2018/07/18

敗戦国という自覚がない北朝鮮、絶賛武装解除中!


アメリカによる北朝鮮武装解除が進行中のようで、危機感を抱いたのか北朝鮮が「朝鮮戦争終戦宣言を優先しろ!」とわめいています。

アメリカにとって戦争はビジネスなので必ず勝利しなくてはならない、だから北朝鮮を完全に武装解除して、それから攻撃するのは当然のことです。

もしアメリカが北朝鮮を攻撃するなら、11月の中間選挙後でしょうね。

サヨクは日本人に言論封鎖をかければ、それでずっと日本にいられると思っているようですが、敵国アメリカの会社に自分の居場所を通報して、本当にバカだなあと思います。


【これが武装解除|1947(昭和22)年11月8日】
中国へ売却される日本の余剰兵器の船積み@沖縄。
余剰兵器積み込み2

↓↓↓アメリカにシメ上げられている北朝鮮↓↓↓

北朝鮮、米国に終戦宣言優先を求める
2018年7月15日 TBS

 北朝鮮は、アメリカと北朝鮮の間で終戦宣言を発表することについて、「平和保障体制を構築するための最初のプロセスで信頼醸成のための優先的な要素」だと主張し、終戦宣言を優先するよう求めました。(中略)

 論評は今月行われた北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長とアメリカのポンペオ国務長官の会談に触れ、「終戦宣言の問題にあれこれと条件や口実を設けて先送りしようとする立場を取った」と批判。北朝鮮の核問題について、アメリカ側が「CVIDだの『申告』だの『検証』だのと言って一方的に非核化要求だけを持ち出した」と反発しています。(後略)

↓↓↓戦争の3ステップ↓↓↓
1 思想戦

2 経済戦 ←北朝鮮はココで敗戦

3 武力戦 ←日本はココで開戦




思想的・民族的祖国の後ろだてがなくなったのに|
在日サヨク、敵国アメリカの会社にBANBAN自分の居場所を通報中w

YouTubeはこれまで3回通報でアカウント凍結だったのが1回で凍結になるよう、規約が変ったそうです。

ネトウヨ夏のBAN祭り1_2

時代はナショナリズム(民族主義)へと移行しているのに、いまだに頭の中が100年前の日本のサヨク。100年前の共産党のスローガン「日本帝国主義は世界の敵、日本人に危害を加えるのは世界平和のため」。

ネトウヨ夏のBAN祭り2_2
URL:サヨクの対日言論弾圧掲示板:https://www65.atwiki.jp/operationobihiro/sp/
本スレ(5ちゃんねる):https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1531829356/


アメリカが北朝鮮を攻撃したときの敵国民通報先

終戦後、朝鮮人が在鮮・在満日本人の居場所を連合軍に通報したのをマネすればいいんですね。

日本の過去の失敗は悪に善で報いたことです。悪は善も悪用するのです。

日本に朝鮮人を混ぜたのはアメリカなので、オススメの通報先はトランプ大統領です。汚鮮されておらず、筋金入りのナショナリストなので。

また、アメリカは物質至上主義なので通報の仕方は「このままじゃアメリカの利権、権利が侵害されます」というスタイルが有効と思われます。

・トランプ大統領Twitter:https://twitter.com/realDonaldTrump

・ホワイトハウスTwitter:https://twitter.com/WhiteHouse 

・在日米軍司令部Twitter:https://twitter.com/USFJ_J

・駐日アメリカ合衆国大使館ウェブサイトはこちら

・首相官邸 ご意見・お問い合わせはこちら 

・防衛省 電話:03-5366-3111(代表) FAX:03-5261-8018 
     防衛省・自衛隊に対する御意見箱はこちら

・国家公安委員会御意見箱はこちら


GoogleChromeを使えば、5ちゃんねるのスレッドをダウンロードして保存できるそうです。ファイルサイズが大きそうですが。

↓↓↓ダウンロード手順↓↓↓
1 GoogleChromeの右上にある〔⋮〕をクリック

2 〔その他のツール〕をクリック

3 〔名前を付けてページを保存〕をクリック


ふるえて眠れ、北朝鮮|米軍の日本進駐

金日成広場に星条旗がひるがえり、米軍の観兵式が開催される日がくるかもしれません。

写真は、進駐翌年(1946年)4月、横浜で行われた連合軍観兵式。閲兵するのは各国司令官。

連合軍観兵式1_2

写真脚注:敗戦の現実は社会の各面にひしひしと現れていたが横浜のこの大通りを行く連合軍の軍靴の響きほど悲しく聞えたものはない。

連合軍観兵式2_2

写真脚注:ひるがえる連合軍の各国旗。廃墟の街に立つ人々は虚脱と混乱の中からその旗を黙って眺めていた。国敗れたりの感がひしと胸に迫る。

連合軍観兵式3_2

写真脚注:舗道を噛む戦車のキャタピラ。その(白い星)を睨んで斃(たお)れて行った人もある。

連合軍観兵式4_2

敗戦国民の引揚げ。連合国の命令により在外日本人は全員、日本本国に強制送還された。ハーグ陸戦条約では開戦時に送還するよう規定。これを在日敵国人に適用しないのは差別にあたる。

比島戦没者引揚げ

朝鮮での日本人虐殺から逃れて、命からがら博多港に到着した在鮮日本人たち。

chosen_hikiage_sen.jpg

武装解除された帝国海軍の艦上戦闘機「烈風」の試作第4号機。疎開先の青森県三沢基地ハンガー内で敗戦を迎え、米軍の命令によりプロペラをはずされた。

武装解除海軍烈風2

大村基地で敗戦を迎えた二式中間練習機「護-406」号。米軍の命令によりプロペラをはずされ、武装解除された。

武装解除海軍二式中練護406_2

帝国陸軍双発戦闘機キ83。敗戦後、日の丸を米軍の白い星に塗り替え、米軍に引き渡された。

武装解除陸軍キ83_2

帝国陸軍の立川キ74試作遠距離爆撃機。長駆8000キロを翔破して米国本土に片道特攻爆撃を加えるという壮大な計画のもとに開発された。写真は戦後、疎開先の山梨県甲府飛行場で米軍に引き渡されたキ74。

武装解除陸軍キ74_2

「ワシントンを火の海に」やるやるサギで終わった白人事大三代目。

金正恩2

日本人が米軍に大虐殺されたマニラ虐殺を思わせる新聞記事。米軍はマニラの日本軍から英米人捕虜を取り返したのち、在マニラ日本人と日本軍を虐殺した。


米朝が実務者協議=遺骨返還の日程協議か-韓国報道
2018年7月16日 JIJI.COM

【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは16日、朝鮮戦争(1950~53年)で死亡・行方不明となった米兵の遺骨返還をめぐり、米国と北朝鮮が同日、板門店で実務者協議を行ったと報じた。双方は遺骨返還の日程や方法などについて話し合ったもようだ。
 
 米CNNテレビ(電子版)が米当局者の話として伝えたところでは、米兵200人の遺骨を今後2~3週間で返還する方向で協議を進めているという。

 米朝は15日、板門店で将官級協議を開催。ポンペオ米国務長官は同日の声明で、遺骨発掘調査の再開で合意し、16日から実務者協議を再開すると明らかにしていた。米朝は96年から遺骨収集の合同調査を開始したが、2005年以降中断している。(2018/07/16-21:29)


【米軍のマニラ占領】
米軍@マニラ占領2


連合国の「大東亜戦争は日本の侵略戦争」というデマを自国の正しい歴史にしている北朝鮮が「アメリカの報道はデマ」だと批判。

朝鮮人も連合国のデマ史観を根拠に日本人に言論封鎖などの危害を加え続けている。


「ウラン濃縮施設」報道はデマ=「米政権、圧力に利用」とけん制―北朝鮮
2018年7月17日 YAHOO!ニュース(時事通信)

【ソウル時事】北朝鮮の祖国平和統一委員会のウェブサイト「わが民族同士」は17日までに掲載した論評で、米外交オンライン誌ディプロマットなどが平壌郊外に「秘密のウラン濃縮施設が存在する」と伝えたことについて、「根も葉もないデマ」と主張した。(中略)

 さらに、「問題は、米政権がデマだと知りながら、われわれに対する圧力に利用する動きを見せていることだ」とけん制。先の米朝高官会談で「一方的な強盗まがい」の非核化要求に固執し、朝鮮戦争の終結宣言など「重大で切実な問題」を先送りしようとしたと改めて批判した。


【米軍進駐を拍手で迎える朝鮮人】
朝鮮人は白人を神のように崇拝したが、連合国の対日政策で利用されただけだった。

米軍進駐を拍手で迎える朝鮮人2


【朝鮮戦争】
日韓併合時代、事大朝鮮人が日本を裏切って米ソにすりよった結果。朝鮮と中国という白人崇拝事大民族がいる限り北東アジアに平和は訪れない。

朝鮮戦争

朝鮮人が日本に忠実だったなら、アジアにおける植民地を拡大したかったアメリカ、一国社会主義では経済が成り立たないので属領を求めていたソ連にすりよっていけばこうなると理解できたはずである。自業自得の戦争だったのに思想的に認めていない日本に逃げてきて、日本人のSNSアカウントを凍結、言論封鎖を実行した民族。

朝鮮戦争2

特攻で炎上する米空母。日本が日米開戦に至った原因はアメリカの陰湿な人種差別、執拗なイヤガラセだった。

特攻@米空母2



降伏文書に調印した重光葵全権
「進駐軍の一般命令第一号は軍隊の無条件降伏および武装解除の即時着手であった」


出典:1986(昭和61)年 中央公論社 重光葵 「重光葵手記」 戦争を後にして 帝国ホテルの暁夢

※管理人注:( )内は管理人による注釈です。


 降伏文書とは日本の代表者が正式に調印を要する文書で、其の調印によってポツダム宣言を受諾して日本が敵国に降伏することを意味するものである。一般命令第一号の内容は軍隊の無条件降伏及武装解除の即時着手から日本が使用した戦争手段の一切の休止を命ずるものであって、苟(いやしく)も軍需品の製作に関係した工場の活動停止をも之(これ)に含まって居る。




【画像出典】
・1954(昭和29)年 富士書苑 森高繁雄編「大東亜戦争写真史 落日終戦篇」
・1995(平成7)年 光人社 雑誌「丸」編集部編 「日本軍用機写真総集」
・1995(平成7)年 毎日新聞社 「毎日ムック 戦後50年」

スポンサーサイト