HOME > 朝鮮人強制連行 > title - 朝鮮人スリの歴史
2015/07/23

朝鮮人スリの歴史


韓国人武装スリ集団が日本に再入国していた、というニュースがありましたね。

その朝鮮人スリですが、日韓併合前の朝鮮には、ほとんどいなかったそうです。

なぜなら、日韓併合前の朝鮮経済は物々交換経済だったからです。


【日韓併合当時の朝鮮大邱市場】
chosen_daikyuuitiba1.jpg

戦前日本人の合い言葉 「シナ人の万引き、朝鮮人のスリ」



日韓併合後、日本は朝鮮に資本主義経済を構築しました。すると、朝鮮人スリが増えたのだそうです。

1910(明治43)年の日韓併合から12年後の1922(大正11)年頃からは、日本国内でも朝鮮人スリが増加しました。

その原因は出稼ぎまたは移民で渡日してきた朝鮮人が、第一次世界大戦軍需景気の反動不況で失業して犯罪を犯すようになったからでした。

また朝鮮人は朝鮮から貧しい子どもを日本に連行してきて、その子どもにスリをやらせていたそうです。

それに朝鮮人は日本語もできないまま渡日してきたので、警察に捕まっても言語不通、それで取り調べが不十分になり、刑罰が軽くすむことに味をしめて、東京、大阪、名古屋などあちこちにねじろをつくって犯罪を重ねていました。

そのため戦前日本では

シナ人の万引き、朝鮮人のスリ

と言われていたそうです。

朝鮮人強制連行哀話 とは、ずいぶんちがう事実ですね。


ということで、

韓国の資本主義、北朝鮮の経済解放は日帝残滓なので、南北ともに日本に寄生して外貨を稼いだり、「技術協力しろ」と要求するのは誤りなのですね。

レーニンいわく 「帝国主義とは資本主義の最終段階である」 ですから。

「反日本帝国主義!」全力で日本の資本主義を否定している民族に、経済・技術協力は必要ありません。何かしてやればまた 「侵略」 呼ばわりされるだけです。

朝鮮人が「反日本帝国主義!」とさけぶその根拠は、「日本の資本主義が共産労農朝鮮を侵略した!」 だからです。

ですから今後、日本は過去を痛烈に反省して、韓国と北朝鮮、特に韓国を李朝時代の物々交換経済にもどし、93年間も野放しで日本に入国させている犯罪者をシャットアウトするべきなのです。


【1926(大正15)年-名古屋刑務所新入朝鮮人受刑者再犯者35名中】
前   科スリ犯以外の受刑者19名内訳スリ犯受刑者16名内訳
初犯148
2犯43
3犯14
6犯1
合   計1916



スリに不向きだった日韓併合前の朝鮮市場をごらんください。

日本がこの朝鮮から何を収奪したというのでしょう?


【帽子屋】
chosen_ibousiya1.jpg


【飲食店】
chosen_inshokuten1.jpg


【雑貨店】
chosen_zakkaten1.jpg


【まき売り】
chosen_makiuri1.jpg


【松葉売り】
chosen_matubauri1.jpg


【膳売り】
chosen_zenuri1.jpg


【人参アメ売り】
chosen_ameuri1.jpg


【市場カラー版】
3c.jpg


【市場動画版 @ 北朝鮮】





韓国人武装すり団が再入国 逮捕の2人、数十件窃盗か
2015年7月22日 北海道新聞

 約10年前まで日本各地ですりを繰り返した「韓国人武装すり団」の元メンバーが今年3月以降、再び日本に入国していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警が6月に逮捕した韓国籍の男2人は西日本で数十件の窃盗などに関与したと供述。府警が実態解明に向けた捜査に乗り出した。

 大阪市西区で5月に買い物用カートに掛けた女性のバッグを盗んだとして、府警は6月、窃盗容疑で韓国籍の金上煥容疑者(49)と李橿ミン容疑者(54)を逮捕した。捜査関係者によると、2人は武装すり団の元メンバー。金容疑者は日本での服役を終えて韓国に帰国し、3月に密入国していた。

URL:http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0159416.html



本記事の資料



(  )内は管理人による注釈です。

司法省調査課
「日本国内で失業した朝鮮人がスリを働らく、朝鮮から貧しい子どもを連れてきてスリをやらせる」


出典:1937(昭和2)年 司法省調査課 「報告書集 10」



 内地(日本国内)に於(お)ける朝鮮人の窃盗中その数に於(おい)て顕著なるは掏摸(すり)である、大正十五年中名古屋刑務所に於て窃盗犯として受刑したる三十五名中掏摸は十六名あり、大正十五年中警視庁に於て朝鮮人の窃盗犯検挙数二百八十件中五十五件は掏摸事件である。

韓国併合当事(ママ)朝鮮には掏摸殆(ほとん)どなかりしとせられその理由として朝鮮は極端なる中央集権にして京城以外都会地少なく物資は殆ど定期の市場にて物々交換多く行われたると

朝鮮人の服装掏摸に便ならざりしに(便利ではないこと)に依(よ)るとせられたるが近来朝鮮にても掏摸事件顕著となり来(きた)りたる模様にて、貧児とその掏摸犯に就(つ)きては(ついては)不良少年問題として留意されつつある。

 内地に於ては支那人の万引、朝鮮人の掏摸と称せられ各地に於て注目され居(い)るが朝鮮人の掏摸は大正十一年頃より漸(ようや)く顕著となり来りたるは内地に於ける大正九年経済界不況(第一次世界大戦の軍需景気後の反動不況)後朝鮮人労働者中失業するもの生じ来りたる関係あるものと考えらる、

朝鮮人の掏摸中鮮内(朝鮮内)の貧児を内地に連れ来り年少の鮮児を使嗾(しそう:そそのかす)して掏摸を行わしむるもの多し、と。

 朝鮮人の掏摸は其(その)技術としては巧妙ならざるも(ではないが)其ズーズーしく押し強き態度は内地掏摸犯者も舌を巻く程(ほど)にて内地掏摸者は現金のみを掏(すり)取するもの多きも朝鮮人掏摸者は貴金属即(すなわち)時計、メダル等をも掏取すと言わる(言われる)、

尚(なお)警視庁某課員の言に依れば内地掏摸者は朝の出勤時及(および)夕刻退庁退社時の電車内の雑沓(踏)を奇貨として多く犯すも朝鮮人掏摸者は右時間以外の電車内に於ても之(これ)を為(な)すと。

 朝鮮人掏摸の増加は鮮人労働者の失業者の増加にも原因あるべく又(また)言語の不通の為(た)め取調とりしらべ)徹底せず、而(しか)して(そして)彼等(かれら)は之(これ)を奇貨として事実を告白せず、一方現行犯以外物的証明を得るに困難なる掏摸犯は現行犯事実のみに依り処罰せらるるを以(もっ)てその心理に刑重からず(刑が重くない)と為(な)すと東京、大阪、名古屋等各所に根拠を有し(根城を持って)、他府県に出稼(でかせぎ)をなす為(た)め連絡あるその根拠迄(まで)検挙困難なると、彼等の出獄後の保護に付き充分の施設なきとに因(よ)るものの如(ごと)く、

内地朝鮮人窃盗犯中掏摸犯者に前科者多きを見る、即ち大正十五年中名古屋刑務所新入受刑者中朝鮮人の掏摸以外の窃盗犯者十九名中三犯一名、二犯四名、初犯十四名なるに掏摸犯者十六名中六犯一名、三犯四名、二犯三名、初犯八名の如く再犯者多きを看(み)る。



朝鮮総督府
「朝鮮の経済は原始的経済生活、物々交換時代のままである」


出典:1923(大正12)-1935(昭和10)年 朝鮮総督府 「〔朝鮮総督府〕調査資料 第27集 朝鮮の市場経済」



ところが、嘗(かつ)ては仏教、工芸等に燦然(さんぜん)たる光輝を放ち、文化の大に進歩したる朝鮮が、その商業取引上に於ては、新羅時代も高麗時代も将(はたま)た李朝時代も、殆(ほと)んど著しき進化の跡を見ず、市街地も村落も依然として、原始的経済生活に於て見る、物々交換時代の遺風たる在来の市場の繁昌(はんじょう)して来たのは、その原因の奈辺(なへん:あのあたり、どのあたり)に存する為(た)めであろうか。




【写真出典】
1910(明治43)年 小川一真出版部 統監府編 「大日本帝国朝鮮写真帖:日韓併合紀念」





関連記事
スポンサーサイト