HOME > 日韓外交史 > title - 拉致被害者救出と日清戦争後の大韓国の裏切り
2014/06/27

拉致被害者救出と日清戦争後の大韓国の裏切り


日本政府が来週にも、『対北朝鮮独自制裁の一部解除を判断する』そうです。これまで朝鮮は、日本を何度も戦争に引き込んでおきながら、そのたびに日本を裏切って、自分らだけがいい思いをしてきました。

今からちょうど120年前の日清戦争から4年後、日本の力で独立できた朝鮮は「大韓帝国」と名乗って、大清国と「韓清通商条約」を締結し、朝鮮半島に再び大量の清国人を移入させました。

なので、日本が負担した日清戦争の戦費と多くの人命は、ぜんぶムダになってしまいました。

朝鮮は何もせず、楽々と独立し、その後は大清国と対等であるという自意識のもとにサッサと日本を裏切って、大清国と友好を深めたのです。

日本国はじめ日清戦争の戦没者遺族は、大韓国がやったことをどう思ったでしょうか?きっと腸(はらわた)が煮えくり返ったと思いますよ。

そして韓清通商条約締結によって清国人(中国人)に土地と仕事を奪われた朝鮮人は、仕事を求めてドトウのように日本に渡ってきました。

それが今では「ウリは強制連行の被害者、差別するな!」ですからね。

日本人にとって在日朝鮮人とは、日本を裏切った象徴であり、朝鮮人の失政によって日本に流入してきた「社会問題」なのです。


迎恩門とセットだった慕華楼(慕華館)

(資料の説明から)記念門 京城四大門外にあり昔時迎恩門と称し清使(清国からの使い)を送迎せし処(ところ)なりしが二十七、八年戦役(日清戦争)後之(これ)を破毀し新(あらた)に此(この)門を築造せり 又傍(かたわら)にある家屋は慕華楼又は武二所と謂(い)い清使を迎え平時は武科の登用試験場たりし所なりと 前面に尖立せる山嶽は即ち是(こ)れ北漢山なり
kinenmon_bokakan00001.jpg【出典】1910(明治43)年 統監府編 「大日本帝国朝鮮写真帖:日韓併合紀念」


【韓国ドラマ「トンイ」】
王様がえらそうに「清国の使者を慕華館に案内せよ」と命じる妄想ドラマ。


今回の北朝鮮の件では、くれぐれも日本政府はダマされないようにして欲しいものですね。


特別調査委の権限見極め制裁措置解除判断
2014年6月26日 NHKニュース

政府は、拉致被害者などの全面的な調査を行うため北朝鮮が設置する「特別調査委員会」を巡って、来週、中国で開く日朝政府間協議で、あらゆる機関を対象に調査する権限が与えられているかなどを慎重に見極めたうえで、来週中にも日本独自の制裁措置の一部解除を判断することにしています。

政府は、拉致被害者を含む日本人行方不明者の全面的な調査を行うため、北朝鮮が設置する「特別調査委員会」を巡って、局長級による日朝政府間協議を来月1日に中国・北京で開くことにしています。政府は、この場で「特別調査委員会」の組織や権限などについて、北朝鮮側から説明を受けることにしており、岸田外務大臣は「すべての機関に対する調査を行う権限があるかどうかが重要で、その点をしっかり見極めたい」と述べました。(後略)

ソース元URL:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140626/k10015510711000.html


「韓清通商条約」締結で日本に出稼ぎ、密航


日清戦争から4年後、日本の力で独立国となった朝鮮は「大韓帝国」と名乗り、「大韓国」として大清国と「韓清通商条約」を締結し、再び朝鮮半島に大量の清国人を移入させました。

韓清通商条約:漢語バージョン


出典:1906(明治39)年 統監府編 「韓国ニ関スル条約及法令」 大韓国大清国通商条約


大韓国大清国通商条約

大韓国
大清国切欲敦祟和好恵顧彼此人民是以

大韓国
大皇帝特派全権大臣従二品議政府欲贊政外部大臣朴齋純

大清国
大皇帝特派全権大臣二品銜太僕寺卿徐壽朋各将所奉全権字拠互相較閲倶属妥善訂立通商約款臚列於左

【資料画像】
kansin2.jpg


韓清通商条約:和訳バージョン


出典:1933(昭和8)年 南満洲鉄道株式会社経済調査会著 「朝鮮人労働者一般事情」  第三章 支那人の入鮮



第一款 将来大韓国と大清国とは永遠に和好し両国臣民又は商人は彼此相手国に居留し、各完全なる保護と優待利益を獲得若(もしくは)第三国より相手国に対し不公平又は軽蔑することあるときは彼此通知して相互に援助し…云々。 (第三国は日本のことと思われる)

【資料画像】
kansin_5.jpg


当然、清国人は大韓国との条約など守るはずもなく、朝鮮の好きな所に住み着き、朝鮮の土地を奪い、朝鮮人の仕事を奪いました。

朝鮮の土地を奪ったのは中国人


出典:1933(昭和8)年 南満洲鉄道株式会社経済調査会著 「朝鮮人労働者一般事情」 第三章 支那人の入鮮



【在鮮支人職業別戸口調@1931(昭和6)年】

在鮮支人の職業は「農業」が1,986人でダントツ1位。
在鮮支人職業別戸口調



日本のおかげでその建国以来初めて独立した朝鮮は「大韓帝国」と国名を変えましが、属国根性はそのままだったので大清国と韓清通商条約なんぞを締結した結果、清国人(中国人)に土地と仕事を奪われ、日本にドトウのように渡航してきました。

朝鮮人移民の郷里での職業調査


出典:1927(昭和2)年 神戸市社会課編 「在神半島民族の現状」 八、郷里に於ける職業調査



調査区朝鮮での職業が農業だった者
葺 合218
神 戸26
湊 東66
湊 西60
66
林 田544
須 磨73
1,053
百分比(%)86.76


神戸市-渡航前職業line


神戸で朝鮮人移民の調査が行われた1927(昭和2)年の日本経済は第一次世界大戦による軍需景気の反動である戦後不況下、追い打ちをかけるかのように昭和金融恐慌が起きた年でした。

さらに翌々年の1929(昭和4)年には世界恐慌が起こります。


【世界恐慌の震源地となったニューヨークウォール街】
世界恐慌ウォール街1929年

そこで日本政府と朝鮮総督府は朝鮮人の日本渡航を防止するべく、渡航禁止政策を執りました。しかし朝鮮人は「差別だ!」と叫び、密航までして日本に渡航してきました。

その結果、不況にあえいでいた日本企業は日本人労働者を解雇して賃金の安い朝鮮人を雇用したり、朝鮮人労働者の賃金に合わせて日本人労働者の賃金を安くしたりしたので日本の労働市場が崩壊してしまいました。

現在、日本政府や日本経済界が「移民政策」を推進している理由の一つが、外国人労働者の賃金の安さです。

日本人労働者は戦前朝鮮人労働者の流入で泣かされていますから、日本政府の移民政策や外国人労働者の受け入れには反対するべきです。

1929(昭和4)年:
日本に大量渡航してきた朝鮮人労働者が社会問題化


出典:1929(昭和4)年 日本評論社 安部磯雄著 「失業問題」  八 朝鮮労働者と失業問題



 八 朝鮮労働者と失業問題

 近来朝鮮労働者にして内地(日本国内)に流入するものが夥(おびただ)しい。警保局(内務省の一部局で現在の警察庁の一部局に等しい)の調査によると、本年七月現在で約二十四万人であって、その職業別は次の如くである。

学生・商人・工場労働者15%
自由労働者85%


 

 即ちその大多数は自由労働者であって、実に二十万四千人を算して居る。しかして彼等(かれら)の渡来は激増の傾向があって、本年度に入ってからも次の如き数字を示して居る。

1 月11,190
2 月16,522
3 月26,146
4 月26,614
5 月22,656
6 月16,760


 


 




 現在の処(ところ)、工場労働者は少数であるから、内地の工場労働者に対して著しい脅威にはなって居ないが、それでも大阪府泉南地方では紡績会社が賃銀の低廉なる朝鮮労働者をドシドシ傭(やとい)入れて、内地(日本人)労働者の失業又は賃銀低下を見つつある事実がある。熟練労働に於いてはそうではないが、不熟練労働に於いては、工場労働者としても資本家が内地労働者と朝鮮労働者とを入れ替える傾向があり、今後益々その傾向を強くするであろう。

昭和4年失業者問題2

【韓国徴用工像-勝手に来ておいて被害者ヅラ】
徴用工像1


そして日本に移民してきた朝鮮人は役人の質問に

「朝鮮人は三度のごはんも白い米のめしだし、着物も家も持っているから支那人と同じ賃銀では働けない」

とシャーシャーとウソをついています。

朝鮮人は日韓併合まで白い米のめしなんか食べられなかったし、いつでも農村を捨てて逃亡できるように荷物も持たなかったのです。

ウソをつくのは朝鮮人の民族性@神戸市


出典:1927(昭和2)年 神戸市社会課 「在神半島民族の現状」 三 内地渡航理由調査



 或(あ)る朝鮮人に「内地でこんなに苦労するよりか──朝鮮に居て働いた方が、ヨッポド楽ぢやァないか」と尋ねて見るとその朝鮮人「そりゃ朝鮮に居れば百姓の手伝い(管理人注:土地を持たない農奴のこと)や車引きの仕事はありますが──安くって駄目、それに支那人が沢山(たくさん)入り込んで居るから、仲々(なかなか)朝鮮人に好(よ)い仕事がない」と答えた。

更にその朝鮮人は言葉を続けて言うことには、支那人は米のめしもろくろく食わずに──南京虫さえ逃げ出しそうな処(ところ)へごろ寝して働くから賃銀なんか朝鮮人よりやすくっても充分らくにくって行ける──が、朝鮮人は中々(なかなか)に以て左様(さよう)簡単に参らんのだそうな、三度のごはんも白い米のめしだし、着物もきれば家も持ってるんだ。於此処乎如何(ここにおいていか)に文殊(もんじゅ)の智慧を絞っても支那人の賃銀だけでは働けないと──成程(なるほど)道理らしくも思われる。

【資料画像】
在神-支那人のせいで仕事がない


日本が日清戦争に費やした軍費の金額と戦死者数

日本が日清戦争に費やした金額は当時の金額で859,404,000円、戦死者数はウィキペディアによると、戦死・戦傷死1,567名、病死12,081名、変死176名、計13,824名(戦傷3,973名)となっています。

朝鮮人が独立に浮かれて清国と締結した「韓清通商条約」によって、日本が費やしたこれらのものがすべてムダになってしまったのです。


【明治以降における軍事費の比重(日清戦争関係):単位(千円)】
年  度一般会計と陸軍会計との純計直接軍事費
1894(明治27)年185,299128,42769.2
1895(明治28)年178,631117,04765.5
臨時軍事費250,000
合  計363、930495,474
【出典】1979(昭和54)年 芙蓉書房 上法快男「陸軍省軍務局」第二章 昭和期軍務局の足跡

しかも、「大韓国」と名乗った李王は、当時のイギリス公使館員の手記によると『日清戦争中、宮殿の奥に隠れて姿を見せなかった』そうです。

その民族が「ウリは日本に勝利した戦勝国民」と日本人に名乗っているのです。

これらの事実はそれでもこれまでの104年間、日本人が朝鮮人を嫌忌してきた理由の一つにすぎません。


出典:1925(大正14)年 東亜経済時報社 バード・ビショップ著 「三十年前の朝鮮」 日清戦争



 日本人は全体小柄だ。此(こ)の小柄な日本軍隊は姿勢正しく軍紀厳粛、堂々として京城に向け出発する。当時朝鮮国王は禁裏奥深く隠れ、朝鮮政府は態度鮮明を欠き、全く途方に暮れたらしい。



関連記事
スポンサーサイト