚し倭敵の奴隷教育を撲滅す

(一一)全国各宗教団体を動員し民族解放闘争に参加せしむ
(管理人注:共産主義は「科学的」であるため、宗教は排撃するのが基本。世界の共産運動で宗教団体を動員するのは朝鮮のみ)

(一二)全国婦女を動員し民族解放闘争に参加せしむ


四、軍事行動の積極的展開

(一三)国外各地の民族武装部隊を聯合し統一的民族革命軍隊を組織し民族解放戦争を実行す


五、中国の抗日戦争に参加

(一四)国内に於ては倭敵の後方攪乱及武装闘争を実行し東北に於て抗日反満工作に参加し、中国関内に於ては直接中国の抗戦に参加す


六、世界一切の反日勢力聯合

(一五)中国民族、台湾民族及「ソ」聯(ソ連)を最大の反侵略反日勢力と為し之(これ)と緊密に聯合

(一六)一切の反侵略陣戦国家及世界反侵略運動会と緊密なる聯繋をなす


七、自治運動、妥協主義、新旧派等の内奸粛清

(一七)自治運動及参政権運動を撲滅す

(一八)親日派の組織する時中会(管理人注:昭和11年、100万人の信徒を有していた朝鮮民族主義団体天道教が支那事変勃発に動揺して親日に転向し、創立した団体)、亜細亜協会(管理人注:日本で創立された団体。欧米の侵略によって荒廃したアジアの再建、統一、世界平和確保を目的とした。会頭松井石根、評議員近衛文麿、広田弘毅など)等一切の反動団体を撲滅す 

(一九)其他倭敵の一切走狗を芟除(管理人註:さんじょ:かりのぞくこと)す

(二〇)中国内の密輸入者、不正の祭制毒品商分子を粛清す







関連記事
スポンサーサイト