HOME > 朝鮮民族解放共産運動 > title - 三・一独立運動を弾圧したのは旧韓国の法
2015/03/01

三・一独立運動を弾圧したのは旧韓国の法


今年もまた3月1日がやってまいりました。

お隣りの国韓国ではまた「日帝の弾圧ガー」とか言って、日本に謝罪と賠償を求めるのでしょう。


でも真実は「三・一」を弾圧したのは、朝鮮人が敬愛してやまない李王朝が編纂した「保安法」でした。

朝鮮総督府はこの「保安法」を李王朝から引き継いで、「三・一独立運動」を鎮圧しただけです。

韓国が「日帝の弾圧ガー」というのは、事実無根の対日ヘイトでしかありません。


【大韓帝国皇帝:大院君】
taiinkun1.jpg


日清戦争後、はじめて独立国としての法を編纂(へんさん)した朝鮮



日清戦争後、朝鮮は建国以来はじめて独立国となりました。

独立国となった朝鮮は国号を「大韓帝国」と改め、元号もずっと使っていた中国の年号を廃止して「開国」と改めました。

でもまだ大韓帝国の法は経国大典(清国属国法)のままだったので、日本政府は韓国政府に日本の法令にならって独立国としての法を定めるよう意見しました。


【経国大典】
keikoku_taiten1.jpg【出典】1936(昭和11)年 朝鮮総督府中枢院調査課 「李朝法典考」 


そこで韓国政府は現行法令を定める作業に着手し、隆煕4年(明治43=1910年)6月15日に完成したのが、韓国唯一といわれた「韓国法典」でした。

国や民族がちがえば発生する犯罪も異なります。

日本には朝鮮人のように群衆となって暴動、略奪、強姦、殺人を犯すといったような犯罪はなかったので、朝鮮人特有の集団的犯罪に適用する法がありませんでした。

なので、朝鮮総督府は日韓併合と同時に制令第一号を公布して、李王朝時代の「韓国法典」の中からいくつかの法を併合後の朝鮮でも適用できるようにしました。

1919(大正8)年3月1日に発生した「朝鮮独立万歳騒擾事件」は60日間にもおよぶ大暴動になり、そこで朝鮮総督府は大韓帝国の「保安法」を適用して、暴動を鎮圧したのです。


【韓国法典】
kankoku_houten1.jpg【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:A06032019300:昭和15年3月31日 朝鮮総督府中枢院 「韓国法典」


【1934(昭和9)年:朝鮮法規集覧】
三・一朝鮮独立騒擾事件後「政治に関する犯罪処罰の件」施行、その後「治安維持法」が朝鮮でも施行されたが、昭和に入っても「保安法」は朝鮮法規に掲載されている。
chosen_houki_shuran1.jpg【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:A06032018000:昭和15年3月31日 朝鮮総督府中枢院 「昭和9年版 朝鮮法令輯覧 上巻」第九集 衛生警察 第二章警察 第三款保安風俗


【朝鮮総督府:明治43年制令第一号ニ依ル命令ノ区分ニ関スル件】
meiji43_seirei_dai1gou1.jpg

理由書 朝鮮総督府諸管制の公布に伴い明治四十三年制令第一号に依り効力を存する命令の区分を定むる必要あるに因(よ)る
meiji43_seirei_dai1gou2.jpg【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:A01200063300:明治43年9月 内閣総理大臣 侯爵 桂太郎「統監府裁判所令中ヲ改正シ朝鮮総督府判事及検事ノ任用ニ関スル件朝鮮人タル朝鮮総督府裁判所職員ノ任用ニ関スル件及明治四十三年制令第一号ニ依ル命令ノ区分ニ関スル件ヲ定ム」


【韓国法典:保安法】
hoan_hou1.jpg【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:A06032019200:昭和15年3月31日 朝鮮総督府中枢院 「韓国法典」

hoan_hou2.jpg【出典】アジア歴史資料センター:レファレンスコード:A06032019300:昭和15年3月31日 朝鮮総督府中枢院 「韓国法典」


【韓国法典:保安法:拡大】
hoan_hou3_2.jpg

【「保安法」書き起こし】
第二章 保安
●保安法 光武十一年七月二十九日 法律第二号

第一条 内部大臣は安寧秩序を保持の為(ため)必要の場合に結社の解散を命ずることを得

第二条 警察官は安寧秩序を保持の為(ため)必要の場合に集会又(また)は多衆の運動或(あるい)は群集を制限禁止し又は解散することを得

第三条 警察官は前二条の場合に必要と認むる時には武器、爆発物其(その)他危険なる物件の携帯を禁止することを得

第四条 警察官は街路其(その)他公開の処所に於(おい)て文書、図画の掲示、分(頒)布、朗読又は言語形容其(その)他の作為を為(な)し安寧秩序を紊乱(びんらん)するの慮外有りと認むる時には其(その)禁止を命ずることを得

第五条 内部大臣は政治に関し不穏の働(動)作を行う慮外有りと認むる者に対し其(その)居住処所より退去を明治且(か)つ一箇年以内の期間を特定し一定の地域内に犯入を禁止することを得

第六条 前五条に依る命令に違反したる者は四十以上の笞刑(ちけい)又は十箇月以下の禁獄に処す 第三条の物件が犯人の所有に係る時は情状に依り之(これ)を没収す

第七条 政治に関し不穏の言論動作又は他人を煽動、教唆或(あるい)は使用し又は他人の行為に関(干)渉し因(よ)って治安を妨害する者は五十以上の笞刑十箇月以下の禁獄又は二箇年以下の懲役に処す

第八条 本法の公訴時効は六個(ママ)月間とす

第九条 本法の犯罪は身分の如何(いかん)を不問(とわず)地方裁判所又は港市裁判所の管轄とす 

   附則

第十条 本令は頒布の日より施行す

【笞刑(ちけい)も李王朝から引き継いだ刑罰】
朝鮮における笞刑は罰金刑の代替として用いられていた刑罰で、日本は「文明的ではないが民度に合うもの」として実施していた。のち1920(大正9)年3月に廃止した。
chikei03.jpg




韓国や李明博元大統領の「日帝は朝鮮独立運動を弾圧した!」という対日ヘイトスピーチには、

三・一鎮圧に不満があるなら、日本ではなく、李王家に言え!!

と返せばいいわけですね。ご先祖様GJです。

それから

その民族にはその民族に適した法が必要

ということも言えますね。

日本人向けのおだやかな法律では、朝鮮人は裁けないのです。


【息をするようにウソをつくウソつき韓国のウソ新聞】

三・一運動を低評価する韓国・日本の歴史教科書…日本「妓生も行進」 韓国「暴力的」
2015年2月27日 中央日報

「日本統治下の朝鮮では1919年3月1日、過去の国王の葬儀に集まった人々がソウルで独立を宣言し、デモ行進をした。…当初は非暴力集会として計画されたが、しだいに大規模な運動に発展した。軍隊が出動し、両者の衝突で多くの死傷者が発生した」(日本の自由社の中学歴史教科書)

「三・一独立運動には学生や妓生(芸者)など女性もいた。写真はソウルの中心街を行進する女子学生」(日本の東京書籍の高校歴史教科書)

「平和的に展開した初期の万歳デモは日帝の武力弾圧で多数の死傷者が発生すると、日帝の植民地統治機関を破壊するなどしだいに暴力的な様相を見せた」(韓国の金星出版社の高校韓国史教科書)

日本と韓国の中学・高校歴史教科書に掲載された三・一運動に関する記述だ。日本の教科書の場合、「三・一運動の結果、植民地の韓国だけでなく日本側にも死傷者が多数発生した」「妓生(芸者)が参加した」などと記述し、三・一運動の意味を低めようとした跡が見える。韓国の教科書もアジアのいくつかの民族の非暴力独立運動の開始と評価される三・一運動を「暴力的」と記述した。

セヌリ党の韓善教(ハン・ソンギョ)議員(龍仁水枝)は26日、「東北アジア歴史財団と教育部から提出を受けた韓・日歴史教科書を分析した結果、日本の歴史教科書の多くが三・一運動の実状と意味を歪曲・縮小していた」とし「韓国の歴史教科書は非暴力的な三・一運動を暴力的に表現したり、柳寛順(ユ・グァンスン)烈士と太極旗使用への言及がないことが多かった」と指摘した。

韓議員は27日の対政府質問でこの問題を集中的に取り上げる予定だ。韓議員が分析した東京書籍の中学歴史教科書は、三・一運動を簡単に説明する代わりに、韓国の民俗芸術に関心があった日本の民芸運動家の柳宗悦を同じページにより大きく紹介した。韓議員は「朝鮮に好意的だった人物の紹介を通じて、日本の残虐性をごまかそうとした意図が見える」と指摘した。

また、韓国高校歴史教科書8件の半分の4件が三・一運動を「暴力的」と記述していたことが確認された。残りの3件でも「襲撃」「武力」「攻撃」との表現が使われた。

一方、天才教育の教科書には三・一運動が「武力抵抗」の性格を帯びることになった過程が詳細に説明されていた。「時間が経過するほどデモは激しくなり、デモの途中、軍・警の発砲で死亡した人たちも多かった…日帝の無慈悲な弾圧に武力抵抗の姿を帯びたりもしたが、非暴力原則により進行されたデモは世界史的に高く評価されている」という内容だ。

韓議員によると、柳寛順烈士を本文で説明した韓国教科書はわずか1件(志学社)にすぎなかった。日本の高校の近現代史歴史教科書7件のうち4件に関連説明が記述されているのとは対照的だ。また、韓国の教科書8件のうち、抗日独立運動中に使用された太極旗に言及している教科書は3件だけだった。



本記事の資料



日清戦争で独立した大韓国「清国属国法」を改正す


出典:1936(昭和11)年 朝鮮総督府中枢院調査課 「李朝法典考」 275~280ページ



各般の改革に着手す

 斯(か)の如く、必要に応じて法規の改正に着手し、漸(ようや)く新政の曙光を見るに至り、従来用いていた清国の年号を廃止し、始めて自国の紀年を用い、公私の文書には開国五百三年の紀年を記することとなった。玆(ここ)に於(おい)て大君主の基礎強固となり、此(こ)の年十二月十二日左の誓告文を発布して一般国民に発布したのである。

(中略)

 之(これ)を廟社に告げ、又(また)国民に布告して清と離れたことを宣明し、従来宗主国として事へて居た清国に対し自主独立を宣言し、内政を改革して王室と国政の事務を分離し、各官の権限を定めて政務の統一を謀(はか)り、民法刑法を制定して厳明に生命財産を保全すべきを誓い、従来支那の法制に従い之(これ)に倣(なら)って編纂した経国大典以下の諸法典を漸次日本の法令に倣いて改正することとし、先(ま)づ第一として管制の改革に着手して暦・年号・公文式・裁判所竝(ならびに)訴訟法其(そ)の他必要なる法規を公布して順次旧法を改めたのである。



朝鮮総督府「日本人と朝鮮人に適用する法は別」、「保安法は帝国の法令として有効である」


出典:1936(昭和11)年 朝鮮総督府法務局法務課 「朝鮮の司法制度:昭和十一年朝鮮総督府施政二十五年記念」 85ページ 



(3)治安維持に関する法令

 社会の治安を維持し安寧秩序を保持する為の取締法規としては次の如きものがある。

 保安規則は明治三十九年四月十七日統監府令第十号を以て旧韓国在留の日本人に対し適用する目的にて制定せられ、又保安法は光武十一年七月法律第二号を以て公布せられ朝鮮人のみ適用あるもので、何れも明治四十三年制令第一号に依り日韓併合後も帝国の法令として効力を有するものであるが、制定後之(これ)と抵触し若(もしく)は重複する法令の発布ありたる等の為今日に於(おい)ては其(そ)の適用の範囲は甚だ狭くなっている。

 政治に関する犯罪処罰の件は大正八年三月朝鮮独立騒擾事件発生を機とし之等(これら)の政治変革を目的とする不穏行動を鎮圧せんことを目的として同年四月十五日制令第七号を以て制定せられ其の効果頗(すこぶ)る大なるものがあったが、其の後治安維持法施行の結果同法抵触の部分は廃止せられ現在に於ては之(これ)を適用することは極めて少ないこととなっている。

 其の他内地(管理人注:日本国内)法令の適用あるものに大正十五年四月法律第六十号暴力行為等処罰に関する件(同年九月十五日より朝鮮に施行)、及(および)大正十四年四月法律第四十六号治安維持法(同年五月十二日より朝鮮に施行)等がある。



朝鮮総督府「民族がちがえば犯罪も異なる」


出典:1923(大正12)~1935(昭和10)年 朝鮮総督府 「調査資料、第23集 朝鮮の犯罪と環境」 3ページ



 私は朝鮮の犯罪を研究するに当りて、特にその社会環境との関係に重きを置いて、各種の方面より観察し、就中(なかんずく)、犯罪と経済現象との関係、犯罪と文化現象との関係を、明かにせんことに努めたのである。

朝鮮と内地とは種々の点に於(おい)て社会事情を異にし、従って犯罪状態も自ら異なって居るので、犯罪の人類学的、生理学的研究も、頗(すこぶ)る有益なことであると認むるが、本書に於ては、編纂者たる私がこの方面の研究に門外漢たる関係と、調査の性質上、統計的、地理的に大量観察を試みた結果、自然、個々の犯罪者に就(つ)いて、微細なる説明を為(な)す如きことの出来なかったのは遺憾である。






関連記事
スポンサーサイト