HOME > 対日ヘイト・ヘイトスピーチ > title - 日本人拉致は戦前からあった
2015/08/23

日本人拉致は戦前からあった


極左野党が「朝鮮学校を無償化から除外するのは差別だ!」と言いだしました。

そして、それを口実に「人種差別撤廃施策推進法案(対朝鮮人ヘイトスピーチ禁止法案)」を成立させようともくろんでいます。

しかし、戦前から朝鮮人による日本人拉致事件はあったのですから、日本政府にしてみれば

は? なに言ってんだ? おまえら?

という感じでしょう。


「(北朝鮮拉致被害者問題について)日本だって戦争中に散々やってるだろ」 
「日本もあんまり言い過ぎてもね・・・日本も昔はね・・・」
やってねーよ!!Marxist00004_20150823065503b7a.jpg


移民先の満州で拉致された日本人たち



満州といえば、わが国にとって日露戦争勝利の戦利品ですが、日本政府と大本営が

「五族協和」

などという、今でいう多文化共生と同じな、バカげた政策を布いたせいで、中国共産党やロシア共産党の工作員が流入し放題でした。

特に、中国人は年に百万人が満州に流入したので、あっという間に中国共産党満州省委員会なるものが組織されてしまいました。

【中国共産党満州省委員会組織系統表】
中国共産党満州省委員会組織系統表2

そして、中国共産党満州省委員会の指導下に極左中国人と極左満人、極左朝鮮人による自衛軍が組織されました。

鮮匪というのは、朝鮮人匪賊を略した呼称です。

【遼寧民衆自衛軍王鳳閣編成表】
遼寧民衆自衛軍編成表2
【東北抗日連合軍第一軍】
tohoku_kounichi_rengougun.jpg

そしてその自衛軍の下に、極左朝鮮人だけで組織した朝鮮革命軍などという集団がありました。「軍」と自称していますが、正式な軍ではなく、タダの共匪の集まりでした。

匪賊というのは金品を強奪する山賊のようなものですが、その匪賊の共産主義にカブレたものは共産匪賊略して共匪と呼ばれました。

【朝鮮革命軍】
chosen_kakumeigun.jpg

これらの匪団は、軍資金を調達するために、在満日本人居留民や裕福な朝鮮人を襲撃、拉致して身代金を要求するのが常でした。

匪団は、人質の家族が身代金の支払いに応じない場合は、身代金を強引に払わせるために拉致した日本人や朝鮮人の耳や指を切り落として家族に送りつけました。

しかし、身代金を払っても人質は無事に解放されるどころか、惨殺される場合が多かったと司法省刑事局の資料にあります。

極左朝鮮人らが拉致するのは、女、子ども関係ありませんでした。



出典:アジア歴史資料センター:レファレンスコード:C06031200900:1919(大正8)年 陸軍省 「大正8年5月31日 朝憲機第214号 長白県八道溝に馬賊来襲」



尚馬賊中ニハ多数ノ鮮人混シ在リシモ馬賊ノ使役人夫ナルカ如シ)来襲シ諸官憲ヲ襲ヒ多数ノ兵器、金品ヲ奪ヒ更ニ巡警局長外官民約百名ヲ人質トシテ拉致シ尚馬賊ハ対岸高地ニ散開シ我渡船場監視ノ補助憲兵ニ向ヒ頻リニ発砲(我ニ損害ナシ)シタル
戦前日本人拉致長白県八道溝に馬賊来襲1





出典:アジア歴史資料センター:レファレンスコード:B02030235500:自1931(昭和6)年9月18日至同年11月10日 「4 参考統計」



「内」は内地人(日本人)。家屋に放火され、列車は転覆させられています。
戦前日本人拉致4参考統計2




出典:アジア歴史資料センター:レファレンスコード:B02030242000:1932(昭和7)年6月1日~同年12月21日 「2.哈爾賓/2 昭和7年6月1日から昭和7年12月21日」



列車に乗っていた日本人婦女2名を匪賊が拉致。
戦前日本人拉致満州11


ハルビンで日本人死者12名、負傷3名、拉致7名(内帰還6名)。
戦前日本人拉致満州51




アジア歴史資料センター:レファレンスコード:B13081237300: 外務省亜細亜局第二課 「第5編 居留民保護取締問題ニ関スル諸調査」 (一)満洲(自昭和六年九月十八日至同七年十一月末)



満洲で日本人31名が拉致される。
戦前日本人拉致居留民保護取締1




戦前からヘイトスピーチやヘイトクライムを受けてきたのは日本人です。

加害者である朝鮮人は戦後、被害者になりすまして、さらに「人種差別撤廃施策推進法案」というものを成立させて日本人の口をつまもうとしているのです。

そもそも、朝鮮独立運動とは中華思想による日本人差別共産主義による資本主義否定が原因で始まった運動です。ですから、朝鮮人は日本人との同化を好まず、日本の資本主義も否定したのです。

そうして「朝鮮独立運動 」の名の下に多くの日本人に残虐の限りを尽くしておきながら、独立した祖国には帰らず、日本に居すわって日本のぬくもりに甘え、日本の資本主義に寄生して、さらに日本人と同等に扱え、いやしい日本人が朝鮮人様の悪口を言うなと要求するのなら、それを「特権」と呼ばずして何というのでしょうか?


それでも「自分たちは日本に強制連行されてきたのだ!」と主張するのならば、実際に朝鮮人21万人をシベリアに強制連行したロシアに行って、同じことを要求するべきですね。

そうしたならば、本当に日本に強制連行されてきた人々なのだな、と信用してあげてもいいでしょうね。

【日本に対する恐怖の記憶なんかない民族】

仰天論法 朝鮮学校無償化不適用はヘイトスピーチ!? 強まる無償化“圧力”
2015年8月17日 産経ニュース

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の支配下にある朝鮮学校に高校授業料無償化を求める動きが活発化し、政府が動向監視を強めている。安倍晋三政権は北朝鮮による拉致問題に進展がないことや朝鮮総連と密接な関係であることを理由に無償化を見送ってきた。だが、朝鮮学校支援者らが、参院で審議中の人種差別撤廃施策推進法案を利用し、無償化を拒絶する政府方針を特定の人種や民族への憎悪をあおるヘイトスピーチと同一視しようとしているのだ。

(中略)

こうした政府側の一貫した態度に、無償化を目指す勢力が目をつけたのが、5月に民主党と社民党などが参院に提出した人種差別撤廃施策推進法案だ。ヘイトスピーチを取り締まる根拠となる。

 菅義偉官房長官も7月2日の記者会見で、ヘイトスピーチをめぐり「具体的に何が問題になったか、しっかり調査していくべきだ」と述べ、実態調査に乗り出す考えを表明するなど積極的だ。さらに、公明党議員らも同日、菅氏と面談し、ヘイトスピーチに絡み差別撤廃政策の徹底を求めた。

無償化不適用は“差別”

 7月22日には、ヘイトスピーチ対策法成立を目指す集会が国会内で開かれ、法案の審議に直ちに入るよう求める決議を採択した。

 集会は「外国人人権法連絡会」などが主催し、民主、社民両党の議員ら約10人も参加した。関係者によると、龍谷大法学部の金尚均教授は基調講演で「在日特権を許さない市民の会(在特会)による朝鮮学校への襲撃が下からのヘイトスピーチだとすれば、朝鮮学校の高校無償化適用外という政府の措置は上からのヘイトスピーチだ」と指摘。その上で「政府は朝鮮学校が朝鮮民主主義人民共和国と関係があるからとして高校無償化の対象外にしている。これにより、日本社会の中で『この人たちは別に扱っていい』という雰囲気を作り上げ、適用しないことを当たり前のこととしている」と分析した。



本記事の資料



出典:1973(昭和48)年 東洋文化社 社会問題資料研究会 「思想情勢視察報告集(其の四)満洲に於ける共産主義運動」所収
昭和13年5月 司法省刑事局 「満洲に於ける中国共産党と共産匪」

※上掲の図も同じ。


五、 匪団の行動

ハ、人質拉致の目的竝(ならびに)拉致後の処置等次の如し

 政治匪は人質拉致の目的手段土匪に比し一般に辛辣にして日本人或(あるい)は満人要人をも其(その)対象に求むるものあり

 又(また)山寨(さんさい:山賊のすみか)に引致せば惨殺するを例とし拉致後の消息不明なるもの多し 既検挙者の供述に依る鮮匪及(および)朱海楽匪の人質拉致目的拉致後の処置等次の如し

(一)寛甸(かんてん)県地方に在る鮮匪は(ここ)数年来の兇(凶)作にて義務金及軍資金の調達意の如くならざるを以て対岸居住鮮人中の有産者を拉致すべく計画しありて之(これ)が誘致には移住鮮人を利用しあり 本年八月朝鮮平安北道碧潼郡大平面居住崔某(なにがし)(相当資産家にして三千円身代金を支払うも差(さし)支(つか)えなき家庭)を寛甸県第五区移住鮮人六名(住所氏名不詳)の誘導に依り拉致したるが如きは実例なり

(二)朱海楽は人質を拉致するや本渓県●子洞羊草峪金州峪の三箇所に隠匿しあり ●子洞の隠匿場所ハ洞窟にして日満軍警の足跡を見たることなき地なり

 羊草峪金州峪の二ヶ所は集家部落の建設に依り焼却せられたる焼跡に草木を以て屋根を造りたるものなり

 拉致せる人質は監視隊(本隊と別行動をとる)に依り前記場所を転々と移動するを常としあり

(中略)

4.人質拉致の目的及拉致後の処置

 人質拉致の目的は匪団の重要なる財源捻出の方策にして特に農村の疲弊に伴い直接略奪に依る金品の強奪は容易ならざるを以て人体を拉致其(その)生命を脅威し金品の代償を提供せしむるに至る。

 人質拉致後は根拠地秘密山寨に収容人員監視班をして監視せしめ被拉致者の所持品被服を剥奪、匪賊の古被服と交換、麻縄を以て首腕胴を縛り、附近の地形を感知せしめざる如く目隠(めかくし)を為(な)し数人一組に縄の末端を括(くく)り屋外なるときは立木に、屋内なるときは梁木に結び逃走を防ぎ、談話、喫煙を禁じ、一方通匪者をして直接家族にか囘(回)贖金を要求せしめ或は被拉致者に「日々の虐待に堪(た)えず此儘(このまま)数日を経過せば遂に死に至るべし 匪団の要求を容れ送金救助を乞う」或は「連日絶食に等しき状態にして罹病重態なり」等到底家人の看過し得ざるが如き悲惨事を連ねたる書信を認(したた)め(無筆者(文盲)なるときは代書拇印)しめ 幾何の金品を何月何日に持参すべし 若(も)し肯ぜず又は官憲に内報せるときは虐殺すべしと脅迫文を同封し 部下或は通匪者、人質「ブローカー」をして近親者に送達す

 要求金額は相手方の資力に応じ一様ならざるも通常掠奪せんとする額の三倍乃至(ないし)五倍を要求するが如し

 匪団は被拉致者の反抗せざる限り無暗に虐待するものに非ず 然(しか)れども拉致途中逃走を企て或は官憲追撃の処(ところ)あるに被拉致者の歩行意の如くならざる場合又は被拉致者の家族要求に応ぜず官憲に内通したる場合は人質を虐殺することあり

 人質の家族容易に要求に応ぜざるときは人質の耳或は指を切断して之(これ)を家族に送り 容易に要求を断念することなし

※●は舎に鳥。




関連記事
スポンサーサイト