HOME > 朝鮮人強制連行 > title - 韓国が日本の産業革命遺産登録に反対する理由
2015/07/05

韓国が日本の産業革命遺産登録に反対する理由


韓国のせいで日本の産業革命遺産の審査が延期されました。

韓国は強制連行・強制徴用・強制連行を口実にしていますが、戦前の資料にそのような記述は一切ありません。

むしろ、朝鮮人は出稼ぎ労働者または移民として、自由に日本と朝鮮を行き来していました。


【強制収容所なき強制連行】
朝鮮人強制収容所というのを聞いたことがありますか?ありませんね。第一次世界大戦時、日本はルールを守るドイツ人でさえ収容所を新築して収容しました。
Germany_horyo.jpg

韓国の対日テロに加担する国々



朝鮮人の民族性は労働を嫌い、怠惰で、一銭でも賃金が高い仕事を求めて転々とする、というものでした。

しかも、小金がたまると雇用主の都合など考えずにサッサと朝鮮に帰り、金がなくなるとまた日本に出稼ぎにくる、といったことのくりかえしでした。

韓国はいま円高やMARS流行で国家破産の危機にあります。

危機におちいった韓国が日本の産業革命遺産登録に反対するのは、カネをせびるためでしょう。

労働を嫌う朝鮮人は国家を救うために必死に働くのではなく、日本を脅迫してカネを得ようというラクチンな方法を選びました。

韓国のデマに同調している国々は韓国のテロに加担したも同じです。

考えてみてください。

戦時中という非常時に、こんなグータラな民族を数百万人も強制連行してくるでしょうか?

日本にとっての朝鮮半島とは、日韓併合前から足手まとい、お荷物でしかないのです。


【韓国の対日テロ】

審査持ち越しに日本困惑=日韓首脳会談に影響も
2015年7月4日 時事通信(Yahoo! ニュース)

 ドイツで開かれている世界遺産委員会で、日本が推薦した「明治日本の産業革命遺産」の審査が持ち越されたのを受け、政府内には戸惑いが広がっている。6月の日韓外相会談で尹炳世韓国外相が登録に協力を約束していただけに、韓国側の強硬な態度は予想外だったようだ。

 外務省幹部は4日、「外相同士が協力で一致したのだから、まだその努力を続けている」と言葉少なに語った。

 審査持ち越しは、戦時中の強制労働の歴史をめぐる日韓の調整が難航していることが原因とみられる。政府関係者によると、世界遺産委での韓国代表が行う発言内容などに関し、なお両国に隔たりがあるという。話し合いが付かない場合、委員国による投票に持ち込まれ、韓国は反対に回る可能性が高い。

 政府は、安倍晋三首相と韓国の朴槿恵大統領による初の首脳会談を今年秋に行うことを目指している。世界遺産委での調整が決裂すれば、首脳会談開催に向けた動きに水を差すのは避けられない。政府関係者は「韓国の裏切りだと日本人には映るだろう。日韓関係への影響は計り知れない」と懸念している。 

【参考記事】韓国の百済歴史地区、世界遺産登録…日本も支持 2015年7月4日 読売新聞(Yahoo! ニュース)




グータラ以外にもある!
日本が朝鮮人を強制連行しなかった他の理由



戦時中、朝鮮人は連合国側に加担していたので、日本国内で数々の事件を起こしています。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

朝鮮人の日本人虐殺 琿春事件
対日ヘイト!空襲が夜間なら民家に放火せよ
タイピスト嬢の片目を吹き飛ばした朝鮮人テロリスト
国会殺人未遂事件-戦前極左朝鮮人の暴力事件@大阪市
許せない!!日本軍人の妻大量レイプ事件
日本人警察官をボコボコに!朝鮮人炭鉱労務者の暴力事件と共産運動


本記事の資料


イギリス人 「朝鮮人は仕事嫌いで独立自主の精神がない」


出典:1925(大正14)年 東亜経済新報社 バード・ビショップ 「三十年前の朝鮮」



漢江上り

 京城に於(おい)ても田舎に於ても朝鮮人が仕事嫌いな点は弟たり難く兄たり難しで、誠に一生を夢の如(ごと)く無意義に過して行く。何故(なぜ)に彼等(かれら)は斯(か)く迄(まで)も労働の尊きを悟(さと)らないのか。

彼等の容貌は決して働くことの有り難きを知らぬ程愚(おろか)では無い。形式だけとは言え支那の儒教は人生の何物たるかを教えて居(い)る。

而(しか)も相(あい)隣(となり)して居る支那人も日本人も営々孜々(しし:熱心にはげむようす)として働き自己の運命を開拓して生きた手本を示して居るに拘(かかわ)らず、死せる者のごとく其(そ)の刺戟(しげき)を感受せぬ不思議な国民である。

私は社会制度が居候を許すから自然指頭を動かすことすら懶(ものう)くなって仕舞って独立自主の精神が消滅したものかとも思った。



【朝鮮の古老】
chosen1.jpg


ロシア人 「朝鮮人は浪費家である」


出典:1923(大正12)-1935(昭和10)年 朝鮮総督府 〔朝鮮総督府〕調査資料 第20集 「朝鮮人の思想と性格」



二 ロシヤ人の観(み)た朝鮮人

(イ) ハイカラの朝鮮人

 朝鮮人は支那人に比べて、遥かに多量の物を消費するを以て、極東露領に於てその稼ぎ金の大部分を使う。若(も)し支那人が毎月八留(ルーブル)を消費し露(ロシア)人が二十三留を消費するとせば、朝鮮人は十八留を消費する、朝鮮人は支那人と違い最初に得た給料で先(ま)ず露西(ロシア)人風の服装を買おうとする。

 一体に朝鮮人は却々のハイカラである祭日などは漆塗の靴、天鵞絨(てんがじゅう:ビロード)の服、フェット帽で装身した朝鮮人をザラに見受けることが出来る。



【僧舞】
chosen2.jpg


東京府学務部社会課
「朝鮮人労働者は団体で退職就職を繰り返し、勤続年数短く、1、2年働くと朝鮮に帰る」


出典:1929(昭和4)年 東京府学務部社会課 「在京朝鮮人労働者の現状」



3 朝鮮人労働者の長所と短所

 朝鮮人労働者の、労働者としての長所と短所に就(つい)ては、場所と、仕事の方面に依って雑多なる見解があるように思考されるものであるが、左にその代表的なるものを載せて参考に供せんとするものである。

イ 勤続状態

一、大正九年以降一般に職工の雇入(やといいれ)をなさざりしを以て、現在者は同年の在職者三百余名中よりの勤続者なり。盛んに欠員補充をなせし頃の成績に徴すれば(照らしてみれば)、団体的に去就するの弊(団体で退職就職をする弊害)あるを認む (A造船所)。

二、内地人(日本人)に比し勤続状態は不良なるが如し、現に真面目に働くものと雖(いえど)も長きは二年、普通一年間位にして一旦(いったん)帰郷し、数月若(も)しくは一年間位を経過すれば、再び帰来する(日本に来る)と云(い)う状態なるを以て内地人に比し勤続年限は短し (B製肥合資会社)。

三、一概に言い難きも鮮人にして、一人の親方に従って四年五年と行動を共にするもの少なく、賃銀の肯定のみによらず仲間の勧誘に依り移動するの傾向亦(また)尠(少)なしとせず (C土木株式会社出張所)



【正月、飛び板で遊ぶ朝鮮人】
chosen3.jpg


朝鮮総督府
「朝鮮人労働者は転々と職場を変えるので雇用主の信用がない」


出典:1924(大正13)年 朝鮮総督府編 「阪神・京浜地方の朝鮮人労働者」



鮮人労働者の能率

 朝鮮人労働者の最も大なる欠点は、一定の職業、一定の場所に長く安定せずして、賃銀が多く得られるとか、面白い仕事があると聴けば、直ちに他に転ずる弊あり、これは職工、店員、労働者に共通の欠点にして、絶えず転々して居るから、労働の日数も少く、就職の困難も伴い、従って収入は多く得られず、殊(こと)に一定の職業に熟練することが出来ないで、自然使用主側の信用も厚くない訳(わけ)である。
 


【端午の婦女の遊び】
chosen4.jpg


神戸市社会課
「朝鮮人労働者の勤続状態は不良、雇用主の都合を考えず退職して帰鮮し、また来日する」


出典:1927(昭和2)年 神戸市社会課編 「在神半島民族の現状」



四 結論

 先(ま)ず勤続状態に就(つい)て見るならば、遺憾ながら衆口一致勤続状態不良と断定して居る。

乍然(しかしながら)更に一歩進んで、移住民心裡(理)を考えるとき、移民に共通した一つの通弊に支配されて居る ── 原則的の現れを見逃すことが出来ないのである。

例えば一年乃至(ないし)二年にして作業の影響如何(いかん)をも顧みず、袖を払って帰鮮する一事の如き明(あきらか)にそれである。彷徨千里 ── 臥薪の苦、嘗胆の辛をなめて、どうやらこうやら小金でもたまって来ると、矢もたてもたまらなく故郷へ思いがはせるのである。そして前後も忘れて懐かしい故郷の山川を訪(おとな)うべく ── 身支度する。

これは理論を超越して、移民に共通した彼等(かれら)の感情を一貫して実在する信念である。鮮人がこの原則の支配に翻弄されて、一刻も早く金をためてと焦(あせ)りつつ仕事口を追ってはそわそわと歩き廻り ── 少したまったかと思うと、懐郷の念禁じ難くあたふたと帰国する ── 腰の落ちつかないのも道理ではないか。



【舞童】
chosen5.jpg


京都市社会課
「朝鮮人労働者の渡来理由は出稼ぎ、金もうけのためである」


出典:1936(昭和11)-1940(昭和15)年 京都市 〔京都市社会課〕調査報告 第41号 「市内在住朝鮮出身者に関する調査」 昭和十二年一月


 
第七節 内地渡来理由

 朝鮮に於ける社会経済的諸条件殊(こと)に南鮮農村に於ける生活の窮迫が彼等(かれら)の内地渡来の基本的原因なることは上記に依り極めて明瞭に看取し得る所であるが、更に我々は彼等の渡来せる理由を労働従事者八,一五四人に就(つ)き個別的に聴取せるに、

 朝鮮にて生活困難の為(ため)渡来せるもの  二七七八名 三四・一%

 求職出稼(でかせぎ)の為渡来せるもの  二五四七名 三一・二%

 金儲(かねもうけ)の目的を以て渡来せるもの  一一四九名 一四・一%

 等であって 「郷里に於ける生活困難」 を明示するものは三分の一余であるが、之(これ)を「求職出稼」「金儲」等の用語を以て表現せるものを加うれば総数の七九・四%に上るのである。

 即ち経済的理由が彼等をして故郷を離れしめたことを明確にすることが出来るのである。 


【管理人注】
「朝鮮にて生活困難」の原因は日本の施政ではなく、日清戦争後に大韓帝国が清国と締結した「韓清通商条約」が原因です→コチラの記事にくわしく記載しています。




福岡地方職業紹介事務局
「朝鮮人は諸種の問題を惹起し、思慮浅薄(あさはか)、怠慢にして虚言を弄し、自己中心の打算より万事を処理し常に不遜であり、他に対して譲歩しない」


出典:1929(昭和4)年 福岡地方職業紹介事務局編 「労働調査8 管内在住朝鮮人労働事情」



十一、 事業主の朝鮮人労働者観

 今回調査したる朝鮮人労働者の稼働状態に就(つい)ては前述の通りであるが、各事業主を通じての所見を勤続、能率、耐久力、就業状態、長所、短所、健康衛生状態別に概括して記述すれば次の如くである。

イ、勤続状態

炭坑

 坑山に於ける坑夫の勤続成績は概して不良にして短きは就職後数日を出でずして退山する者を初め入坑後六ヶ月以内は可成(かなり)激烈なる移動が行われるが六ヶ月を経過すれば大体落付く様である。

之(これ)は筑豊方面に多数の坑山がある為(ため)夫(そ)れ等(ら)の坑山に在籍する知人等より巧辞を以て勧誘せられる結果が斯(かか)る頻繁な移動を招来しつつあるものと認めらる

勿論(もちろん)炭坑に依り炭層炭質が一様でなく従って収入も夫(そ)れ夫(ぞ)れ厚薄の別があり其(その)他坑内施設や福利施設等坑山自体に於ても種々彼等の勤続成績を不良ならしむる(不良にさせる)原因ある事は否定できない事であると。

採石所

 当所に於ける労働は可成(かなり)強健で殊に腕力の強いものでなければ初めより就業が不可能である。従って病気其他止むを得ざる事情を除く者の外(ほか)は比較的勤続成績は良好である。

最近の近況は一箇月平均五、六歩より一割止りと云(い)う所で一年以上になれば余程(よほど)落付いて来るようである。

(中略)

ヘ、 朝鮮人労働者の短所

 概して新渡来労働者等は内地語(日本語)や内地事情に通ぜず従って雇用者対労働者間に於ては時として意思の疎通を欠き為(た)めに諸種の問題を惹起すが如き事があると忽(たちまち)ち雷同して結束を固め同一行動を取るが如き又(また)性頑迷、思慮浅薄(あさはか)、怠慢にして虚言を弄し、自己中心の打算より万事を処理し常に不遜なる態度を持し他に対して寸毫も譲歩せざること。




【写真出典】
1942(昭和17)年 朝鮮総督府情報課 「前進する朝鮮」
1930(昭和5)年 南山吟社 今村鞆 「歴史民俗朝鮮漫談」
・1987(昭和62)年 講談社 「20世紀全記録」





関連記事
スポンサーサイト