HOME > 対日ヘイト・ヘイトスピーチ > title - 桂太郎元総理 「日露戦争の原因は韓国にあり」
2015/06/21

桂太郎元総理 「日露戦争の原因は韓国にあり」


またもや韓国が従軍慰安婦の件で、今度はなんとアメリカで訴訟を起こすそうです。

なぜ、アメリカで?

その理由は、「アメリカで訴訟を起こせば、日本に大ダメージを与えることができる」だそうですが、本当の理由は

夷(い)をもって夷(い)を制する! アメリカの威を借りたいニダ!!

という民族性でしょう。

まったく韓国は、自分らのそういう行為が戦争を招いてきたことにぜんぜん気がついていませんね。

日本人に向かって朝鮮人は「戦犯国」などと言いますが、日本が戦争せざるを得なかった原因は朝鮮が作ったのです。

韓国は加害者であり、日本は被害者です。

内閣総理大臣だった桂太郎公爵は、日露戦争の原因について

「韓国人は外国の勢力を利用して、その外国同士が衝突するように仕向ける。そのために韓国は外国と無謀な条約・協定を締結して自らの独立を阻害する」

と言っています。


【桂太郎公爵】
katsura_taro1.jpg


日露戦争だけでなく、日清戦争三・一独立万歳騒擾事件ダーハム(デュラーム)・ホワイト・スティーブンス暗殺事件大東亜戦争と、朝鮮は大国の威を借りて日本を脅威してきました。

朝鮮人が日本を敵視する理由は中華思想にもとづく日本蔑視、共産主義にもとづく反日行為でしょうが、その日本蔑視がアジアに戦争を呼びこんでいることに気づかないのです。

朝鮮人に助けを求められた西洋列国、ロシア、アメリカにしてみれば、事実がどうであろうと

「朝鮮人の頼みで戦争しに来たぜ」

というアジア介入の理由になるからです。

アメリカで対日訴訟を起こす、という行為も戦前ならば充分、対日宣戦布告の材料になったでしょう。


朝鮮人の白人崇拝主義にも、日本人はウンザリしています。

朝鮮人は白人を脅威と思い、崇拝するでしょうが、日本人はなんとも思いません。日本人が朝鮮人と同じならば、一国で連合国と戦争なんかできません。

アジアの戦争放火魔韓国に「平和」を口にする資格はありません

韓国が今後も「平和」という言葉を口にしたいならば、

白人の威を借りようとするな

ということです。


【ゼロ戦に恐怖する米軍】
tokkou2.jpg


【白人が好きで好きでたまらない民族】

元慰安婦と称する韓国人女性、米国で安倍首相や日本企業を提訴へ=「日本により大きなダメージを与えることができる」―韓国メディア
2015年6月20日 Yahoo! ニュース (レコードチャイナ)

2015年6月19日、韓国・聯合ニュースによると、韓国在住の元慰安婦と称するユ・ヒナムさんが日本の政府や企業、メディアを相手取り、米国で2000万ドル(約24億円)の損害賠償を求める訴えを起こすことが分かった。中国メディア・多彩貴州網が伝えた。

現在、ユさんが暮らしている京畿道光州市にある慰安婦被害者施設「ナヌムの家」のアン・シンウォン主管は、87歳のユさんが日本政府や安倍首相だけでなく、日本の企業やメディアも訴える予定であることを明らかにした。

アン主管によると、ユさんは米カリフォルニア州連邦法院で賠償額2000万ドルの訴えを起こす予定。米国で訴訟を起こす理由については、第2次世界大戦中の戦犯企業が現在米国に進出していることと併せ、韓国で訴訟を起こすよりも日本に大きなダメージを与えることができるからと説明した。また、訴える予定の日本メディア1社については、報道の中で複数回にわたって「慰安婦」を「売春婦」とおとしめたためとした。

慰安婦による米国での訴訟については、00年に韓国とフィリピンの被害者15人がワシントンで日本政府を相手に損害賠償訴訟を起こし敗訴しているため、今回はまずユさんから始めて個別に訴訟を起こす計画だという。アン主管は「米国で勝訴できれば、日本は正式に謝罪し、相応の賠償に応じるだろう」と話している。(翻訳・編集/秋田)




本記事の資料



(  )内は管理人による注釈です。


出典:1917(大正6)年 故桂公爵記念事業会 徳富猪一郎 「公爵桂太郎伝・坤巻」 



韓国問題と対外的関係

由来、我が帝国が韓国問題に対して、其(そ)の最も難しとする所の者は、内政的関係に非(あら)ずして、其の対外的関係に在(あ)りし也(なり)。

韓国人は巧みに外国の勢力を操縦して、互(たがい)に之(これ)を掣肘(せいちゅう:そばから干渉して自由に行動させないこと)せしむるを以(もっ)て、其の最好政策とし、之(これ)が為(ため)に他国と無謀なる条約協定を為(な)し、以て自ら其の独立を阻碍(害)するを顧(かえり)みざりき(かえりみない)。

我国が露国(ロシア)と戦うに至りし所以(ゆえん)も、亦(また)此(これ)に存す(ある)。

三十七年八月の日韓議定書に拠(よ)れば、韓国は、私に他国と条約を締結し、其の他重要なる外交案件を処弁(しょべん:処理すること)能(あた)わざる(できない)筈(はず)なりしも、戦争進行中に在(あ)りてすら、此の条文を無視し、又は無視せんと試みたる事例、鮮(すくな)からざりき(少なくない)。

和議既(すで)に成りし後と雖(いえど)も、有力なる韓人中には、此(この)種(しゅ)の陰謀に着手せるもの有りき。又(また)常時露国の如(ごと)きも、亦(また)之(これ)が留意を要せざるを得ざりき(留意しなかった)。

露国は、講和条約に於(おい)て、韓国に於ける日本の完全なる保護権を認めたれども、裏面に於て、如何(いか)なる態度に出ずるやも未(いま)だ知るべからざりし也(知れない)。講和条約第一条の規定も、亦(また)露国に慮(おもんぱか)りしが為(ため)なり。

韓国と露国との条約は、韓国政府に於て、三十七年五月十八日の宣言を以て、一切之(これ)を廃棄せしと雖(いえど)も、露国は其の宣言後数日、日本政府が韓国の権力を占奪(せんだつ:奪って自分のものとすること)せるを称して(日本政府が韓国の権力を奪ったと言って)、韓国政府の此等(これら)の宣言は、皆(みな)無効なりと声明したり。

帝国が韓国に於て、完全なる保護権を設定するも、韓国と列国との条約は、此の保護権確立の事実の為(た)めに、消滅すること無きが故(ゆえ)に、若(も)し露国に於て、他日、前記韓国宣言の効力を争うに於ては、再び紛糾を来(きた)さずと云(い)うべからず(きたさないとはいえない)。是(これ)実に第一条の規定ある所以なりし也(なので第一条の規定を設けた)。

韓国の事情既(すで)に此(こ)の如(ごと)し。故に韓国の列国との関係をして、従前の如くならしめん乎(か)、帝国の韓国に於ける位置は、絶えず不安定を免れざるべきは(まぬがれないのは)、必然の勢なるべし。

帝国が韓国の外交権を収め、帝国に於て其の対外関係を処理するは、韓国指導の一階梯(第一段階)として、誠に已(や)むを得ざりし也(やむをえなかった)。






関連記事
スポンサーサイト